#共産党




東風本田汽車 (カテゴリ 武漢の企業)
S」の量産化車種である。なお、車名はかつてホンダが販売していたオートバイと同一である。 2013年7月16日 - 創立10周年記念式典を開催。 2022年1月6日 - 武漢市の武漢経済開発区にEV車専用工場の建設を発表。 2022年11月28日 - 新型コロナウイルス感染症拡大による外出規制で、武漢工場
12キロバイト (1,284 語) - 2022年11月28日 (月) 13:11
記事・画像は引用しております

ホンダ武漢工場稼働停止という。中国共産党のゼロコロナの抗議の余波は、政策への不満として抗議が相次ぐ。共産党の厳しい統制の中、異例の状態になっているよう。現在では、抗議の余波が各地に広がりを見せて混乱が続いている。

【【抗議】AA!!ゼロコロナwwホンダ武漢工場ww稼働停止ww!!】の続きを読む


る8人全員が統一候補になり、当該8選挙区では共産が立候補を取り下げる一方、立憲民主の「空白区」である4選挙区は共産が候補者を出すことになる。北海道以外の地域でも立憲民主党共産党、社民党、希望のに参加しないことを表明した野党系無所属に候補を一本化し共産党は67選挙区で独自候補を取り下げた。公示ギリ
303キロバイト (46,312 語) - 2022年1月28日 (金) 16:45


共産党には失礼な、節操のない立憲民主党の迷走ぶり。朝日からも見放されたか。共闘路線はどうする?

2 ニューノーマルの名無しさん :2022/01/31(月) 09:15:10.32

今ごろなにいっちゃってんの?


【【迷路】AA!!共闘はwwww有権者がwwwwそっぽwwww!!!!】の続きを読む


中国共産党は、国内法を外国に適用する制度の構築を推進するよう指示した。香港で適用されたように、海外在住者にも適用対象としており、注視する必要があります。なんたって中国では、裁判所・司法機関・軍も党の指導下にある国ですから。

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/12/09(木) 06:28:14.90

2021年12月07日20時38分

 【北京時事】中国共産党の習近平総書記(国家主席)は6日、党政治局の集団学習会を開き、国内法を外国に適用する制度の構築を推進するよう指示した。国営新華社通信が7日報じた。詳細は不明だが、昨年施行した香港国家安全維持法は海外在住者も適用対象としており、同様の法整備が進む可能性がある。

 習氏は「2国間や多国間の司法協力を進め、外国関連の法執行効力を高め、国家主権、安全、発展の利益を断固として守る必要がある」と説明した。
 また、各党組織や幹部に司法の独立を支持するよう求め、「干渉や介入のための職権利用は許さない」とも強調した。中国では裁判所を含めすべての司法機関が党の指導下に置かれている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120701151&g=int


【【魂胆】AA!法律の国外適用wwwww断固主権かwwwww!!!!】の続きを読む


立憲民主党の代表に泉健太氏が決まったが、寂しい投票率、党員10万人の5割にも届かない結果になる。幹事長には、オカシナ発言をした「14歳の子供は~」を夫に持つ、西村智奈美氏が決まった。今回の代表選は、フルスペック、つまり党員やサポーターにも選挙権があり、党の売り物にしていたはずだったが、党員10万人の5割にも満たなかったとは、党員やサポーターにも見放されたということか。

1 マスク着用のお願い ★ :2021/12/02(木) 09:01:51.88

https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202112020000067_m.html?mode=all
【政界地獄耳】立民代表選、寂しい投票率 党員10万人の5割にも達せず

★立憲民主党は泉健太執行部が早くも動き出して幹事長・西村智奈美の起用が固まった。どういう形にせよ挙党体制は党再生に不可欠だろう。ホームページには代表選挙管理委員会委員長・難波奨二の名で「21年11月立憲民主党代表選挙の結果に関する公告」が掲載され、獲得ポイント合計(郵便投票=含ネット投票=および会場直接投票)逢坂誠二候補148ポイント、小川淳也候補133ポイント、泉健太候補189ポイント、西村智奈美候補102ポイントと1度目の投票結果が記されている。その後泉、逢坂の決選投票で泉が選出されたのはご承知の通り。

★メディアが盛り上がりに欠けたというが、そんな声は勝手に言わせておけばいい。泉は選挙戦を勝ち抜いて堂々の代表となったが、党としては残念な結果もある。今回の代表選挙はフルスペック、つまり党員やサポーターにも投票権があった。党もそこを売り物にして「党の『代表』を決める代表選挙に参加することができます」と党員拡大に使っていた。この党員・サポーターの総数は10万267人。この代表選挙のネット投票総数1万3805(うち無効票250)票、郵便投票総数3万2943(うち無効票309)票。この数字はホームページには掲載されていないが党員10万人の代表選挙投票率は実に5割にも達していない。

(K)※敬称略

(リンク先に続きあり)

2021年12月2日8時6分
日刊スポーツ


【【5割未満】AAAA!投票率WW半分にも達せず wwwww!!】の続きを読む


共産党、文書通信交通費について。元共産党・筆坂秀世氏は、議員時代に一度も貰った事がないと。文書通信交通費は国会議員の活動をサポートするためのものです。党が一括して受け取り、国会議員には一切渡さないというのは、立法趣旨から逸脱しています。文書通信交通費を巡って国会で様々な議論が行われますが、「共産党はどのツラ下げて参加するのか」と言われても仕方がない。本当ですね、そういわれても仕方がない、つまり党がネコババしていたという事でしょうか。はっきりさせましょう。税金ですからね。

1 マカダミア ★ :2021/11/27(土) 10:56:56.13

衆議院議員が、たった1日“出勤”しただけでも100万円──有権者が反発したのも無理はない。今、大きな話題となっている文書交通費の問題だ。

NHKのニュースサイト「NHK NEWS WEB」は11月18日、「“文書交通費 日割り支給可能に” 自民 立民が法改正で一致」と報じた。

 今後の国会では、日割り支給の議論が焦点となるかもしれない。まずは文書交通費の法的根拠を見ておこう。担当記者が言う。

「正式には『文書通信交通滞在費』です。国会法第38条は『議員は、公の書類を発送し及び公の性質を有する通信をなす等のため、別に定めるところにより手当を受ける』と定めています。要するに、電話代、郵便代、交通費、東京での滞在費などの名目で、月に100万円が議員に支給されているわけです」

 文書交通費の問題に火を付けたのは日本維新の会の小野泰輔・衆議院議員(47)。小野議員は10月の総選挙で東京1区から出馬し、比例復活で初当選を果たした。

「小野さんによると、初当選して議員事務局に行くと、厚みのある封筒が置いてあり、そこに100万円が入っていたそうです。小野さんが経緯や疑問点をインターネット上で発表すると、大きな反響が起きました」(同・担当記者)

「一度ももらったことがない」
 維新の功績は大きいが、思わぬところで場外乱闘が起きた。日本維新の会の代表も務める松井一郎・大阪市長(57)が、記者会見で「共産党は(文通費を)黙って受け取っている」と指摘したのだ。

「これに日本共産党の書記局長を務める小池晃さん(61)が反論したのです。『共産党は毎年、議院運営委員会で反対討論をやっている』と説明し、黙って受け取っているというのは事実無根だと主張しました」(同・記者)

 更に小池書記局長は「目的を明確にして、抜本的に見直すべきだ」とも指摘した。まさに、その言や善しなのだが、この発言を額面通りには受け止められないという。

 共産党の政策委員長だった筆坂秀世氏は、1995年から2003年まで参議院議員を務めた。取材を依頼すると、「共産党の国会議員は、文書交通費を一度ももらったことがありませんでした」と言う。

「私たちのところに100万円が支給され、それを党に渡していたわけではないのです。現金を渡されたことも、振り込まれたこともありません。国会の事務方がどうしていたのかも分かりません」

まるで*企業!?

 文書交通費は共産党が吸い上げてしまい、プールした金の用途などは全くの*ボックスだったという。

「考えてみると不思議ですが、文書交通費が渡されないという問題を党内で議論したことさえなかったですね。共産党の特有事情について言えば、選挙に関する費用は全て党が負担しているということは挙げられます。他党の国会議員のように、自分で費用を工面する必要がありません」(同・筆坂氏)

 共産党の場合、国会議員の歳費(給与)も党が一括して受け取り、党への“寄付”などを差し引いて渡している。

「昔は国会議員の秘書も地方議員も同じシステムでした。批判が出たことから全額を渡すようになりましたが、国会議員については変わっていないはずです」(同・筆坂氏)

 現在の共産党はサイトで「文書通信交通滞在費の使途」を公開している。

 そこには《文通費は1人ひとりの議員に支給されているが、当初からわが党衆参国会議員は、全員の合意をえて国会議員団の共同管理にして有効に活用する努力をしている》と明記されている。

 ちなみに2020年の分を見てみると、《文書費》は《コピー機リース料》などが計上され、約4200万円だったという。

 辻元清美・前衆議院議員(61)など4人が、秘書給与流用の疑いで逮捕されたのは2002年。翌03年には東京地検で有罪判決が下り、刑が確定した。

 その後も時折、政治家が秘書の給与を“ピンハネ”していたとする事件が報じられる。前出の担当記者が言う。

「共産党が国会議員の文書交通費を“ピンハネ”している問題は、詐欺罪など刑法に抵触するわけではないのかもしれません。しかし、文書交通費は国会議員の活動をサポートするためのものです。党が一括して受け取り、国会議員には一切渡さないというのは、立法趣旨から逸脱しています。今後、文書交通費を巡って国会で様々な議論が行われますが、共産党は“どのツラを下げて”参加するのかと言われても仕方ないでしょう」

以下略
https://news.yahoo.co.jp/articles/b018184a6abbe15c0b2d8f010c249ebe327ae8dc


【【ブラックボックス】文書交通費は貰っていなかったW!元共産党員wwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ