宇宙ステーションは、地上から400キロ辺りを飛んでおり、重力は10%ほどしか小さくなっていないようです。宇宙ステーション位の高さだと、まだ重力の影響下にある。物が落ちている時は、重力を感じていない無重力状態になっている。そうなんですね。自分で経験しないと実感がなく分からないので経験したいですね。

1 ブラディサンデー(SB-iPhone) [US] :2021/11/27(土) 16:46:21.84


テレビで宇宙ステーションの映像を見ると、宇宙飛行士たちがぷかぷか浮いている。

この問題の答えは、つい「無重力だから」と答えたくなってしまうものだが、宇宙ステーションは地上から400kmを辺りを飛んでおり、重力は10%ほどしか小さくなっていないようだ。

地球の重力は地球から離れるほど弱まるが、宇宙ステーションくらいの高さだとまだまだ重力の影響下になる。

宇宙ステーションとともに中にいる人が一緒に落ちているというのがポイント。ものが落ちている時は、重力を感じていない無重力状態になっている。

飛行機を急降下させて無重力状態を意図的に作る実験では、機内においたりんごの重さは計測不能のゼロ状態となった。これが宇宙ステーションでも起こっている。

https://sirabee.com/2021/11/27/20162710071/


【【重力10%】AA!宇宙ステーションwwww常に落下wwww】の続きを読む