#外交



選挙管理会が管理する(公職選挙法5条)。選挙権・被選挙権・選挙方式の詳細については次節以下参照。 参議院議員通常選挙が行われている時期に、衆議院が解散されて衆議院議員総選挙が行われることになった場合は、衆議院選挙参議院選挙の両方の選挙を同時に行う(衆参同日選挙)。
56キロバイト (2,813 語) - 2022年6月23日 (木) 02:29
記事・画像は引用しております

参議院選挙公示に。争点は物価の高騰や外交・安全保障に注目される、また、注目しなければならない。

【【選挙戦】AA!!注目ww参院選ww大事な1票を行使ww!!】の続きを読む


中国、10月に豪州産石炭の輸入再開

(出典:中央日報日本語版)


オーストラリアに対し中国は「いじわる外交」により、輸入をストップ。(のちに泣きを見る)石炭をはじめ、牛肉・麦・綿花・銅・ワインなど多様な製品を制限していたが、電力不足で立ち行かなくなり、石炭を輸入再開という「助けてください」と懇願したようだ。結局はオーストラリアに泣きついた格好になった。威張って強がってみても、これでは体裁が悪いというもの。

1 昆虫図鑑 ★ :2021/11/24(水) 14:14:05.51

深刻な電力難に直面している中国は、発電用石炭をオーストラリアから輸入した。両国間の関係が悪化し輸入が中断されてから11か月ぶりのことである。

香港の日刊紙“明報”は「中国海関総署(税関)によると、中国は先月オーストラリア産の石炭279万トンを輸入した」ときょう(24日)報道した。

オーストラリアから輸入した石炭のほとんどは発電用石炭であるが、77万8000トンは製鉄用原料炭(coking coal)である。

シンガポールの中国語新聞”聯合早報”は「中国が電力難を緩和し自国の石炭供給の格差を解消させるために、最近オーストラリアからの輸入を再開した」と報道した。

中国は、オーストラリアが昨年4月に新型コロナウイルス感染症の発源地に対する国際調査を要求して以降、オーストラリアに対して全方位的な「報復措置」をとってきた。

これにより、石炭をはじめとしてオーストラリア産の牛肉・麦・ワイン・ロ*ターなど多様な製品の中国への輸出が制限されてきた。

中国では公式的な輸入禁止措置はなかったが、高率関税賦課・通関遅延などによってオーストラリア産の様々な製品の輸入を事実上阻止したのである。

しかしその後、中国は必要に応じてオーストラリア産製品の輸入を再開した。

中国はことし4月にはオーストラリア産の綿花、6月にはオーストラリア産の銅の輸入を再開した。これらも昨年の11月以降、初めてである。


2021/11/24 12:07配信 Copyright(C) herald wowkorea.jp 96
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1124/10324299.html


【【懇願】AA!白旗がAAAA!石炭くださいwwwww!!!!】の続きを読む


立憲民主党が19日の記者会見で立候補した4人は、現実的な外交・安全保障政策を重視する考え。自民党が揶揄する「立憲共産党」から、生命を守ることができる責人政党へと変われるかどうか不透明。立憲のアキレス腱といわれる外交や安全保障政策は、現実路線を重視する姿勢を示した。小川氏は、自公の嫌がることや脅威になることをまとまってやっていくと。(自公うんぬんより)、国民の嫌がることをやってきたし、政策も脅威だった。多分これからもそうするだろう。そんな気がする。例えば、外国人の参政権など。

1 記憶たどり。 ★ :2021/11/20(土) 13:46:18.88

https://news.livedoor.com/article/detail/21221855/

立憲民主党が19日に開いた記者会見で、代表選に立候補した4人は現実的な外交・安全保障政策を重んじる考えを示した。

ただ、綱領で日米安全保障条約の廃棄を明記している共産党との連携はいずれも否定しなかった。
自民党などが揶揄(やゆ)する「立憲共産党」から、国民の生命を守ることができる「責任政党」へと脱皮できるかは不透明だ。

代表選に挑む逢坂誠二元首相補佐官、小川淳也元総務政務官、泉健太政調会長、西村智奈美元厚生労働副大臣は会見で、
立民のアキレス腱(けん)とされる外交・安保政策に関して現実路線重視の姿勢を示した。

逢坂氏は「外交・安保政策は政権が代わるたびにガラガラ変わるのはまずい」と強調。
小川氏も「民主党政権時代は安定的な外交政策に課題があった」と反省を口にした。
また、泉氏は「野党の時期に米国とパイプを深めたい」と意欲を語り、西村氏も日米地位協定の見直しに意欲を示しつつ、
「現状では抑止力を維持」と述べた。

しかし、外交・安保政策が大きく異なる共産との連携を否定する候補はいなかった。
逢坂氏は「(自民、公明両党との)1対1の構図を作るのは当たり前だ」と述べ、
小川氏は「とにかく自公が嫌がること、自公にとって最も脅威となることを野党がまとまってやっていく」と指摘。
泉氏も「1人区においては一本化を目指す」と語り、西村氏は「1対1の構図は自公の議席を減らすためには必要不可欠だ」
と言い切った。

立民が共産との蜜月関係を解消できないのは、先の衆院選で共産の支援が得られていなければ、
勢力はさらに後退していたとの見方が根強いためだ。

単独では与党に対峙(たいじ)できない共産にも「立共共闘」という命綱を手放す選択肢はない。
小池晃書記局長は16日の記者会見で「政権合意も含めて行った選挙協力は最初のチャレンジとしては
歴史的な意義があった。実際の選挙結果においても効果があった」と強調。田村智子政策委員長も
12日の記者会見で「新しい代表とも胸襟を開いて話し合いができればと心から望んでいる」と述べ、
立民との関係強化に意欲を示した。

立民を支えてきた連合は「立共共闘」に不快感を隠さないが、両党は相思相愛の関係にあり、
小川氏の推薦人の一人は「共産との連携は争点にならない。誰が代表になっても路線転換は難しい」と断言した。

前スレ
http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1637380007/
1が建った時刻:2021/11/20(土) 12:46:47.10


【【嫌がること】 おOわ氏WW嫌なことをAAAAやっていくwwwww!!】の続きを読む


画像は引用しております

松野官房長官は8日の記者会見で、北朝鮮外務省が日本人拉致問題は「完全に終わった問題だ」との論評を掲載したことに関し、「主張は全く受け入れることができない」と批判した。まったく、ろくでもない国に拉致された日本人の皆さんと家族の皆さんを思うと悔しさでいっぱいです。自分の家族が、と思うとやり切れません。

【【拉致】 何としてでもOOOO!取り返そうWWWW!!!!】の続きを読む


画像は引用しております

ロシアでは、英・米・豪によるAUKUSや日・米・豪・印のクワッドを「アジアのNATO」を作る試みとの警戒感が広がる。岸田首相が、これらの枠組み強化に乗り出すとの見方もある。外交について、強化・強硬姿勢に出てくれるのなら期待しますが、どうでしょうか、平穏に終わるのでは。

【【悲観】 OOO政権wwww!!OOOの見方がAAAA!!】の続きを読む

このページのトップヘ