#安全管理


アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキスアニサキス属に属する線虫の総称。全ての種が魚介類に寄生する寄生虫であり、食中毒(アニサキス症)の原因寄生虫として知られる。 最終宿主は主にイルカやクジラなど海生哺乳類(種によって異なる)で、成虫はその腸管に棲息する。卵は排泄物とともに海中へ放出
19キロバイト (2,486 語) - 2022年6月6日 (月) 19:55
日本の食文化刺身に脅威が。回虫・アニサキスが潜む。これは大変。このアニサキス症対策をしっかりと講じなければ刺身文化が危ない。


1 風吹けば名無し :2022/06/12(日) 09:06:26.16
https://news.yahoo.co.jp/articles/25d0f2bddce14b701880aa9eccead5f670b57a54

神奈川県川崎市にある鮮魚店では、さまざまなアニサキス対策が行われていた。二子新地鮮魚店 魚市の営業統括部長である薦岡慶祐さんは「10年くらい前から比べると、すごく増えたと思う。本当に多いときは、半身で5~6匹出てくるときもある」と語る。

 生の魚を提供するために、まず“目視”でチェックする。店では、魚のプロが手作業で徹底的に駆除していた。

 この日仕入れたばかりの、生のサバをさばいていると、やはりアニサキスが潜んでいた。

 「(身の)中にいるのは、僕はちょっと表面削って、身の色が変わっているところを探す。こうやって削っていくと、中に(アニサキスが)出てくる。普通の人だと、見落としちゃうんじゃないかなと思う」と話す薦岡さん。アニサキスが1匹見つかると、身をほじくり返し、アニサキスを取り除く。この後、さばいた魚は総菜用に加熱調理を行い、安全管理を徹底している。

【【脅威】AA!!日本食wwアニサキスww大繁殖wwww!!!!】の続きを読む


栃木県那須町のサファリパークから119番通報「女性がトラに襲われた」と。獣舎で3人がベンガルトラに襲われたという。3人は病院に搬送され、意識はあったという。ベンガルトラはサファリパークの人気者のようです。どうであれ、安全管理の問題で、トラではなく、サファリパーク側の確認ミスが問題ではないでしょうか。

1 記憶たどり。 ★ :2022/01/06(木) 10:39:48.81

https://news.yahoo.co.jp/articles/c41cd14f044276530cf0e4ebfc0a880fdecabe5f

119番通報「女性がトラに襲われた」

雪がちらつく今朝の栃木・那須町。
事故は開園前のサファリパークで起きた。

「女性がトラに襲われた」との119番通報がサファリパークから入ったのは、午前8時半ごろだった。

佐久間みなみキャスター:
入り口には規制線が張られていて、事故を受け現在は臨時休園となっています。入口の奥に見えるあの獣舎で飼育員3人がベンガルトラに襲われたということです。

飼育員3人を次々と襲ったのは、11歳のオスのベンガルトラ「ボルタ」。

警察などによると、飼育員4人がトラの飼育舎で開園の準備をしていたところボルタが26歳の女性飼育員にかみつき、さらに女性飼育員を助け出そうとした24歳の男性と22歳の女性の飼育員もかまれた。

那須サファリパーク 葛原直人 支配人:
3名とも主に頭部を(かまれた)。上半身、頭部の骨折、裂傷と。

最初に噛まれた女性飼育員はドクターヘリで、他の2人は救急車で搬送され、いずれも意識はあったという。

安全確認・点検時にトラと遭遇
飼育員を襲ったボルタは、体長約2メートル、体重約150キロ。「ゴールデンタビー」と呼ばれる黄金の毛色を持つ、世界で約30頭しかいないベンガルトラだ。

2022年は寅年とあって、記念イベントも行われるなどサファリパークの人気者だった。

なぜ飼育員を襲う事態となったのか。

ーー通常はトラと人間は同じ場所にいる?
那須サファリパーク 葛原直人 支配人:
いませんね。今冬期なので凍っている部分とかありますから、
そのあたりを確認してその後に動物を出すという作業に入るんですが、トラを出す前の段階ですね。
安全確認と点検の時に起きた事故です。

普段であればボルタは右から3番目の獣舎の中にいて、飼育員と同じスペースにいることはない。

しかし5日朝、飼育員がキーパー通路と呼ばれる飼育員の作業スペースから一番左の獣舎と
アニマル通路と呼ばれる場所を通り展示スペースに出ようとしたところ、獣舎から出ているボルタと遭遇。

その後、キーパー通路の隅で襲われているところを発見され、助けに入った2人も次々と襲われたという。

獣医師がボルタを麻酔銃で眠らせ、襲われた飼育員を救助した。

ーー事故が判明した経緯は?
那須サファリパーク 葛原直人 支配人:
女性スタッフがトラから攻撃を受けて、その時に叫び声を上げた。そのトラの個体の名前を呼んだり、
「わー」みたいな、そういうふうに聞いています。

1997年と2000年にも事故
那須サファリパークでは、1997年と2000年にも飼育員がライオンに襲われる事故が起きた。
この時は、扉の閉め忘れや鍵の確認ミスなどが問題視された。

ーー再発防止策は?
那須サファリパーク 葛原直人 支配人:
指導に基づいた徹底したマニュアルを作成して、安全対策はしていたと思っています。

“起きてはいけないミス”が起きた
人に危害を及ぼすおそれがある特定動物の専門家は、“起きてはいけないミス”が起きてしまったと話す。

特定動物の専門家 白輪剛史さん:
(トラは)イレギュラーなことがあって、普段だったら絶対目の前にいない人間がいて、
本能的に目の前にいる人間を襲ったということですね。同じ場所に入ってしまったというのがなぜ起きたのだろう。

那須サファリパークは、襲われた3人の詳しいけがの状態は分かっておらず、しばらくは休園するとしている。

また、ベンガルトラのボルタについては「トラが悪いわけではない」として、今後の展示内容について検討したいとしている。

【画像】飼育員を襲った、黄金の毛色を持つベンガルトラ「ボルタ」

(出典 fnn.ismcdn.jp)


前スレ
http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1641384626/
1が建った時刻:2022/01/05(水) 10:19:11.81


【【悲劇】AA!!サファリパークでwwww3人wwww噛まれケガwwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ