#岡山県


赤十字社という呼称の始まりである。 代表者である社長は、大塚義治(元・厚生労働省事務次官)。名誉総裁は皇后雅子。名誉副総裁には、代議員会の議決に基づき、各皇族が就任している。 日本赤十字社は全国に92の赤十字病院、79の血液センターを運営し、赤十字
74キロバイト (10,379 語) - 2022年5月6日 (金) 22:54
岡山県赤十字血液センターは献血推進に、若者の人気にあやかり、週刊少年ジャンプを贈る企画を。希望しなければボールペンを贈ると。あんまりいないのかな。自分も献血は遠ざかっているな~。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/13(月) 12:21:39.02
2022年06月11日 17時26分 更新

 若者らに献血に関心を持ってもらおうと、岡山県赤十字血液センター(岡山市北区いずみ町)は13日からの毎週月曜、献血ルーム「うらら」(同所)で献血した人に漫画誌「週刊少年ジャンプ」をプレゼントする。9月26日まで。

 同センターによると、若者の献血は減少傾向で、県内での10~30代の献血は2021年度が計2万4925人と12年度(4万222人)の約6割まで落ち込んでいる。週140万部発行する週刊少年ジャンプの人気にあやかろうと今回、企画した。

 同センターでは、書店から毎週、最新号を購入し月曜(祝日除く)午前9時から先着50人(予約者優先)に1冊ずつ贈る。希望しない人には献血推進キャラクター「けんけつちゃん」をあしらったボールペンをプレゼントする。同センターは「若い人が献血を習慣化するきっかけになれば」としている。

山陽新聞デジタル|さんデジ
https://www.sanyonews.jp/article/1272217

【【献血ルーム】AA!!もらうww少年ジャンプww若者確保ww!!!!】の続きを読む


画像は引用しております

環境省のレッドリストで、「絶滅危惧2類」に指定されている「アッケシソウ」が、岡山県・浅口・寄島町の自生地で赤く色づき始めました。今月末にかけて、次第に赤みが濃くなり、15日から一般公開されます。この赤色が一面に染まるのを多くの人たちが楽しみに待っているのです。

【【絶滅危惧2類】 赤色にOOOO!!自生地がAAAA!】の続きを読む

このページのトップヘ