#判決


同性結婚(どうせいけっこん、英: same-sex marriage)は、男性と男性、女性と女性が結婚すること。同性間結婚(どうせいかんけっこん)もしくは同性婚(どうせいこん)ともいう。 法域にもよるが、このような関係には、男女の夫婦と同じく、ある種の社会的な権利が付与され、法的な保障や保護が行われ
146キロバイト (17,979 語) - 2022年6月19日 (日) 04:48
同性婚認めずの判決。当たり前の話。それ以下でもそれ以上でもない。国が関わることではない。勝手にやれっていうこと。面倒くさい。金を要求、次から次から・・・・


1 風吹けば名無し :2022/06/21(火) 09:06:40.81
なんでなんの生産性もないカップルを国が援助していかなきゃならないんだよって話

【【吉報】AA!!合憲ww判決ww賠償棄却ww当たり前ww!!】の続きを読む


住民監査請求(じゅうみんかんさせいきゅう)とは、住民が、自らの居住する地方公共団体の違法若しくは不当な財務会計上の行為があると認められる場合、その地方公共団体の監査委員に対し監査を求め、その行為に対し必要な措置を講ずべきことを請求することができる制度である。直接請求(参政権の1つ)である事務監査請求とは異なる制度である。
8キロバイト (1,372 語) - 2022年4月28日 (木) 15:58
阿武町の入金ミスで、振り込まれた男が10年逃げ切れば無効になるらしい。多分逃げ切るつもりなんだろう。


1 孤高の旅人 ★ :2022/05/14(土) 06:46:56.08

4630万円振り込みミスの阿武町が全額返還求め提訴も…自治体側の責任が問われる可能性が
5/13(金) 9:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb4aa5e673e5847a48b0c63176a0033f52bea92f
以上略
 実際は誤送金の現金を持って逃げる判決事例はなく、責任を問うのは難しいようだ。ただし、民事では、相手の所在や住所が分からなくても訴状を送ったとみなす制度「公示送達」(民法第98条)があるので、男性が見つからなくても裁判をし、判決を下すことは可能だ。

 裁判所のショーウインドーに「訴状」を張り出されてから2週間経過すれば、“本人に届いた”ことになるという。

「氏名も明記されますが、『公示送達』の事例は少なくないので、すぐに新しい訴状が重ねられて、“忘れ去られ”ます。本人にとってダメージにはならないでしょう。不在のまま訴訟が行われることになりますが、判決が出ても10年逃げ切れば無効。また、本人が見つかっても預金や不動産を特定できない限り差し押さえも不可能です。刑事事件ではないので、身柄の拘束もできません。もっとも、本人が名乗り出たところで、現金を知人に譲渡していたり、使ってしまえば返還できません」(前出の山口宏氏)

■誤送金した自治体の担当者が責任を問われることも

 過去には、大阪府寝屋川市が993世帯に、福島県天栄村は375世帯、茨城県取手市は2世帯に二重に給付金を振り込んでいたことが明らかになっている。法律的には、振込先の住民が返還を拒否したままの場合、誤送金した自治体の担当者に責任を問うことも可能だ。

「一般企業でも、取引先などに誤送金をして返還してもらえなかった場合、社員に弁償を要求するケースは少なくありません。ただし、担当者1人に責任を問うのは難しい。指示書を見ながら振り込んだなら、指示書の作成者にも責任の一端がありますし、監督する上司にも責任がある。担当部署全体に会社から請求された事例はありますが、それでも故意ではないので、全額はあり得ません。請求額は1~2割でしょう」(前出の山口宏氏) 

 今回の原資は税金だ。町民が納得できなければ、町長などを相手取って「住民監査請求」(地方自治法第242条)を起こすこともできるが、もやもやは残りそうだ。

★1:2022/05/13(金) 10:55:16.46
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652450942/


【【逃げ切れば】AA!!ミスがww引き起こしww10年ww逃げて無効ww!!!!B】の続きを読む


米国籍を持つ韓国生まれのインヨン・ユウは、同じボストンカレッジに通っていたボーイフレンドに、多くの暴言と大量の虐待メッセージを送り、死に追いやって、懲役2年半・執行猶予10年の判決を受けた。
日本でも似たような、暴言やメールで死に追いやった案件がありませんでしたか、芸能界で。

1 ニョキニョキ ★ :2022/01/07(金) 12:07:57.59

<ガールフレンドから2カ月で4.7万件もの暴言と虐待のメッセージを浴びせられた男子学生は卒業を前に飛び降りた>

韓国生まれで米国籍を持つインヨン・ユウは2021年12月23日、米マサチューセッツ州サフォーク郡上級裁判所で開かれた裁判で、自らの過失致死を認めた。同じボストン・カレッジに通っていたボーイフレンドのアレクサンダー・ウーテュラに自殺を促す大量のテキストメッセージを送り、自殺に追い込んだのだ。ウーテュラは2019年5月20日に自ら命を絶った。

ニュージャージー州シダー・グローブ出身のウーテュラが自*たこの事件について、ユウは当初無罪を主張していた。だが司法取引の結果、ユウは懲役2年半、執行猶予10年の判決を受けた。執行猶予中の条件を順守すれば、ユウが収監されることはない。ユウは、メンタル*の治療を受けるほか、社会奉仕活動を全うすることが義務づけられる。

ユウがウーテュラに送ったテキストメッセージは、自殺前の2カ月で4万7000件以上にのぼる。その多くは、数千回もウーテュラを侮辱し、「*」と自殺をそその*内容だった。自*なければ彼女が自分を傷つけると脅迫するメッセージも含まれており、ユウがこうしてテキストでウーテュラの心を支配しようとしていたと、ボストン・ヘラルド紙は報じている。
ユウは法廷で、ウーテュラにこれらのメッセージを送ったことを認めた。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/01/2-404_1.php


【【死に追いやった恋人】AA!!暴言と虐待wwwww浴びせwwwww有罪ww!!】の続きを読む


朝鮮学校無償化や補助金支給の対象から排除されていることに抗議する市民運動があるが、あなたたちは日本国籍者ですか。ただ、朝鮮というだけでそれは無理な話し。朝鮮人なら母国に要求するのが当たり前のこと。何で日本の税金を使わなくてはならないのか。日本人でも苦しい学生が多くいる。お門違いという事です。朝鮮学校は反日教育の学校と聞いています。日本にタカリ・ユスリはするなと言いたい。日本人の有志とは誰?北朝鮮に言いなさい。拉致被害者を早く帰国させなさいと。日本を甘く見るな。

1 高輝度青色変光星(東京都) [US] :2021/12/05(日) 09:36:58.13


 朝鮮学校が高校無償化や補助金支給の対象から排除されていることに抗議する市民運動が、大阪市中央区の大阪府庁前で毎週火曜日に繰り返されている。国連機関からも非難を受ける差別的な処遇を広く知ってもらいたいと、日本人の有志が2012年4月に開始。通称「火曜日行動」は11月30日で450回目を迎えた。

 ◇「火曜日行動」2012年から訴え

 火曜日行動は正午から30分ほど。アコーディオンやタンバリンなどを手にした「火曜日バンド」が参加してメッセージを込めた歌の合唱もあり、抗議と言っても柔らかな雰囲気だ。30〜40人の参加者の多くは日本人で、各地の朝鮮学校に子どもを通わせる母親や生徒たちも交代で駆け付け、現状を訴える。

 奈良県大和高田市の自営業、森本忠紀さん(77)は8年前からほぼ毎週通い、三線(さんしん)を演奏する。「国や自治体は、無償化排除や補助金停止を続けることで朝鮮学校をつぶそうとしているのではないか。もっと多くの人にこの問題を知ってもらうために行動を続けたい」


(出典 i.imgur.com)


https://news.yahoo.co.jp/articles/b2df8ca68df370e75c60a26550ab7dd17b8b364b


【【無理難題】AA‼朝鮮学校ww無償化ww有志の抗議運動ww!!】の続きを読む


韓国人の男性が、ロシアを旅行中に、ゲストハウスの火災に遭遇し、知人の人命救助をしたとして、英雄となる。だが、火災は事実だが、男は避難の際、飛び降りて大けがをした。これも事実であるが、この状況を証言に織り交ぜながらの「作り話」で、韓国では英雄扱い。それに保証金や見舞金などを政府などから受け取った事がばれてしまい起訴された。懲役2年の判決を受けた。日本の偉人・新井白石「朝鮮人は都合が悪くなると平気で噓をつく」と。


1 昆虫図鑑 ★ :2021/10/12(火) 10:52:20.75

2021年10月8日、韓国・イーデイリーによると、ロシア旅行中に「英雄」となった韓国人のエピソードが全て「作り話」だったことが判明した。

記事によると、韓国の水原(スウォン)地裁は7日、詐欺、偽計公務執行妨害、義死傷者など礼遇および支援に関する法律違反の疑いで起訴された男(38)に対し、懲役2年を言い渡した。

男は18年1月、ロシア旅行で滞在したゲストハウスで火災が発生した際、韓国人宿泊客を救った「英雄」として知られていた。男は知人の脱出を助けた後、自らは最後に脱出し、2階から飛び降りて大けがをしたという内容だった。

これが伝えられると、男は韓国政府から人命救助に貢献して負傷した「義傷者」に選定され約1億2000万ウォン(約1120万円)の補償金を受け取った。また、水原市からは市民表彰状を、ある大企業からは「今年の市民英雄」に選ばれ賞金をもらっていた。それだけでなく、当時の経験を基に本の執筆や講演も行っていたという。

しかし、このエピソードは全て「うそ」だったことが分かった。捜査の結果、男のロシア旅行中にゲストハウスで火災が発生したのは事実だったが、当時、男は知人を脱出させておらず、むしろ知人の方が酒に酔って眠っていた男を起こして脱出させていた。男は下着姿のまま廊下から避難しようとしたが不可能な状況だったため、部屋に戻って窓から飛び降り、全治6カ月の傷を負ったという。男には他人の生存を確認する時間もなく、救助活動も全くできなかったようだ。

男は旅行者保険に加入しておらず治療費も支給されなかったことから、旅行者一行を脱出させ自らは窓から飛び降りてけがをしたように見せかけ、義死傷者認定の申請することを思いついた。そして旅行後、「病院代だけでも1000万ウォン(約93万円)以上かかるという。 陳述書を書いてくれれば保険会社から金を受け取ることができる」とうたい、一行から「同部屋にいた宿泊客を起こして脱出させ、再び戻って残りの一行6人の安否確認のため脱出が遅れた」という内容の目撃者陳述書を作り上げていた。

そして同年5月21日、水原市に一行の目撃者陳述書や火災現場近くのゲストハウス社長の陳述書など関連書類を提出して義傷者5級に選定され、補償金を受け取ったというのが真相だった。

裁判官は「被告は治療費を受け取るため、虚偽の証拠資料を作成して義傷者認定を申請し、1億2000万ウォン以上の利得を得た。この他にも、自分自身を英雄化しこれを利用して営利行為をしようとしたため、罪の性質は非常に悪い。それにもかかわらず犯行を否認しており、まったく反省していない」と指摘した。

これを受け、韓国のネット上では「全国民をだましていたの?」「もらったお金は返すべき」「虚偽の事実を自慢して講演なんてするからこういうことになる」など批判の声が相次いでおり、その矛先は「一行にも問題がある」「返済金の足りない分は一行に請求して」など一緒に旅行していた知人にも向けられている。

一方で、「それだけ行政がお粗末だという証拠」「もっと慎重に調査して選定すべき」「検証が不十分すぎる」など選定過程の甘さも指摘されており、この他に「詐欺や犯罪者が住みやすい国」「犯罪者の人権が優先されるヘル朝鮮」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b883348-s25-c30-d0194.html


【【英雄】AA!!旅行中wwww人命救助wwww????】の続きを読む

このページのトップヘ