#大きな噴石



画像を引用しています

島郡十島村の大字となっており、大字の区域は諏訪之瀬島の全域にわたる。 火山活動が活発な安山岩質の成層火山である。島の中央部には崩壊カルデラがあり中央火口丘(スコリア丘)の御岳(おたけ)が形成されている。山頂の南西には直径200mの旧火口があり1813年の噴火では大量のスコリアの噴出についで安山岩質の…
11キロバイト (1,322 語) - 2022年9月28日 (水) 14:02
記事・画像は引用しております

十島村の諏訪之瀬島では、爆発的な噴火が増加している。警戒レベルが2から3に引き上げられ、さらに警戒が呼びかけられている。大きな噴石があり十分に注意警戒が必要です。

【【大きな噴石】AA!!警戒をww諏訪之瀬島wwレベル3ww!!】の続きを読む


桜島(さくらじま)は、日本の九州南部、鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)にある東西約12km、南北約10 km、周囲約55 km、面積約77km2 の火山。かつては名前の通り島であったが、1914年(大正3年)の噴火により、鹿児島市の対岸の大隅半島と陸続きになった。 桜島火山は姶良カルデラの南縁付近に位置しており、このカルデラの2
83キロバイト (9,656 語) - 2022年7月24日 (日) 22:36
記事・画像は引用しております

7月24日、桜島が噴火した。警戒レベル5で、大きな噴石が火口から2.5㎞に達し落下したという。また、避難者も相次いだ。火山情報に注意して行動しよう。しゃ

1 シャチ ★ :2022/07/24(日) 23:14:34.62ID:9Y07fLog9
7/24(日) 23:10配信日テレNEWS
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9652e13a7db8057cf9032d04b15a35713bcca5a
【桜島・気象庁会見要旨2】
深夜、就寝の際は鉄筋コンクリートで出来た頑丈な建物で。空振(=爆発時の空気の震動)で、窓ガラスが割れるおそれもあるため、窓ガラスの近くは注意が必要です。

噴火警戒レベル5引き上げの理由は監視カメラの映像から、大きな噴石が火口から2.4キロを超えて、およそ2.5キロ付近に落下したと判断したためです。

【【桜島噴火】AA!!レベル5wwww気象庁ww情報に注意ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ