#全国的な


地域で気圧シーソーように伴って変化する現象である。テレコネクションによる気圧変化は、大気・海洋相互作用(たいき・かいようそうごさよう、英: atmosphere-ocean interaction)によって天気や降水など諸気象変化を誘発し、結果的に天候が伴って変化する。…
11キロバイト (1,393 語) - 2022年12月23日 (金) 15:47

(出典 amanaimages.com)
気象庁の予報


(出典 uchu-channel.hatenablog.com)
まだまだ続く暑さの日々が・・・・


(出典 www.midorishobo.co.jp)
気圧のシーソー
記事・画像は引用しております

異例づくめ夏の気象に全国でも容赦ない自然のこくしょを受ける。まだまだ続く暑さに何もがお疲れ気味の日々が続いている・・・・

1 香味焙煎 ★ :2023/09/02(土) 06:42:08.55 ID:vSyg0Tbx9
 気象庁は1日、今年の夏(6~8月)の日本の平均気温が、1898年の統計開始以降で最も高かったと発表した。最高気温が35度以上の「猛暑日」の日数は全国38地点で最多となり、過去151年で猛暑日が一度もなかった北海道函館市で初めて記録されるなど、異例ずくめの夏となった。全国的な高温傾向は9月以降も続く見込みだ。

 同庁は、都市化の影響が比較的小さい山形市、滋賀県彦根市、宮崎市など15地点の平均気温を算出し、地点ごとの平年値(1991~2020年の平均)と比較した。その結果、過去最高だった2010年(プラス1・08度)を上回るプラス1・76度となった。

 全国の観測点915地点のうち、248地点で最低気温が過去最高となり、新潟県糸魚川市は8月10日に31・4度と歴代全国1位を記録した。

 過去50年以上で気温の統計がある155地点のうち、猛暑日の数が最多を更新したのは東京都心(22日)や前橋(34日)、京都(38日)など29地点。9地点で最多タイだった。過去88年間で猛暑日が一度もなかった青森県むつ市でも記録された。

 同庁は「今夏は異常気象だった」とし、11月頃まで高温傾向が続くとみている。

 猛暑の主要因は、太平洋高気圧が猛烈に強まり、日本列島に張り出したことだ。フィリピン海の海面水温の上昇や、例年より北を流れる偏西風が上空に暖かい空気をもたらした影響が大きい。

 特に、フィリピン海で台風などの低気圧の活動が強まった結果、北東の太平洋高気圧が発達したとみられる。この二つの低気圧と高気圧が影響しあう現象は「気圧のシーソー」と呼ばれる。東京大の小坂優准教授(気候力学)は「シーソー構造がこれほどはっきり現れたのは珍しい」と話す。

読売新聞オンライン
2023/09/02 06:30
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230901-OYT1T50211/#r1

【【気圧のシーソー】AA!!暑いAAAAまだまだ続くAAAA!!!!】の続きを読む


民営火葬場は、全国に約21施設が定常的に営業している。 特に東京都区部では、江戸時代末期から明治に、寺院や匿名出資者が経営していた火葬場や、民間企業が経営していた火葬場を統合合併した株式会社の火葬場が主であり、2014年5月現在、他地域の公営火葬場主流に対して、公営が2施設(炉数計30基)、民営が2社7施設(炉数計76基)である。…
68キロバイト (11,845 語) - 2022年10月16日 (日) 09:39
記事・画像は引用しております

やっぱり危惧していた通りになってきた。中国資本の乗っ取り・侵略がここにも始まった。全国の土地爆買いといい不動産と。京都の文化がメチャクチャ。北海道もメチャクチャ。沖縄も大阪も。こうやって日本が蝕まれていく。東京都民さん、目を覚ませ!日本人の葬式は日本人のものだ。他国に渡すな。


1 ぐれ ★ :2022/10/25(火) 14:47:57.33ID:/X7Km9WX9
※10/24(月) 18:56配信
SmartFLASH

 2021年1月、東京都23区にある火葬場の7割を運営する企業「東京博善」が、火葬料金の値上げを実施した。2022年6月には、火葬料金とは別に「燃料調整費に沿ったサーチャージ型の変動型料金」の請求も始まり、都内の火葬料金は値上げの一途をたどっている。

 全国的に見れば、大半の自治体の火葬場は公営だ。しかし、東京都の場合、23区内に9カ所ある火葬場のうち、公営は2カ所、民営が7カ所。東京博善は、そのうち6カ所の火葬場を運営しており、23区内の火葬の大半を引き受けていることになる。だが業界関係者によれば、2020年3月、同社が「広済堂ホールディングス」に完全子会社化されて以降、かなり強引な値上げがおこなわれ始めたという。広済堂ホールディングスは、中国系資本が大株主となっている。

 佐藤葬祭代表の佐藤信顕氏はこう語る。

「現在、東京博善の火葬料金は、骨壷の料金まで含めて1体9万9000円ほど。これは業者から見ても、非常に高い値段です。本来、都内での火葬料金は1体7万円弱が相場ですが、同社は約3万円も値上げしています。

 ここまでひどい価格になったのは、『広済堂』に完全子会社化されてから。通常、値上げする場合は業界内で『1年後に値上げします』といった根回しをして、業界各所の同意を取ったうえでおこないます。しかし、東京博善はそういった慣習をいっさい無視して、2020年秋ごろ、いきなり『3カ月後に値上げします』と、一方的な通達を出したんです」

 当時はコロナ禍の真っ只中で、葬祭業界は厳しい時期を迎えていた。業界内で「今はやめてほしい」「もう少し話し合いを」といった声があがったが、同社は「話し合いはもうしました」と、にべもない態度だったという。

 結果、2021年1月には、一般向けのもっとも安い「最上等」の大人料金を5万9000円から7万5000円と、1万6000円の値上げを実施した。

 なお、23区内にある民営火葬場で、東京博善以外が運営しているのは、板橋区にある戸田葬祭場のみ。こちらも2022年4月から火葬料金が値上げとなったが、最上等の火葬料5万9000円、骨壷1万3970円だったところを、火葬料8万円、骨壷無料という価格に変更された。実質、約7000円の値上げと考えても、やはり東京博善の値上げ幅は大きい。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/817d6bf0ad62e41b55bfaf6acfe0a55b18f19856

【【懸念】AA!!火葬場がww相次ぐ値上げww都内ww危惧していたww!!】の続きを読む

このページのトップヘ