#国民の命


有事」は法律用語ではなく軍事用語であり、防衛省では便宜的に有事に関する法制を有事法制といっている。防衛省が用いる有事の概念は、必ずしも画一的な概念として捉えられているものではないが、一般的に「自衛隊が防衛出動する事態」を指していると言われている。 有事法制をめぐる有事
8キロバイト (1,027 語) - 2022年7月23日 (土) 06:01
記事・画像は引用しております

自民党の佐藤正久参議院議員は「防衛費自給率が悲惨な状況だ」という。ふるさと納税があるのなら防衛納税の発想があってもいいと。そもそも、お粗末な岸田自公政権の防衛に関わる無能な考えが元凶というもの。国、亡くして国民の存在をどう考えるのか。まったく国民のことを蔑ろにしている国民の命をだ!

1 Stargazer ★ :2022/11/14(月) 10:43:17.47ID:ZgNVJcWt9
自民党の佐藤正久参院国対委員長代行(元外務副大臣)は13日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、「ふるさと納税があるなら防衛納税の発想もあっていい」と述べ、防衛費増額の財源にふるさと納税の仕組みを活用する案を改めて披露した。

佐藤氏は「防衛自給率が悲惨な状況だ」と指摘し、将来的に増税や歳出削減などで返済する「つなぎ国債」の発行案にも言及。「国防は最大の福祉だ。ウクライナを見てほしい。応分の負担、安定的な財源が必要で、そこは(国民に)お願いしないといけない」と説明した。

9日に開かれた政府の「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」(座長=佐々江賢一郎・元外務事務次官)の第3回会合で、財務省は「幅広い税目による国民負担が必要」と報告し、増税で防衛費増の財源を確保する姿勢を示している。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「国の根本は経済と防衛の二つだ。経済を弱くする形の増税には反対」と語った。その上で、「今は非常事態だ。赤字国債を出してでも必要な軍事費は防衛国債という形でやってもいいのではないか」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c038f706c38d372902e39b3d1f804598658de4f

【【防衛費】AA!!国防wwこれで国を守れるのかwwww]!!!!】の続きを読む


防衛庁長官が発表した。 これは、周辺国の軍事に対応して所要の防衛力を整備していた従来の防衛力整備計画を改め、「平和時の防衛力の限界」の上限を示す必要最小限の防衛力、すなわち「基盤的防衛力」を明示するものだった。それまでの4次にわたる防衛力
26キロバイト (3,277 語) - 2022年3月4日 (金) 09:00
茂木幹事長は演説の中で、野党の防衛力増強について反論を批判した。「野党には国民の生命や財産・主権や領土・領海・領空を守る考えがないのか」と。シェイシェイ茂木にしては、正しい批判だが、自民党の責任は大きい。まあ、野党にはそんな考えはなく、その考えには及ばないのだ。見ている方向が違う。日本人ではなく外国人を守りたい反日政党なのだから。防衛力増強は喫緊の課題。防衛費2%以上を一刻も早く実施すべきだ。とにかく核武装で抑止力を増強。



1 ぐれ ★ :2022/05/02(月) 06:27:55.73

※2022/05/01 18:44毎日新聞

 自民党の茂木敏充幹事長は1日、沖縄県北谷町で街頭演説した。ロシアによるウクライナ侵攻や中国の影響力拡大などに触れ、「我が国の安全保障政策や防衛体制を抜本的に強化しなければならない」と述べた。自民党内の防衛力増強に向けた議論を、野党が「ウクライナ危機への便乗」と批判していることを挙げ、「野党には国民の生命や財産、主権や領土・領海・領空を守る考えはないのかと申し上げたい」と反論した。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20220501k0000m010174000c
※前スレ
【自民】茂木幹事長「野党、国守る考えはないのか」 防衛力増強批判に反論 [ぐれ★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1651406086/

★1 2022/05/01(日) 20:54:46.14


【【野党には】AA!!国を守るwwww気がないww防衛力増強ww!!】の続きを読む


画像は引用しております

馬毛島に基地計画、防衛省が港湾イメージ図公表。大規模係留施設「いずも」入港も想定している。事実上の空母の入港です。嬉しい計画ですね。防衛省、支持・応援致します。どんどん進めていきましょう。お金がかかっても仕方ありません。国民の命と国土防衛・領海防衛のためです。国土・領海なくして国民は存在しません。

【【朗報】 賞賛ですね馬毛島基地OO!!防衛省にOO大!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

防衛省は、宮古島に地対空ミサイルを含む弾薬の搬入を2日にも始める方針を固めた。地元には根強い反対があり、十分な理解が得られていないとのことだが。考えてみれば国土防衛に不可欠だから防衛省は固めたのだろう。こういう市民団体と称する団体は、日本中にあって、気に食わなければ反対と騒ぐだけ。これは、国土・国民の命・国民の財産を守るための行動であって、日本が侵略され国土がなくなれば国民もそこには居ないということ。「国なくして国民なし」。

【【速報】ww国土防衛ww反対ww宮古島wwミサイル配置ww!!】の続きを読む


日本の国会議員(にほんのこっかいぎいん)では、日本国憲法下の日本の国会(衆議院、参議院)の議員について解説する。 日本の国会は「全国民(いわゆる有権者)を代表する選挙された議員」(憲法第43条)である国会議員で構成されている。 日本の国会は衆議院(下院)と参議院(上院)から構成される二院制をとって
36キロバイト (4,375 語) - 2021年5月2日 (日) 13:09
記事・画像は引用しております

私見であるが、日本の国益をまもり、国民の命と国土防衛をできる党は日本にはない。特に国会議員だ。どちらを向いているのか。私利私欲に血眼になり、国民のための法案は、結局は成立しない。与党も野党も能力なしの体たらく。今の暮らしを見て、満足できるはずもなく。そんな党は分解したらいい。一握りの「真っ当な議員がいることは知っている」与党は国民のための法案を通す議席があるのに足を引っ張る議員がいる。野党は政権能力が全くなく、テレビ映りのパフォーマンスで反対ばかりだ。

【【時事ネタ】AA!!選挙wwww民意ww解党ww分解ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ