#国民生活


中小企業(ちゅうしょうきぎょう)は、経営規模が規定以内の中小規模の企業。 英語ではSmall and Medium Enterprises(SME)と表現される。また、SMEは中小企業基本法における中小企業よりも範囲は狭く、中堅中小企業を指し示す際に用いられる。英語圏だけではなく、日本語圏でも中堅中…
22キロバイト (3,271 語) - 2022年9月24日 (土) 07:29
記事・画像は引用しております

賃上げの予定なしと、中小企業の7割超。国民の多くは財布のひもは固く閉ざしているよう。そりゃあそうだろう。これだけ何でもかんでも値上がりすれば生活にも大きく影響して消費が冷え込む。賃金の値上げが無ければ当然のこと。おまけに増税派が増税を叫んでいる。自民党与党は増税するならば、解散総選挙を覚悟したらいい。消費税減税をするなら別だが。



1 蚤の市 ★ :2023/01/18(水) 08:33:02.75ID:CoJ3BhIC9
「賃上げの予定なし」と中小企業の7割超 原材料高「客の財布のひもは固い」 城南信金・本紙アンケート

 原材料などの価格高騰で物価上昇が進み、賃上げの行方が注目される中、城南信用金庫(東京都品川区)と東京新聞のアンケートに、中小企業の7割以上が「賃上げの予定なし」と答えた。岸田文雄首相は物価上昇率を超える賃上げを掲げているが、商品やサービスにコスト上昇分を上乗せする「価格転嫁」が進まず、売り上げの伸び悩みに苦慮する中小企業の現状が浮き彫りになった。(砂本紅年)
 調査は今月10~13日、東京都と神奈川県にある城南信金の本支店が実施。取引先の中小企業七738社への聞き取りで、今年の賃上げは「予定なし」が72.8%を占めた。
 「賃上げ予定なし」の理由について、「収益が確保できず、逆に人件費を削減している」(品川区の印刷業)、「客の財布のひもは固い。もともと薄利で賃上げまで回らない」(調布市の和菓子製造・小売り)など、売り上げの伸び悩みを訴える声が目立った。
 世田谷区の居酒屋は、客足は新型コロナ感染拡大前の八割程度に戻ったが、一人当たりの単価は下がったと指摘。「先行き不透明感があり、固定費を増やすことに踏み切れない」と説明した。
 原材料高と収益の関係について「深刻な悪影響がある」「やや悪影響がある」が全体の約8割を占めた。一方、コスト増加分の価格転嫁が「まったくできていない」「ほとんどできていない」と回答した中小企業が32.8%だった。
 賃上げできない理由に、価格にコスト上昇分を上乗せできない現状を挙げる声も多い。ガソリンなど燃料代の高騰で利益率が悪化しているという相模原市の運輸業者は「価格転嫁で取引先の3割から発注がなくなった同業者もいる。慎重にならざるを得ない」としている。
 「賃上げする予定」と回答したのは26.8%。このうち賃上げの予定幅は1%台が35.4%、2%台が27.8%と全体の6割以上を占めた。5%以上の賃上げ幅は14.1%だった。
 調査対象の城南信金の取引先は、商店や飲食店など比較的規模の小さい企業も多く含まれている。調査担当の職員は「小規模な企業の従業員にも賃上げが行き渡る施策が求められている」と国に要望している。

東京新聞 2023年1月18日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/225793
★1 2023/01/18(水) 06:38:25.53
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1673991505/

【【賃上げ】AA!!予定なしAA財布のひもは固いAA!!!!】の続きを読む



を繰り返している。こうした変動を景気循環と呼んでいる。その中において景気が上昇している状態を「好景気」(好況、単に「景気」や「景気の回復」)と呼び、逆に景気が下降している状態を「不景気」(不況、「景気の悪化」)と呼んでいる。 景気の変動は、以下の4つの要因を持つとされている。 傾向変動(すう勢変動)…T…
4キロバイト (530 語) - 2021年12月5日 (日) 03:07
記事・画像は引用しております

2023年の景気の見通しは、世界の3割が景気後退の状態と予測しているという。まだまだ景気の回復がしないまま、日本の経済も復活できずに我慢のままか。国民は更に疲弊し困窮し、生活が苦しくなるばかり。

【【後退予測】AA!!景気がAAAA世界の3割がAAAA!!!!】の続きを読む


政治(せいじ、英語: Politics)とは、主権者が領土・人民を統治すること。また、対立や利害を調整して社会全体を統合するとともに、社会意思決定を実現する作用である。 政治の語源はポリスである。ポリスはしばしば政治的共同体(ポリティーケ・コイノーニア)とも呼ばれ、あくまで平等な市民間
57キロバイト (9,549 語) - 2022年12月10日 (土) 02:55
記事・画像は引用しております

他国に比べると日本の政治は安定しているという茂木幹事長。安定していうのは政治家の報酬だろう。バカ言うんじゃない!周りを見てみろ!スパイや工作員だらけだ!だいたい、シェイシェイ茂木、あんたはヤバイだろう!

1 えりにゃん ★ :2022/12/24(土) 19:29:57.18 ID:fP+JjTaW9.net
■自民党・茂木敏充幹事長(発言録)

 日本が国難とも言うべき様々な課題に直面するなかで、(今夏の参院選では)国民の皆さんから「政治の安定」という大きな力を与えてもらった。参院選が終わってから、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題が出てきたり、相次ぐ閣僚の辞任があったり、決して「政治の安定」という状況ではなくなっているところだ。

 それでも他の先進国をみると、米国では中間選挙が行われたが、野党・共和党が(下院で)多数を占めるねじれの現象が起こっている。英国では今年になって首相が2人代わった。他の国に比べるとまだ政治は安定している状況にあるのかなと思っている。(那覇市内の講演で)
朝日新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/239391a1f9ef4f2e5d3d5364998f0007d69909e3

【【深刻】AA‼バカ言うでねェAAAA危険水域AA浸透工作AA!!!!】の続きを読む


この経済成長の要因は、高い教育水準を背景に金の卵と呼ばれた良質で安い労働力、第二次世界大戦前より軍需生産のために官民一体となり発達した技術力、余剰農業労働力や炭鉱離職者の活用、高い貯蓄率(投資の源泉)、輸出に有利な円安相場(固定相場制1ドル=360
17キロバイト (2,350 語) - 2022年11月9日 (水) 08:57
記事・画像は引用しております

日本の政策は明らかに円安誘導しているという。今は想像以上に円が持ちこたえている。このまま円安が続けば日本は潰れてしまうというが、そうだろか。民主党政権時代は円高で大変苦しんだ。円安が安定して国内企業の生産が増加すればいいと思うが。ただ、物価の高騰で国民生活が苦しくなっているが、これは困る。


1 首都圏の虎 ★ :2022/11/30(水) 07:33:49.92ID:1zG13mGU9
■今のままなら1ドル=175円もありうる

 渡邉:最近の円安をどう見ていますか?  私は、日本経済について、経営者の中でも最も悲観的な見通しを持っているほうだと思いますが、来年は1ドル=200円程度、中長期では1ドル=300円まで円安ドル高が進む可能性もあると予想しています。

 ロジャーズ:今の日本の政策は、明らかに円安を誘導しようとしています。私はもっと早い段階から円安になると予想していましたが、今は想像以上に円が持ちこたえており、逆に驚いているくらいです。

 日本の人口は2011年以降12年連続の減少が確実で、その間、国の債務は増えるばかりです。これは意見ではなく事実であって、簡単な算数で計算ができます。一方で、日本は移民政策に非常に消極的ですし、日銀はずっと前から大量の紙幣を印刷し続けていることには変わりありません。ここまで持ちこたえている円ですが、今は、市場参加者はそのことに気がつき、冷静に現実を見始めているように見えます。

 「円安はどこまで続くのか」と良く聞かれます。長期のチャートを見るとわかるように、1986年には1ドル=175円を上回っていました。私はその水準に戻る可能性だって十分にありうると思います。それは、日本は当時よりも巨額の負債を背負っており、財務状況が悪化しているからです。

 最近の円安は日本が金融緩和を続けている中でアメリカが一気に政策を変更して金利を積極的に上げていることが大きな理由です。また、日本はエネルギーの輸入国です。原油などのエネルギー価格が急上昇し、インフレの影響で日本円が売られるという、負のスパイラル(連鎖)になっています。

 渡邉:私は2013年のアベノミクスの負の影響が非常に大きいと思っています。日銀の大規模な金融緩和とは、平たく言えば、お金を刷りまくったと言っても過言ではありません。このまま金融緩和を続け円安が定着すると、日本は潰れてしまうと思います。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/794ccbeaf5dc358168b91d1330ee43d00a3b9f85

【【疑問】AA!!日本はww英国のようにww必ずwwww!!!!】の続きを読む


狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1970年代半ば特に1974年(昭和49年)の日本の物価の異常な物価高騰。名付け親は政治家の福田赳夫である。 1972年7月に発足した第1次田中角栄内閣における日本列島改造論は、土地への投機を促す結果となり、積極的財政政策とあいまって急速にインフレーションが進み地価…
4キロバイト (512 語) - 2022年6月4日 (土) 01:00
記事・画像は引用しております

値上げラッシュが続く今、止まることを知らない物価が、庶民を苦しめている。何でもかんでも食料品も、生活困窮者も嘆く毎日の家計費の支出が・・・・


1 公共放送名無しさん :2022/10/03(月) 19:53:34.28ID:jLx4SkWI
クローズアップ現代▽値上げラッシュの秋▼いつまで続く物価高▼家計負担はどうなる
https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1664785209/

【【物価高】AA!!止まらないww値上げラッシュの秋wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ