#北方領土


国後島(くなしりとう)は、北海道知床半島から見て根室海峡の東の対岸に位置する島。ロシア名はクナシル島(Остров Кунашир)、英語表記はKunashirである。ロシアによる実効支配が続く北方領土の1つである。ロシアによる統計では、2020年の人口は約1万2000人で、中心都市は 古釜布 (ユジノ・クリリスク,人口7825人)。
42キロバイト (5,260 語) - 2022年4月29日 (金) 19:47
国後島で女性の遺体が発見とロシアから連絡があり、知床遊覧船との関連を調べているようです。観光船の女性であればいいのですが。


1 どどん ★ :2022/05/13(金) 12:27:44.06

 国後島で女性遺体発見とロシアから連絡。観光船事故との関係調べる。1管本部。
テレビ朝日

https://news.yahoo.co.jp/articles/f26b8ae7d59972be7213050eedf934ea11df006b


【【速報】AA!!女性のww遺体発見wwロシアから連絡wwww!!!!】の続きを読む


ある。最も北東にあるのが占守島で、そこから南西方向に幌筵島、温禰古丹島、得撫島などの20以上の島々が点在する。 また、得撫島より南西にある択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島の4島(いわゆる北方四島または南クリル諸島)については、ロシア連邦と日本国との間に領土問題(北方領土問題)が存在し、この4島
73キロバイト (8,470 語) - 2022年3月2日 (水) 13:12
記事・画像は引用しております

ロシアが不法占拠している国後島(くなしりとう)で、夜空を照らす閃光と地鳴りや地響きが相次いだという。海保が確認していると。どうせ嫌がらせをしているのではないかと思うが。政府は「遺憾砲の検討」に入るか岸田君。留学生は宝だ。日本人学生は奨学金は返済しろ。こんな首相だから、日本人なんて軽くしか見ていない。



1 ぐれ ★ :2022/04/03(日) 10:19:59.05

※2022/04/03 09:04毎日新聞

 ロシアが不法占拠している北方領土・国後島で3月末、照明弾によるとみられる閃光(せんこう)が夜空を照らし、北海道根室市内のオホーツク海側で地鳴りや地響きも起きたなどと訴える電話や通報が市役所や道警根室署に相次いだ。市民が赤く染まった国後島の島影を撮影した動画を毎日新聞に提供した。

 動画を撮影した市民によると、閃光が見えたのは3月30日午後6時過ぎから1時間強。根室海上保安部の巡視船も確認している。同じ時間帯に市立花咲小の移転に伴う花火が打ち上げられていたが、見物者の間では「花火にしては異常な揺れ方」「(ロシアに)日本漁船が撃たれたのでは」などと不安が広がったという。

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20220403k0000m040017000c


【【不安が】AA!!夜間に閃光wwww通報相次ぐwwww地鳴りがww!!】の続きを読む


日本国との平和条約 日本国との平和条約(にっぽんこくとのへいわじょうやく、英語: Treaty of Peace with Japan、昭和27年条約第5号)は、1951年9月に第二次世界大戦・太平洋戦争後に関連して連合国諸国と日本との間に締結された平和条約。通称はサンフランシスコ講和条約
69キロバイト (9,558 語) - 2022年3月21日 (月) 16:55
安倍元首相は、ロシアとは交渉出来る環境ではなくなった。責任はロシアにあると。平和条約を結ぶにしても、ロシアは自分の立場をわきまえなければならないと思う。まず、自分の国は自分で守ることが当然。国防・外交は国の根幹だ。核は自前だ。他国を当てにしていてはダメだ。



1 テノホビル(空中都市アレイネ) [US] :2022/03/29(火) 08:49:23.16


安倍元首相「防衛に努めぬ国と共に戦う国はない

自民党の安倍晋三元首相は25日、産経新聞の単独インタビューに応じ、ウクライナへの侵攻を続けるロシアが日本との平和条約締結交渉の中断を表明したことについて「ロシアのウクライナ侵攻でそもそも交渉できる環境ではなくなった。責任は日本ではなくロシアにある」と指摘した。その上で「日本の隣国であるロシアは強大な軍事大国だ。北方領土問題を解決し、北方四島の元島民の悲願でもある平和条約を締結する政府方針は今後も変わらないだろう」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2d9ef6265e234fcdc779ca7bbdf8c8601f4f821


【【どこを向く】AA!!退陣をwwwwあなたではwwww国民を守れないww!!!!】の続きを読む


北方領土(ほっぽうりょうど)、北方四島(ほっぽうよんとう) 北方地域 - 日本の各種の法令において使用される用語で、1959年の「内閣府設置法第四条第一項第十三号に規定する北方地域の範囲を定める政令」(昭和34年政令第33号)では、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、その他日本国首相が指定する「北方
2キロバイト (272 語) - 2022年2月25日 (金) 09:18
岸田首相は、「北方領土は不法占拠されている」と明言した。やっとマトモさが出てきたか。検討ばかりの首相と思っていたが。正当なことは何が何でも貫くことだ。先ずは、核武装とスパイ防止法と憲法改正を先にやろう。それなら参院選は自民支持復帰考える。



1 BFU ★ :2022/03/17(木) 13:24:55.28

岸田文雄首相は17日午前の参院予算委員会で、北方領土について「ロシアにより不法占拠されているという立場だ」と明言した。政府はロシアによるウクライナ侵攻を受け「法的根拠のない占拠」、「法的根拠を何ら有していないという意味で不法」などと表現していたが、自民党から「4文字で『不法占拠』と明言すべきだ」(佐藤正久外交部会長)との意見が出ていた。


北方領土の表現をめぐり、政府は日露平和条約交渉を前進させる狙いから「日本固有の領土」や「不法占拠」といった表現を控えてきた。露軍によるウクライナ侵攻後は、首相が「固有の領土」との表現を復活させた。

「法的根拠を何ら有していないという意味で不法」との表現について、佐藤氏は「少し踏み込んだが回りくどい」と指摘。平成21年の麻生太郎政権までは「不法占拠」と明言していたとして、ロシアへの厳しい姿勢を明確にするためにも表現を戻すべきだと主張していた。

https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/155cca96d3cbeb5910aaa8ce0cb3ff288f675a33&preview=auto
※前スレ
★1
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1647487111/


【【明言したか】AA!!北方領土は我が領土ww不法占拠ww返して貰おうww!!】の続きを読む


北方領土(ほっぽうりょうど)、北方四島(ほっぽうよんとう) 北方地域 - 日本の各種の法令において使用される用語で、1959年の「内閣府設置法第四条第一項第十三号に規定する北方地域の範囲を定める政令」(昭和34年政令第33号)では、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、その他日本国首相が指定する「北方
2キロバイト (272 語) - 2022年2月25日 (金) 09:18
ロシアが不法占拠する北方領土を特区にするという。「盗っ人猛々しい」とは、正にこのことを言う。



1 スペル魔 ★ :2022/03/10(木) 07:31:49.25

露、北方領土を「特区」指定 日露関係、さらに悪化へ

ロシアのプーチン大統領は9日、ロシアが不法占拠する北方領土を含むクリール諸島(北方領土と千島列島の露側呼称)に進出する国内外の企業を対象に、所得税などの各種税を原則的に20年間免除する法案に署名し、発効させた。ロシアは北方領土を事実上の「経済特区」として企業を誘致し、実効支配を強める思惑だ。

同法案に対し、日本は北方領土での共同経済活動を目指すとした日露合意に反するとして抗議してきた。一方、ロシアはウクライナ侵攻で日本が対露制裁を発動したことに反発。7日には、自国通貨ルーブルによる外貨建て債務の返済を認める「非友好国・地域」のリストに日本を含めた。

日露関係は極端に悪化しており、日露平和条約交渉の先行きは極めて不透明となっている。

北方領土への特区設置案は昨年7月、ミシュスチン首相が訪問先の北方領土・択捉(えとろふ)島で表明。プーチン氏も支持した。露政府が法案を作成し、今月4日までに露上下両院で可決されていた。

https://www.sankei.com/article/20220309-JUDHGKNXAZNP3M6PJAVADIRER4/



関連画像

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)



(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1646841783/


【【速報】AA!!北方領土wwww特区指定だってww盗っ人猛々しいww!!】の続きを読む

このページのトップヘ