#奨学金


都道府県レベルや市町村単位など、その募集内容や奨学金の額、そして、返済の有無など制度内容は千差万別ではあるものの、多くの地方自治体に制度がある。 民間企業が独自に実施する奨学金制度。通年募集されているものもあれば、小額を突発的に募集するもの、特定の学校限定の奨学制度など多岐に渡る (例: 戸田育英財団奨学金など)。…
24キロバイト (3,434 語) - 2022年8月8日 (月) 02:28
記事・画像は引用しております

愚かな岸田首相が、留学生は宝だと言い、日本の学生は奨学金返済に困窮しているというのにオカシナ政府だ。生活費を切り詰め、結婚もできず、思いの職業にも付けず、将来の不安でうつ状態になっている。これでも自公政権はどこを向いているのか。しっかりしろ!国会議員たち!


1 神 ★ :2022/11/08(火) 23:00:03.32ID:PtGTjuC79
奨学金返済残り450万円…37歳女性、結婚したいが「無理かもしれない」
11/7(月) 10:29配信

 「結婚を考えている相手がいます。でも奨学金の返済が450万円も残っているなんて彼に言い出せなくて…」。長崎県出身の女性(37)はため息をつく。

 源氏物語が大好きだった。あこがれの街、京都の大学で源氏物語を学ぶのが夢だった。一方で実家は、父親がギャンブルにおぼれ、多額の借金を抱えていた。
 京都の私大に合格。貸与型奨学金と教育ローンを頼りに進学した。アルバイトに励み、学費と生活費に当てた。勉強も一生懸命やり、京大の大学院で博士課程へ進んだ。

 その2年目、借り入れ総額は約1千万円に達した。「普通に働けばいずれ返せるだろう」と思っていた。だが現実は、想像を超えることが次々に起きた。リーマン・ショック、東日本大震災…。このまま研究を続けていいのだろうか。将来の返済への不安が重くのしかかる。うつ症状にも襲われるようになった。悩んだ末、博士課程を中退して帰郷。高校の先生になった。だが教職になじめず、5年前に転職した。

 今の仕事は好きだが、月収は手取りで20万円ほど。賞与はない。奨学金の返済は年間56万円。生活費はいつもぎりぎりで、貯金は100万円足らず。「奨学金の返済を理由に相手の親に結婚を反対された」。そんな話も耳に入る。結婚もしたいし、子どももほしい。でも「無理かもしれない」。全てを、諦めつつある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2926aa27bd7bd2d8a1a372a8a0dc688903f389dc

2022/11/08(火) 21:08:48.60

※前スレ
奨学金返済残り450万円…37歳女性、結婚したいが「無理かもしれない」文学の博士課程中退、先生になるも5年前転職 [神★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1667909328/

【【奨学金返済】AA!!残り450万円ww困窮ww留学生はww!!】の続きを読む


議員立法(ぎいんりっぽう)とは、立法府に所属する議員の発議により成立した法律の俗称である。立法行為そのものを指す場合もある。 日本の国会において成立する法律案の大多数が行政府たる内閣提出のものである。慣行として内閣提出の法律案を優先して審議する傾向にあり、議員
14キロバイト (2,475 語) - 2022年4月9日 (土) 08:42
また弱者いじめの法改正「サービサー法」を姑息にも、こっそりと議員立法でやろうとしている。光熱費・ガス・水道・奨学金までもだ。支払わなければ給料から差引きするというもの。こうやって弱い者・困窮者はいつも国に虐げられて生きている。反対の声をあげよう。夏の参院選は自公政権や売国議員を一掃しなければ弱者が死を選んでしまう。


1 神 ★ :2022/05/27(金) 11:36:35.52

2022.05.27
「光熱費」に「奨学金」まで狙われる…ひっそり進む「サービサー法改正」の危ない現実

57兆円を回収する「サービサー」をめぐる法改正!

国会の会期末である6月15日が近づく中、ここへきてある法改正がほとんど国会審議もされないまま実行されようとしている。

法務委員会に議員立法で提案される予定の「サービサー法改正」である。

(中略)

水道代、ガス代、奨学金も「対象」に…!?

例えば、今回の改正案では水道やガスといった光熱費も対象となるとしている。電気代の支払いが滞った場合、電気が止められ、支払いができれば再び電気がつく。

しかし、このサービサーの対象となった場合、電気代を優先して回収するために事業者から委託を受けたサービサーが給与の差し押さえをするなどして取り立てができるようになるのだ。

(中略)

中小企業等債務者保護議員連盟で会長を務める立憲民主党・原口一博議員も議論が不十分だと警鐘を鳴らす。

「今回の改正案はサービサーの業務を貸金債権の取り立てから金銭債権の回収まで業務を拡大させるものです。議連としてはサービサーの業務拡大は慎重な議論が必要だと考えます」

多くの人の生活に大きな影響を与える法改正が静かに、ひっそりと成立しようとしている。声を上げるのに、残された時間は少ない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/95465?page=3


【【こっそりやろうと】AA!!国会審議なしww議員立法でww姑息なww!!】の続きを読む

このページのトップヘ