#健康問題


“ロシア政治専門家 プーチン重病に自身推測語る「本当にヤバイ」「20年仕えていた人が銃殺されてる」”. 筑波大学 中村逸郎教授 Yahoo!ニュース. 2022年3月5日閲覧。 ^ これは上述ステロイド剤服用を強化する。 ^ 深沢亮爾 (2022年4月3日). “プーチン氏が甲状腺の病気治療か、がん専門家ら別荘に4年で166日間滞在”
144キロバイト (19,287 語) - 2022年4月24日 (日) 00:38
プーチン氏の病気説が取りざたされているが、大丈夫なのか。画像や動画が上がっていて、内外に疑問をなげかけているようだ。


1 ぐれ ★ :2022/04/27(水) 06:56:55.37

※4/26(火) 17:55ニューズウィーク日本版

<病気の疑いは以前からあったが、これほどはっきり普通でない動きは初めてかもしれない。プーチンは大丈夫なんじゃなかったのか?>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が病気にかかっている、あるいは何らかの慢性疾患を抱えているとの噂が飛び交う中、ホワイトハウスは4月25日、同大統領の健康状態に関して臆測することを拒絶した。

■「プーチン病気説」を再燃させた「決定的」動画

この日の会見で、プーチン大統領の健康問題について質問を受けたホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、「お話しできるような判断はなく、特にコメントもない」と返答した。

尋常ではない

最近また、プーチンの尋常でない様子を捉えた複数の動画が出回っていることから、同大統領の健康状態に関する疑問が再燃している。ロシアがウクライナに軍事侵攻しているときだけに、これは特に重要な問題だ。

動画の1つは、ツイッターユーザーの「Visegrad 24」が投稿したもので、100万回以上再生された。ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領との会見に臨む直前のプーチンだ。

動画の中で、プーチンは当初、1人で立っている。片方の手を挙げるが、その手は震えて見え、その震えは、手を自身の胸に押しつけるまで止まらなかった。その後プーチンは、ぎこちない足取りでルカシェンコの方へ向かい、抱擁を交わした。


Visegrad 24はコメントで、プーチンの手の震えや、硬直したような足の動きに触れ、プーチンの健康状態を判断してくれる医師はいないか呼びかけている。またプーチンがパーキンソン病を患っている可能性にも言及している。

メイヨー・クリニックの解説によると、パーキンソン病は進行性の神経系疾患で、人の体の動きに影響を与えることがある。

「症状は徐々に進行する。片方の手が、よく目をこらさないとわからないほど細かく震えるといった症状が、最初に起きることもある。震えはよくある症状だが、体がこわばったり、動きが緩慢になるといった症状もよくみられる」と、メイヨー・クリニックの公式ウェブサイトにはある。

また同説明では、パーキンソン病にかかると、初期の段階では顔の表情がほとんど、あるいはまったくなくなることがあり、その結果、声が小さくなったり、発話が不明瞭になったりするという。「パーキンソン病の症状は、時間の経過と共に進行する」と、メイヨー・クリニックは説明している。

続きと動画は↓
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/04/post-98578_1.php


【【大丈夫!】AA!!病気説の決定打wwww怪しい動画wwww!!!!】の続きを読む


2020年12月以降、183人のプロスポーツ選手・コーチなどが突然倒れ108人が死亡したとのこと。主な原因は心臓の問題だそうですが、突然の流行の原因は詳しく分かりませんが、ワクチン接種を疑っているようです。突然死事件が益々増えている様々な国のアスリート。心臓疾患が大きく関わっているようですが、果たしてそうなのでしょうか。

1 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [US] :2021/11/23(火) 09:18:03.26


(Google翻訳)

アスリートの流行

12月以降、183人のプロスポーツ選手、コーチ、大学および青年アスリートが突然倒れ、108人が死亡した。サッカースターのセルヒオアグエロやクリスティアンエリクセンなどの一部の選手は、試合の途中で観客の前で倒れました。主な原因:心臓の問題-心筋/心膜炎、心停止、心臓発作。突然の流行の原因は何ですか?

(略)

ワクチン接種後に怪我や重篤な副作用を報告している仲間の何人かに注意深く耳を傾けることに抵抗するアスリートですか?「ワクチンを接種するまで、それまでは元気でした」とブランドン・グッドウィンは言います。、TwitchストリームのアトランタホークスチームのNBAプレーヤー。26歳のグッドウィンは、ワクチン接種後すぐに血栓に苦しみ始めました。「病気になり、回復しませんでした。腰痛があり、特にゲームで疲れていました。とても疲れていたので、走ったりフィールドから降りることができなかったように感じました。背中が痛いです。背中が本当に痛くなりました。 ...だから私は血餅を持っていることがわかりました。すべて。1か月以内です... "。ゴッドウィンは、彼に起こったことを引き起こしたのはワクチンであり、その結果、彼のプレー能力が失われたと明確に主張しています。

グッドウィンのように、ここ数ヶ月で、ワクチンのために経験した深刻な健康問題について、声や書面、メディアやソーシャルメディアのインタビューで、ますます多くのアスリートが出てきて述べています。同時に、一流の有名なスポーツスターを含むアスリートや、大学を含む地元のチームでプレーするあまり知られていないアスリートの間で、崩壊や崩壊、病気、さらには突然*事件がますます増えています。さまざまな国のアスリート。

リアルタイムニュースの調査では、プロのアスリート、コーチ、大学や大学のアスリート、青年アスリートの間で183件のケースが見つかりました。これらはすべて、世界的な免疫キャンペーンが始まった2020年12月以降に発生しています。

負傷したアスリートの多くにとって、負傷は彼らの健康、プレーを続ける能力、さらにはスポーツのキャリアの継続に深刻な結果をもたらすことを意味します。108件の場合、それは死でした。

(略)

ほとんどの場合、故障の原因は、心筋炎(心臓の筋肉の炎症)、心膜炎(心膜の炎症)、または両方の組み合わせ(心筋前炎、心臓発作、または心停止)を含む心臓関連であると報告されています。6例で報告された2番目の原因は、肺塞栓症、脳および脳の肺血栓を含む凝固イベントです。私たちが持っているリストはさらに長いことを強調しますが、注意のために、完全な詳細がないケースはリストから削除され、詳細に報告されたケースのみが残りました。さらに、心臓の欠陥など、以前の危険因子の証拠が言及された症例はリストから削除されました。

コロナワクチンキャンペーンの開始である12月以降、アスリートの間で少なくとも108人の突然死が報告されており、その大多数は40歳までの若者です。リストにはユースプレーヤーも含まれています。

つづき
https://www.rtnews.co.il/?view=article&id=49&catid=22


【【異常事態】OOOO接種AAAA選手WW心筋炎等で倒れOO死亡!!】の続きを読む


画像は引用しております

自衛隊のアフガン派遣や豪雨災害など、激務の自衛隊ですが、その指揮を執る岸防衛相の健康が不安視され心配です。例のごとく、色々な説がまことしやかに出ていますが、本当のところ、どうなんでしょうか。防衛省は何も公表しておりません。いま、国にとっても、防衛省にとっても非常に大事な人です。どうかご自愛ください。早い快復を願っております。

【【心配】 OOに必要な人です!!お体は大丈夫⁉】の続きを読む

このページのトップヘ