ニューヨーク州弁護士 (ニューヨークしゅうべんごし)とは、アメリカ合衆国ニューヨーク州の司法試験に合格し、全統一法曹倫理試験(Multistate Professional Responsibility Examination(MPRE))においてニューヨーク州が求める合格基準点を取得し、所定
10キロバイト (1,433 語) - 2022年1月9日 (日) 05:24
2度目の州司法試験の合格者リストに名前がなかったようです。また、不合格かな。勉強しているのか足りないのか、遊び歩いているのか、頑張っているのかな。残念ながら・・・・


1 Anonymous ★ :2022/04/15(金) 10:33:31.32

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202204140001167.html

米ニューヨーク州司法試験委員会は14日(日本時間15日)、2月22、23日に行われた試験の合格者リストをサイトで公表したが、「K」の欄に、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)に相当する名前はなかった。この日公表された名簿が合格者全員を網羅しているかは不明だが、またも不合格だった可能性がある。

小室さんは昨年5月に米フォーダム大ロースクールを修了し、7月に司法試験に初挑戦したが、10月の結婚直後に不合格が判明。現地の法律事務所で法務助手として働きながら、資格取得を目指してきた。同委員会によると、受験者には先に結果が通知されている。

同委員会は、今回の試験のデータも公表した。計3068人が受験。うち1378人が合格し、全体の合格率は45%だった。同試験は毎年2回行われ、合格率は2月の方が7月より低く、今回も、昨年2月の49%、同7月の63%から下がった。小室さんのような再受験の合格率も、初めての受験より低い傾向。今回の再受験は1610人で、合格率は30%と、さらに狭き門となった。初受験の合格率は61%だった。試験は、計400点中266点を取れば合格する。

小室さんが再び残念な結果だった場合、法律事務所の雇用への影響にも注目が集まる。米国に滞在し働き続けるための、ビザの状況も明らかになっていない。一般的には現在は学生ビザとみられ、その場合は早ければ5月に期限切れとなる。

一方で、眞子さんは最近、マンハッタンのメトロポリタン美術館(MET)でボランティアを始めたとの情報がある。METのサイト内で紹介されている、日本の絵画に添えられた2月3日付の解説の文末に「Mako Komuro」の署名が確認できる。夫婦のニューヨーク生活が今後どうなるのか、注目される。

★1:2022/04/15(金) 01:01:44.36
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1649983107/


【【今回もダメ!】AA!!司法試験wwww不合格?リストにww!!!!】の続きを読む