#偏見


しく不利で傷つきやすい立場に置かれている人々のことをいう。 (狭義の)社会的弱者 経済的弱者 性的弱者 交通弱者 / 買い物弱者(買い物難民) 災害弱者 低学歴者(特に中卒者) 情報弱者(デジタル・ディバイド) 社会的弱者が生み出される要因として、次のようなものが挙げられる。 所得格差による差別
4キロバイト (525 語) - 2021年11月22日 (月) 05:43


マスク、しないのではなく、できない人もいる。弱者に優しく。ノーマスクの見極めも。

1 愛の戦士 ★ :2022/01/31(月) 11:07:32.37

47NEWS 1/31(月) 7:02

 新型コロナウイルス禍が長引く中、外出先でマスクをしていない人を見かけることがある。最初は「なぜ着けないのだろう」と疑問に思っていたが、記者は昨年、皮膚疾患になり、マスクを着用し続けることが困難な場合があると初めて実感した。

 同じような状況に陥り、マスクができない人は今、どうやって生活しているのだろうか。調べ始めると、社会的弱者となり、職を失ったり、偏見に苦しんだりしている人が意外と多くいることが分かってきた。(共同通信=一山玲佳)

 ▽「しないのではなく、できない」

  内田結子さん(30)は、感覚過敏で、マスクを着けると、耐えがたい痛みと不快感、違和感を抱き、持病のぜんそくの発作が出ることもあるという。「フェースシールドも含めて、20種類以上のマスクを試しました。海外から取り寄せたり、自作したりもしましたが、どれも耐えられませんでした」

 通気性はいいが、痛みが強く出る化学繊維のマスクの内側にガーゼを張ると、少しは我慢できるようになった。それでも、長時間着けていると外した後も痛みが続く。

 仕方なくマスクをしないで外を歩いていると、すれ違う人から変な目で見られたり、暴言を吐かれたり。口元をタオルで押さえて入った衣料品店では、店員から「マスクをしてください!」と叫ばれ、理由を説明しても理解してもらえず、退店した。

 「外出するのも怖くなり、精神的にどんどん追い詰められていきました」

 内田さんは小学校の養護教諭で、児童の前では無理をしてマスクを着ける一方、職員室では同僚に事情を話した上で外していた。それでも、全員が納得したわけではなかった。

 「特に、上司に『どうしてマスクをしないのか』と言われるのがつらかった。『しないのではなく、できないのです』と説明しても分かってもらえず、無視されるようになりました」。職場での悩みも重なり、現在は休職中。近く退職するつもりだ。

 ▽「理由があるかも」と一呼吸、距離をとって

 内田さんは、外出先でマスクをしていない人を見かけたら「一呼吸」置いてほしいと訴える。

 「マスクをしない人に対し、すごく不安になるのは分かります。ただ『マスクをしていない=悪いやつ』と一瞬で変換する前に、一呼吸置いてほしいです。もしかしたら着用できない理由があるのかもしれないと。そして、お互いのためにそっと距離をとってもらえるとうれしいです」

 最近は、外出時に「マスクがつけられません」「ワクチンを受けました」とプリントされたバッジを着用している。周囲の理解も、以前よりは得られるようになった。「世の中には、みんなが普通にできることができない人がいて、それぞれに理由があるはず。私たちのような人がいるという認知が広がってほしい。私は子供が好きなので、養護教諭の免許を生かして、いつか社会と関われる仕事に戻りたいです」

※続きはリンク先で
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2ed64faf8ba3916fa76e08c6251bf831e89059&preview=auto
感覚過敏で悩む内田結子さん。「同じ悩みを抱える人を勇気づけられれば」と実名で取材に応じた

(出典 i.imgur.com)

内田さんが試したマスク。マウスガードや扇子型マスクなどあらゆる種類を試したが、どれも耐えられなかった

(出典 i.imgur.com)

ウレタンマスクの内側にガーゼを張った。短時間は着けられるようになった

(出典 i.imgur.com)


★1:2022/01/31(月) 10:00:15.31
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643590815/


【【ノーマスク】AA!!理由がwwww怒鳴らないでwwやさしく!!】の続きを読む


江川紹子氏は、小室圭氏の母親の婚約者に対し、「もういい加減に婚約者という匿名に隠れるのではなく、名前を出して語り、不満があれば裁判をしたらどうなんですか」と。メディアも一方に肩を持ち匿名にするのはやめようと。そうですね。メディア・マスコミの噓や偏向報道や、偏った報道が横行している昨今、公平に報道してもらいたいものです。

1 Egg ★ :2021/11/14(日) 07:32:24.63

ジャーナリストの江川紹子さん(63)が13日、自身のツイッターを連続更新。秋篠宮家の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんが12日に「直接交渉」し、解決金を支払った母親の元婚約者が写真週刊誌のデジタル版で交渉でのやりとりを公開した記事を添付。「もういい加減、『元婚約者』という匿名に隠れるのではなく、名前を出して語り、不満があるなら裁判をしたらどうなんですかね。メディアも、小室夫妻の名は出し一方を匿名にする不公平はやめよう!」と持論を展開した。

 さらに「自分の主張に理があると思うなら、弁護士を代理人につけて、裁判を起こせばよい。いつまで経ってもそれをやらず、週刊誌の記者を『代理人』にして、匿名でグチグチ言っている人の言い分をただ垂れ流しているのは、ジャーナリズムとは言えないでせう」と厳しく指摘した。


【【匿名】AA!!母の元婚約者wwいい加減ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ