#台風



台風18号:大東島地方に暴風・波浪警報 きょう夕方にも接近か【28日午前10時13分】
 台風18号の接近で沖縄気象台は29日午前10時13分、大東島地方に暴風・波浪警報を発表した。沖縄気象台によると台風18号は同日午前9時現在、南大東…
(出典:沖縄タイムス)


台風情報(たいふうじょうほう)は、気象庁が発表する防災気象情報の一つ。台風の現在位置と経路、強さ、中心気圧などを発表している。テレビやラジオなどでこの情報をもとに報道される台風情報を指すことも多い。発表される情報には台風経路図、暴風域に入る確率、全般台風情報の3つがある。 1945年 米国による飛行機観測が開始される。…
15キロバイト (2,541 語) - 2022年8月20日 (土) 23:03
記事・画像は引用しております

29日、台風18号の接近で南大東島の南南東約110キロにあり、北に進んでいる。今後、29日夕方から夜遅くにかけて大東島地方に接近する見込み。うねりを伴う高波・暴風・波浪警報には十分注意して自分の身は自分で守りましょう。

【【大東島地方】AA!!夜遅くww台風18号ww接近WW!!!!】の続きを読む



台風情報(たいふうじょうほう)は、気象庁が発表する防災気象情報の一つ。台風の現在位置と経路、強さ、中心気圧などを発表している。テレビやラジオなどでこの情報をもとに報道される台風情報を指すことも多い。発表される情報には台風経路図、暴風域に入る確率、全般台風情報の3つがある。 1945年 米国による飛行機観測が開始される。…
15キロバイト (2,541 語) - 2022年8月20日 (土) 23:03
記事・画像は引用しております

気象庁によると、台風17号(クラー」は父島の北西約70キロを北北西へ1時間に30キロの速さで進んでいるという。27日午前、小笠原諸島い接近しており。非常に強い風と大しけになっているので警戒を呼びかけている。日本本土には影響が少ないと見えるが、警戒は大事。

【「警戒】AA!!台風17号wwww小笠原諸島にww!!!!】の続きを読む



台風の目(たいふうめ)あるいは熱帯低気圧の目とは、熱帯低気圧(台風、ハリケーン、サイクロンを含む)渦巻き中心部にできる、雲ない空洞部分ことである。台風の目空洞外壁となる部分は雲が壁状を成し、英語では「eyewall(アイ・ウォール)」と呼び、日本語で「壁」あるいは「眼
7キロバイト (963 語) - 2021年5月14日 (金) 07:45
記事・画像は引用しております

台風14号は非常に強い勢力を維持して九州の西を北上している。気象庁は、命に危険が及ぶ、高潮や土砂災害・洪水が起きる可能性は引き続きあり、線状降水帯に注意して、厳重警戒が必要です。自分の命は自で守るのが重要です。

【【厳重警戒】AA!!北上中ww台風14号ww線状降水帯ww!!!!】の続きを読む



天気予報(てんきよほう)とは、ある地域で天気がどう変化するか予測し、知らせること。気象予報(きしょうよほう)ともいう。 過去の天気や現況の天気、気圧、風向、風速、気温、湿度など大気の状態に関する情報を収集し、これをもとに、特定の地域あるいは広範囲な領域に対し、当日から数日後まで(種類によっては数ヶ…
58キロバイト (8,911 語) - 2022年8月24日 (水) 11:56
記事・画像は引用しております

日本列島縦断か。台風14号は、18日から19日にかけて非常に強い勢力で九州に最接近し、記録的な暴風・大雨・高波・高潮をもたらす恐れがあります。命を守るのは自分自身です。

【【警戒】AA!!脅威ww台風 14号ww日本列島ww襲うww!!】の続きを読む



台風14号は発達し台風の眼が明瞭に 太平洋側は明日から強雨に注意
…9月16日(金)21時現在、大型で非常に強い勢力の台風14号(ナンマドル)は南大東島の東南東を北西に進んでいます。気象衛星ひまわりの赤外画像では、台…
(出典:ウェザーニュース)


台風の季節を迎える。 ※社会的な日本の区分や、生活に関する地域分類については、日本の地域を参照のこと。 アジア(ユーラシア大陸)の東方(欧米から見れば極東)の沿海部にある4つの弧状列島(千島列島日本列島、琉球列島、伊豆・小笠原諸島)から成り立っていて、太平洋の西部にある島国である。日本
66キロバイト (8,125 語) - 2022年9月8日 (木) 13:52
記事・画像は引用しております

大型で非常に強い勢力の台風14号は、南大東島の東南東を北西に進んでいる。強い勢力のまま九州に上陸の見込み。今後、暴風域を伴って日本列島を縦断する恐れもあり、情報を見聞きし注意をしましょう。

【【情報見聞】AA!!強い勢力ww台風14号進路ww日本列島にww!!】の続きを読む

このページのトップヘ