#小惑星


サンプルリターン (カテゴリ 宇宙探査)
2彗星のコマから噴出した粒子を収集し、2006年に地球へ持ち帰った。 2003年に打ち上げられた宇宙航空研究開発機構 (JAXA) のはやぶさは2005年に小惑星イトカワの探査を行い、試料の採取を試みた後、2010年6月に地球へ帰還した。サンプル採取装置は設計通りに作動しなかったものの、探査機
13キロバイト (1,431 語) - 2021年9月10日 (金) 06:33
小惑星探査機「はやぶさ2」が持ち帰った砂から20種以上のアミノ酸が見つかった。生命のもととなる物資が宇宙にある可能性が期待される。凄い事だね。はやぶさ2も凄い。


1 蚤の市 ★ :2022/06/06(月) 06:39:36.03

運営上の禁止ワードが含まれているため、削除しました


【【アミノ酸】AA!!はやぶさ2wwが持ち帰った砂からww20種ww!!】の続きを読む


画像は引用しております

ジョンズ・ホプキンス大学・応用物理学研究所・研究グループは、核爆発による小惑星の破壊をシミュレーションで再現、核爆発による小惑星の破壊が「最後の手段」として効果的であることが判明したと言及しています。そうなる時がこの先に、無いとは断言できませんね。考えておかなければならないかもしれません。

【【最後の手段】 衝突するOOをOOで破壊wwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ