記事・画像は引用しております

奈良市の市立小学校で平成29年、当時4年生の女子児童がいじめを受けて不登校になったのは、学校側の不適切な対応を取ったためだとして女児側が損害賠償を求めた訴訟の判決が6日、奈良地裁は、教諭の一部違法性があったと認め、市に11万円の支払いを命じた。多分、また学校側の隠蔽工作があったのではないか。
(児童に、いじめ仲裁で、指切りさせて、噓ついたらキスをする」ということが分かった件)。繰り返されるいじめの隠蔽工作が。

【【判決】AA!!キスwwww教諭発言wwww!!!!】の続きを読む