#国土防衛


民兵(みんぺい、英: militia ミリシア、ミリシャ、ミリティア)は、正規の軍人ではない民間人を軍事要員として編成した武装組織のこと。 民兵は本来的には、平時においてその他の職業についている民間人が、緊急的な軍事要員として短期的な軍事訓練を受けた上で戦時において召集されたもので、正規の戦力である
17キロバイト (2,475 語) - 2021年12月2日 (木) 11:32
元陸将が語っていたが、現在の自衛隊の人員では、戦力はかなり厳しく敵を撃退するにははぼ不可能だという。そこで、緊急募集の市民兵組織のようなものが補うのではないかと。銃が撃てるくらいは数日でできるので、兵力を補う役割はいくらでもあるだろうと。自分は銃を取り戦う覚悟をしている。犬死に・無駄死にはしたくない。刺し違えても敵を*る。家族を守るために戦う覚悟。




1 スペル魔 ★ :2022/03/21(月) 15:22:30.42

「陸上自衛隊の定員は即応予備自衛官を入れて16万人、戦車はたったの300両(防衛大綱完成時)です。30年前は定員18万人、戦車が1200両でしたから、冷戦終了後のスリム化で自衛隊の戦力はかなり落ちています。戦車の数だけで言えば、ロシアの1個戦車師団程度の戦力しかありません。陸軍だけで約46万人の兵員と2000両以上の戦車を有している韓国では、日本の陸上自衛隊のことを“軽武装部隊”と揶揄する人さえいる状態。これだけの戦力では、侵略してくる部隊を単独で撃退することはほぼ不可能です」

 そう語るのは、元陸将で中部方面総監を務めた千葉科学大学客員教授の山下裕貴氏。ロシアのウクライナ侵攻直後からSNSでは「北方領土」や「沖縄」といった言葉がトレンド入りするなど、自衛隊の“防衛力”に注目が集まっている。

 もし日本が外国に攻められたら、自衛隊は一体どうやって人々を守るのか、そしてどんな作戦を展開するのか――。小説「オペレーション雷撃」で、中国軍の最新兵器によって占拠された沖縄の多良間島を自衛隊がどう解放するか、というシミュレーションを行った経験がある山下氏に話を聞いた。


(略)

 無人の尖閣諸島や海上ではなく、人が住んでいる場所への攻撃があった場合はどうなるのだろうか。

「日本は島国なので、突然軍隊が上陸してくるという可能性は低いです。ウクライナのように市街戦になったり、市民が巻き込まれたりする戦闘がいきなり始まることは考えづらい。そもそも現代の戦争では、ミサイルや軍隊の侵攻のような直接的な攻撃の前に、数カ月前から国境付近で軍事演習が行われるなど準備段階が存在します。自衛隊は電波情報なども常時傍受していますから、侵攻の気配は察知することが可能でしょう。衛星や無線の情報などから危険エリアを絞り込み、まずは自衛隊も演習という名目で内地の部隊を集めて対応にあたると思います」

 “演習”という名目で集まった自衛隊と他国の部隊が、国境(海)をまたいで睨み合いとなる。そして攻撃の始まりは、実は日常のちょっとした異変から始まるという。

「おそらく最初の異変は“インターネットや電話が使えなくなる”ことでしょう。これは攻撃の準備として通信網を遮断したことによるものです。同時にマルウェアなどのコンピューターウイルスが日本の各省庁や大企業に送りこまれることが予想されます。そのうえで日本の“反撃力”を削ぐために巡航ミサイルなどでレーダーサイトや航空基地を攻撃し、自衛隊の迎撃能力を無力化する。制空権や制海権を確保した後に、兵士や戦車が上陸という手順が予想されます」

 敵国の上陸が始まれば、一般市民の被害も出かねない。一般市民の避難が急務だが、山下氏は「早期に住民避難を行う必要があります。作戦準備に入れば自衛隊にその余力はないだろう」と悲観的だ。

「自衛隊は人員や装備が豊富とは言い難いので、敵国の上陸が迫った状況では防御陣地の構築など作戦準備に忙*れて市民の避難に船や車を出す余裕があるとは思えません。なので住民の避難は主に自治体の役割になります。ただ場所にもよりますが何千、何万という人間を避難させるには、膨大な量の車両・船舶や航空機などの輸送手段の確保と時間が必要です。試算している自治体もあるのでしょうが、実際に大規模な避難訓練を行っている自治体はありません。いざという時にスムーズに避難できるかは未知数です」

(略)

予想されるのは徴兵ではなく“緊急募集”
 いままさに“時間を稼ぐ”戦いを繰り広げているウクライナでは、市民兵が組織されて数字の上では100万人規模の軍隊が組織されている。日本でも徴兵が行われることがあるのだろうか。

「日本では法律上、徴兵はできません。市民兵の組織には法律が必要でしょう。ただ、自衛隊の緊急募集は始まるでしょうね。年齢制限を広げたり訓練期間を短縮したりしたうえで、あくまでも戦闘は自衛官として行うことになると思います。組織的な動きは無理でも銃を撃つだけなら数日で習得できますし、ウクライナでも対戦車砲を撃って逃げるようなことはしていますから。とはいえウクライナのように、100万人もの人が手を上げてくれるかどうかは微妙なところだと思いますが」

(略)

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/d112f17cf12ae0b3485b5c6dc88a0c71a736f23d


【【命がけで】AA!!戦うwwww中国が攻めてきたらwwww銃を取るww!!】の続きを読む


陸上自衛隊のミサイル部隊の配備に伴って、新たに宮古島に建設された弾薬庫に14日、ミサイルと見られる弾薬が運び込まれました。港にはミサイルの搬入に反対する市民(市民かどうか、どうせ共産党系)およそ20人が集まり立ちふさがるなど邪魔をしたが、警察によって排除されました。この人たちは、日本を取り巻く状況が、どうなっているのか分かっているのかお花畑の頓珍漢。尖閣を見てこい。ミサイルじゃなくて、あなたたちが要らないわ。自衛隊や警察に迷惑かけるな。

1 お断り ★ :2021/11/16(火) 12:48:49.32

宮古島の弾薬庫 ミサイルとみられる弾薬搬入 市民50人余が抗議

画像

(出典 www3.nhk.or.jp)


陸上自衛隊のミサイル部隊の配備に伴って新たに宮古島に建設された弾薬庫に14日、ミサイルとみられる弾薬が運び込まれました。宮古島の港や弾薬庫の前では、ミサイルの搬入に反対する市民合わせて50人余りが抗議の声をあげました。
宮古島市の平良港には14日午前7時すぎ、海上自衛隊の輸送艦が入港し、ミサイルとみられる弾薬を積んだ自衛隊の車両10数台が次々に降ろされました。
港にはミサイルの搬入に反対する市民およそ20人が集まり、車両が港から出ないように立ちふさがるなどしましたが、警察が強制的に排除しました。
その後、車両は保良地区にある陸上自衛隊の弾薬庫へと移動し、市民およそ30人が抗議の声をあげるなか弾薬が運び込まれました。

関係者によりますと、今回運び込まれたのは地対艦ミサイルとみられるということです。
弾薬庫の近くに住む住民の男性は「弾薬庫は住宅地に近く万が一、爆発したらと心配しています。この島が今後、どのような状況下におかれるか心配です」と話していました。
中国が海洋進出を強めていることを背景に、陸上自衛隊は南西諸島の防衛強化のためとして、宮古島や石垣島などにミサイル部隊の配備を進めています。

NHK 2021/11/15
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211115/k10013347951000.html


【【朗報】 OOW!中国から防衛wwwwに地対艦ミサイル!!】の続きを読む


画像は引用です

沖縄航空自衛隊と宮古陸上自衛隊の両自衛隊は今月から11月にかけて、米ニューメキシコ州のマクレガー射場で地対空ミサイルの実弾射撃訓練を実施する。自衛隊の皆様、国土防衛と国民の命・財産を守るため、日夜頑張っていることに感謝申し上げます。また、災害派遣などでは、猛暑の中、復旧作業に汗を流し国民の一人として感謝申し上げます。これからもよろしくお願いします。

【【国土防衛】 米国で訓練を、沖縄空自と宮古陸自が】の続きを読む


画像は引用しております

防衛省は12日、鹿児島県・奄美大島東側の接続水域で10日午前に、潜水艦が潜ったまま航行したのを確認したと発表した。近くで中国のミサイル駆逐艦が航行していたため、潜水艦が中国のものだと推定した。領海への侵入はなかったとしている。岸防衛相は「緊張をもって情報収集・警戒に万全を期すこと」と指示した。国土防衛に強い姿勢を示す岸防衛相に感謝します。日本の国防をお願い致します。

【【魂胆】OO水域WWWW⁉OO潜水艦航行‼⁉】の続きを読む


画像は引用しております

中国が台湾に侵攻するとして。台湾軍は全力で中国軍と戦う。中国軍は台湾軍とだけ戦う構図にはならない。なぜなら、中国は、北にロシア・南はインド・南東に東南アジア・西には日本・韓国・米国と対峙しているし、新疆ウイグルの国内問題を抱えている。だから中国が台湾に進攻するから、他の正面はお休みです、とはいかないのだ。さらに日米とも対峙しなければならないことになる。さあ、中共さん、悪事を止めて平和を求めませんか。

【【抗議】 進攻阻止だああああ‼中国がwwww!】の続きを読む

このページのトップヘ