#困窮化


出稼ぎ(でかせぎ)は、所得の低い地域や就職先の少ない地域在住する者が、単身で、所得が高く就職先も多い地域で就労すること。定住地から離れた場所での労働を示し、この移動労働により得た所得の一部は定住地の家族送金する場合が多いとされている。明治時代から昭和初期は「季節労働」・「出稼
15キロバイト (2,338 語) - 2022年3月21日 (月) 05:01
新型コロナの影響で、日本の産業が衰退してしまい、環境も悪化。労働人口減少、国民は疲弊して、いずれ海外に出稼ぎにでも行かなくてはならなくなるのではないか。教育も食も健康も環境も奪われ、日本人は滅びてしまうかも・・・・


1 名無し募集中。。。 :2022/06/22(水) 09:30:22.65
まあ知ったこっちゃないよねw

【【悲報】AA!!子供や孫がww出稼ぎ行く時代にww!!!!】の続きを読む


物価は上がり続け、円安続く。いったい日本はどうなっていくのか。検討死・岸田は何もしない何もできない。これで支持率が高いというから日本はメチャクチャだ。多くの国民が疲弊しているというのに。政府も官僚も国会議員も総入れ替えだ。もう、新しい政党に期待するしか生き残る道はない。


1 風吹けば名無し :2022/06/05(日) 12:01:13.33

立憲「利上げしろ」
投資家「利上げしろ」

岸田「...」(放置)


【【落胆】AA!!生活苦ww円安やばい.ww落ちるニッポンww!!】の続きを読む


の人口流入に起因する、地方から始まり都市部へと広がる人口減少是正ため、各地域の人口動向や将来の人口推計(地方人口ビジョン)、産業実態や、国総合戦略などを踏まえた、地方自治体自らによる「地方版総合戦略」策定と実施に対して、国が情報・人材・財政各種支援を、地方の
73キロバイト (9,067 語) - 2022年5月8日 (日) 08:46
地方では若い女性が減っているという。若い女性に限らず人口減少で悩んでいる。仕事がなく、あっても賃金が低く、生活が苦しい。国は人口減少の愚策をしているとしか思えない。自分達の天下り先の省庁を作っている。世間では女性のためじゃなくて反対の勢力たちが男女同権・男女平等・ジェンダー平等・フェミニストなどが騒ぎ立て、女性たちの邪魔をしている日本があり、住みずらい社会を作ろうとしている。これで人口が減り、地方の活性化に悪影響を及ぼしている。


1 風吹けば名無し :2022/05/20(金) 07:58:54.41

一体どうすればええんや


【【深刻】AA!!助けてwwwwどんどん減っているww若い女性がww!!】の続きを読む


生活に必要な食料品の値上げ続きが国民を生活苦に追いやっている。家計にはしわ寄せが。政府は海外にはドンドン金を放出するが、国内には検討ばかりの検討し岸田首相。これで自民党が参院選で勝つとしたら日本はやっぱりオカシイ。

1 愛の戦士 ★ :2022/05/16(月) 10:04:57.17

産経新聞 5/15(日) 16:09

回転ずし店「スシロー」を運営するフード&ライフカンパニーズは、にぎりずしなど一部メニューを10月1日から値上げする
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。食品や外食で値上げ表明が続出しているほか、他の分野にも同様の動きが広がっている。企業にとっては原材料費や輸送費の高騰を受けたやむを得ない対応とはいえ、実施されれば家計に大きな負担がのしかかる。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。

「経験したことのないスピードで(コスト増が)進んだ」

11日に行われたハウス食品グループ本社の決算記者会見。浦上博史社長は、苦渋に満ちた表情で商品の値上げに踏み切る理由を説明した。同社はこの日、主力の「バーモントカレー」を含む家庭用と業務用のカレールウやレトルト製品など479品目を、8月15日納品分から約5~10%値上げすると発表した。

企業による値上げの動きは昨年から続いてきたが、新年度に入っても一向に収まる気配がない。人気の駄菓子「うまい棒」を販売するやおきん(東京・墨田)は、昭和54年の発売以来、初めて税抜き10円から12円に引き上げた。回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズは9日に値上げを発表。1皿の最低価格(税込み)は、最も安い郊外型店舗で110円から120円に上がり、59年の創業以来守ってきた「税抜き1皿100円」は姿を消す。

他の分野でも、ソニーグループが国内向け家電製品の出荷価格を引き上げたほか、日本航空はエコノミークラスの普通運賃などを値上げした。近鉄グループホールディングス傘下の近畿日本鉄道は、27年間据え置いていた運賃の改定を国土交通省に申請中だ。

ファストフード「ケンタッキーフライドチキン」を運営し、6日に値上げを打ち出した日本KFCホールディングスの判治孝之社長は「企業努力だけでは(原材料費などの上昇は)解決できない」と苦渋の選択であることを強調する。

デフレマインドが強い中での値上げは、顧客離れを招く恐れがある。食用油大手のJ―オイルミルズは、5回の値上げに踏み切った令和4年3月期の営業損益が、販売減のために平成16年の会社発足以来、初めて赤字に転落した。しかし同社は「コスト上昇に追いついていない」として4月に再度引き上げ、7月にも実施する方針だ。

円安ドル高による輸入コストの上昇や、ロシアのウクライナ侵攻に伴う小麦や原油の価格高騰など、まだ価格に反映しきれていない要因もある。先行きの不透明感も強まる中、値上げラッシュは収束どころか、加速する恐れもある。(井上浩平、井田通人、田村慶子、飯嶋彩希、蕎麦谷里志)

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/15f2e085f6bcb1d63bf1500afaa5f325fcb0bb2c&preview=auto


【【値上げラッシュ】AA!!止まらぬww食料品WW家計にしわ寄せww!!】の続きを読む


の貧困程度は悪化している場合もある。 貧困ギャップとは、貧困線をどの程度下回っているかを表した指標である。貧困線を下回る人々不足額を足しあわせて平均を求め、その貧困線に対する比率を求めたものであり、貧困程度を示したものといえる。 しかしこの指標では、貧困者数や貧困
48キロバイト (7,171 語) - 2021年12月23日 (木) 23:26
単身で暮らす中高年女性の貧困が深刻という。最悪なコロナ禍で、解雇・雇い止めや休業と、相次いで困窮者があえいでいるのに国はどこを向いているのか。岸田退陣・自公政権の解消しかない。早く気づき困窮者をなくす政治をしなければならない。

1 蚤の市 ★ :2022/04/04(月) 06:18:08.14

 単身で暮らす中高年女性の貧困が深刻化している。長期化する新型コロナウイルス禍の下、女性の従業員が多い飲食・宿泊業での解雇や雇い止め、休業が相次ぎ、困窮に追い打ちをかけている。(中村真暁)
◆雇用切っても構わないと思われているみたい…
 「1日2食を食べられたらいい方です」
 2月中旬、支援団体が東京都庁前で行った食品配布に初めて訪れた豊島区の女性(47)が声を落とした。年金暮らしの高齢の両親は頼れない。貯金は底を尽き、生活費に充てたカードローンが80万円ある。
 短大卒業後に正社員として働いた会社では、早朝から深夜まで長時間労働を強いられた。結婚や出産を機に辞める女性が多く、働き続けるイメージを持てないまま8年ほどで退職した。「男性同様の働き方ができないと、続けるのは難しかった」と振り返る。
 その後、派遣社員として職場を転々。年齢を重ねるにつれ契約が短期化した。「誰でもできるような仕事ばかり。スキルも蓄積しませんでした」
 コロナの感染が拡大した2020年春、パート先の飲食店が休業し、それまでの月収10万円はほぼなくなった。就職活動もうまくいかない。家事や育児を担うことが多い女性の就労は「家計補助のためでしかなく、雇用を切っても構わないと思われているみたい」。
 昨年12月からは、国民年金も払えていない。「老後のためにも健康でいたい。1日も早く仕事を見つけて収入を得たい」と話す。
◆公営住宅の抽選で当選したが…
 シングルマザーだった練馬区の女性(83)はデパートなどでパートの仕事に就き、子ども3人を育てた。元夫から養育費などの支援はなく「生活はぎりぎりで、がむしゃらだった」と振り返る。国民年金は未納期間がある。60代後半から清掃の仕事に就き、5万円の家賃を払いながら、月収8万円で生活した。
 約10年前に公営住宅の抽選で当選したが、家賃を払えなくなるのが心配で役所に辞退を申し出た。「職員から生活保護を勧められて利用しました。人に頼るのは良くないと思っていたが今は安心して暮らせている。同様に制度を利用せず、困窮する高齢女性は他にもいると思う。そうした人がもっと生きやすい社会になれば」と願う。
◆65歳以上の女性の半数が「相対的貧困」
 「中高年単身女性の貧困問題は、社会的にも政治的にも置き去りにされてきた」。当事者団体「わくわくシニアシングルズ」代表の大矢さよ子さん(71)は、女性の就労が多いサービス業などを直撃したコロナ禍が、この問題をより深刻化させたと強調する。
 大矢さんは、就労や相談支援について、その対象から中高年層が漏れていることを問題視する。例えば、資格取得などを支援する教育訓練支援給付金制度は45歳以上を対象外とする。「年齢制限を撤廃するべきだ。母子家庭への支援策も、子どもが18歳以上になると薄くなる。女性は子を産むことでしか、その存在が認められないようだ」
 単身世帯では、勤労世代(20~64歳)の女性の約4分1、65歳以上の女性の約半数が、相対的貧困(標準的な所得の半分を下回る水準で暮らす)状態とされる。
 2020年度の老齢厚生年金の月額平均受給額は、65歳以上で男性は約170000円で、女性が約109000円とは大きな差がある。低賃金の非正規労働に従事してきた女性が多く、正社員でも男女間で賃金格差があるためだ。
 大矢さんは、多くの女性が年金受給額だけでは生活が成り立たないとして「社会には、女性は男性に扶養される存在という思い込みがある。特に40代前後の就職氷河期世代は非正規が多く、未婚率も高まっている。高齢女性の貧困率はさらに高くなっていく」と指摘した。

東京新聞 2022年4月4日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/169572


【【困窮者は今】AA!!雇い止めwwww相次ぐ解雇ww嘆く女性たちww!!】の続きを読む

このページのトップヘ