#平和の祭典


冬季オリンピック(とうきオリンピック、仏:Jeux olympiques d'hiver、英:Winter Olympic Games)は、 日本語の正式名称は「オリンピック冬季競技大会」と言い、近代オリンピック、つまりオリンピズムに基づき行われる平和の祭典であり、4年に1度、冬期に雪上競技と氷上
16キロバイト (612 語) - 2022年2月14日 (月) 16:50


札幌五輪、反対でもやるようです。もうボッタクリ・バッハIOCに、取り込まれていますね。どっちにしてもやるのなら調査の意味ないじゃない。東京五輪と言い、北京五輪と言い、とても平和の祭典とは思えない闇ばかり。金を貰って左翼のボイコット東京五輪。人権問題を抱えての北京五輪。そんな五輪に大金つぎ込んでやる意味あるのですかと問いたい。札幌市長さん、道税も国税も、一切使わないでやれるのなら勝手にやったらいい。あの東京五輪の開閉会式のブザマなものを見せるのですか。私も国に納税者の一人です。



1 スペル魔 ★ :2022/02/15(火) 14:09:47.88

 2030年冬季五輪・パラリンピック招致を目指す札幌市の秋元克広市長は14日、北海道新聞のインタビューに答え、全道の住民を対象に3月中旬に行う意向調査に関し「賛成反対の住民投票ではなく、政策判断のために行う」と述べ、調査で招致への支持が半数を下回った場合でも招致活動を継続する考えを示した。30年度末予定の北海道新幹線札幌延伸については30年2月の五輪開幕前への前倒しを目指し、国などに働き掛ける方針を明らかにした。

 意向調査は全道1万7500人を対象に招致の賛否や、その理由を尋ねる。秋元市長は「市民の期待や心配を把握し、どのようにしたら懸念を解決できるか確認するのが目標」と語り、招致活動を継続するかは調査結果だけでなくワークショップなどを通じた市民意見や市議会議論を勘案して判断する考えを示した。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/645691


【【落胆】AA!!北海道民wwww札幌五輪の意向調査wwww反対でもやるww!!】の続きを読む


北京オリンピック(ペキン オリンピック) 2008年北京オリンピック - 2008年に開催された第29回夏季オリンピック。 2022年北京オリンピック - 2022年に開催される予定の第24回冬季オリンピック。 北京 (曖昧さ回避) このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・
462バイト (113 語) - 2021年10月12日 (火) 12:23


橋本聖子会長が出席する北京五輪について、「その気になれない」と60%の人々が思っているようですね。やはり人権問題でしょうね。私見ですが、役員も選手もボイコットしていただきたい。平和の祭典ですか、あれが。世界中がそう思っているでしょう。あの「ぼったくり」IOC会長もぬけぬけと、ウンザリします。

1 シャム(広島県) [KR] :2022/01/24(月) 09:03:39.03


北京五輪「楽しみ」17% その気になれない60% 毎日新聞世論調査

 毎日新聞と社会調査研究センターは、22日に実施した全国世論調査で、2月4日に開幕する北京冬季オリンピックについて聞いた。

 北京五輪をどう思うかとの問いでは「楽しみだ」は17%にとどまり、「中国の人権問題やコロナの感染状況などを考えると楽しむ気持ちになれない」が60%を占めた。「関心がない」も23%あった。中国の香港や新疆ウイグル自治区の人権問題に関して日本側の批判は根強い。北京五輪には政府代表団を派遣せず、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長らが出席する予定だ。

 日本と中国は今年9月に国交正常化50年を迎える。日中関係が改善に向かうことを期待するかとの質問では、「期待する」44%、「期待しない」37%、「どちらとも言えない」18%だった。

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20220122k0000m010188000c


【【橋本聖子】AA!!北京五輪wwwwその気になれない60% wwww!!】の続きを読む


2度目の冬季五輪を目指す札幌市。どうしてもやりたいらしい。自分はオリンピックには賛成でしたが、東京五輪を見てから開催反対です。どこの国の五輪だったのか、バッハのボッタクリ・輩たちの中抜き・かの国の人権問題・橋本聖子の不信感など多くある。今やとても平和の祭典には程遠いと思うが、いかがでしょうか。ついでにもうひとつ、女性の種目に筋肉男を出すジェンダーとやら。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/01(土) 06:07:42.07

時計2022/1/1 06:00

 2030年以降の大会招致に関心を示す都市や国
 札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと日本側が今後の開催地選定の日程などについて21年12月に水面下で協議していたことが31日、分かった。
複数の関係者によると、IOCによる候補地の一本化の時期は現時点で22年夏から冬ごろと見込まれている。札幌は開催実績や運営能力への評価が高く本命視されており、同年中に事実上、開催が内定する可能性もある。住民の支持を得られるかどうかが鍵となる。

 1972年以来となる2度目の冬季五輪開催を目指す札幌は、3月にも北海道全域を対象に招致の是非を問うアンケートを実施する予定。

https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202201/0014956890.shtml


【【悲報】 AA!!内定か wwwwIOC中抜きwwww!!!!】の続きを読む


バッハ会長は札幌冬季五輪に高い関心を示していると橋本聖子組織委員会会長インタビューで発言。待ったなしの誘致だと。オリンピックが平和の祭典で、政治が介入しない、多くの人が賛同するならばいいけれど、今は政治介入と利権の介入で怪しげ状態。東京五輪でもそうだったし、北京も政治介入し放題。自分はオリンピック賛成だけど、止めた方がいいと思うが、いかがだろう。

1 上級国民 ★ :2021/12/14(火) 07:26:40.58


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


「バッハ会長は札幌に高い関心」橋本聖子組織委会長単独インタビュー 待ったなし札幌五輪誘致
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20211213-00222377-stv-hok

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長がSTVの単独インタビューに応じました。

2030年大会の札幌招致については「バッハ会長の目は札幌に向いている」と述べ、高い評価を得ているという認識を示しました。

大会組織委員会の橋本聖子会長。

東京でSTVの単独取材に応じました。

(宮永キャスター)「Q.IOC総会でバッハ会長が札幌に言及したが?」

(東京2020大会組織委員会 橋本聖子会長)「2026年を一度札幌は目指したので、その時点でバッハ会長は非常に札幌に対して高い関心を持っていた」

11月、札幌市は招致を目指している2030年の冬季大会について、既存の施設を活用して経費削減などを図る開催概要計画を発表しました。

こうした内容にIOC・国際オリンピック委員会のバッハ会長は。

(国際オリンピック委員会 バッハ会長)「札幌の計画は既存の施設を使う観点で、東京とは全く違う。札幌には実質的にすべてがそろっている。出発点が違う」

(東京2020大会組織委員会 橋本聖子会長)「私もバッハ会長とのやり取りの中で2030の話をさせてもらってます。今回も偶然ですけど、マラソン・競歩が札幌に会場変更に直前になった。そういうことも含めてやり切れる都市だということで、バッハ会長の目というのは札幌に向けていただいていると思う」

(宮永キャスター)「Q.2030年招致合戦の勝ち目は?」

(東京2020大会組織委員会 橋本聖子会長)「大事なことは、ほかの都市ができないことをビジョンとして示すことだと思う。絶対的必要な要素は持続可能性、環境への配慮。もうひとつは市民、道民のみなさんに札幌で冬季もやってみたい、やってほしいと思ってもらうのがキーポイントだと思っている」

オリンピック招致の是非について、札幌市は今後全道に向けた住民アンケートを実施する方針です。

コロナ禍を経験した中で、機運をどう高めていくのかが課題となります。

関連記事
65%が「東京五輪は成功した」 IOC公表、視聴者30億人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20211209-00000029-kyodonews-spo

札幌冬季五輪招致議連が発足 会長に橋本聖子氏「尽力したい」
https://mainichi.jp/articles/20211201/k00/00m/010/156000c


【【札幌五輪】 AA!!OOOは高い関心WWWWW!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ