安倍 昭恵(あべ あきえ、旧姓:松崎(まつざき)、1962年〈昭和37年〉6月10日 - )は、第90・96・97・98代内閣総理大臣である安倍晋三の妻。 東京都出身。生家の松崎家は、森永製菓創業家の森永家と繋がりが深い家系である。聖心女子専門学校卒業後、電通に入社。衆議院議員の安倍
33キロバイト (4,308 語) - 2022年7月24日 (日) 01:46
要人警護のSPをかばっていたとされている安倍昭恵さん、親交の深い深谷隆司元通産相が弔問に訪れ、帰り際に「私、本当に一人ぼっちに なってしまいました」と。私は涙をこらえることができませんでした、と回想しています。本当に昭恵さんはお気の毒としか言いようがありませんね。


1 ベクトル空間 ★ :2022/07/25(月) 11:00:36.77ID:V2hHyHyM9
(全文はリンク先を見てください)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a28f270f4fa9de0c7726124101042ba7e2d6826

実際、晋太郎氏の時代から安倍家と親交のある深谷隆司元通産相は、10日に弔問に訪れた際のことをこう回想する。

「ご遺体が安置された部屋には、向き合うようにして洋子さんら親族の方が座っておられた。晋三さんは、たくさんの白い花に囲まれて、静かに眠っているように見えました。昭恵さんは休む間もない様子でしたが、帰り際にはエレベーターのところまで見送りに来てくださって。“私、本当に一人ぼっちになってしまいました”とうつむく昭恵さんの周りを夫妻の愛犬が無邪気に走り回っているのを目にして、私は涙をこらえることができませんでした」

事件の朝も散歩のあと、朝食を
 深谷氏と安倍夫妻とは家族ぐるみの付き合いで、食事を共にすることもあったという。

「昭恵さんはお酒を嗜(たしな)まれますが、あまり飲まない晋三さんの方がおしゃべりでね。バランスの取れた仲の良いご夫婦だったのに、無念でなりません」

 これには安倍夫妻を知る関係者も同意する。

「一時は離婚危機だの嫁姑の確執だのとマスコミに騒がれたこともありましたが、親しい人間の目にはそうは映りませんでした。夫妻はいつも3階の洋子さんの部屋で食事を取られていましたし、高齢の洋子さんの健康のために、朝、一緒に散歩をされることもあったそう。事件当日の朝は晋三氏が奈良にたつため慌ただしくされていたようですが、晋三氏と洋子さんが散歩をされた後、やはり三人で朝食を取られたようです」

 要人警護のあり方や市民の安全の確保の仕方。今回の事件によりさまざまな課題が浮き彫りとなったが、安

【【号泣SP】AA!!かばったww友人に漏らすww私一人ぼっちにww!!】の続きを読む