宮城県は6日、上水道と工業用水の民営化を一括して売却する契約を結んだ。全国初の事例で来年4月からスタートする。水道料金の急激な値上げを抑える目的というが、もう値上げの話も出ているとか。これは宮城県の将来に禍根を残すだろう。市民団体などの反対にも応じず、推し進めた事業。県民の命の水を守れない気がしてならない。

1 スペル魔 ★ :2021/12/08(水) 12:11:46.94

h
(出典 www.sankei.com)

宮城県の村井嘉浩知事(石崎慶一撮影)

宮城県は6日、水処理大手「メタウォーター」(東京)など計10社でつくる「みずむすびマネジメントみやぎ」(仙台市)に上下水道と工業用水の運営権を一括して売却する契約を結んだ。全国初の事例で、来年4月からスタートする。

20年間の期限付き、対価10億円で売却したのは、県企業局が所有し仙台市など17市町にまたがる「仙南・仙塩広域水道」など9事業の運営権。県は引き続き施設を保有し、水質検査や管路の維持管理などを担う。

村井嘉浩知事は同日の記者会見で「水道料金の急激な値上がりを少しでも抑えるのが狙い。最終的な責任は県にあり、水質や経営状況をチェックしていく」と述べた。
https://www.sankei.com/article/20211206-E7DQ47PLYVJK5GL4RDIHO4Q6BY/

https://mainichi.jp/premier/politics/%E6%9D%91%E4%BA%95%E5%98%89%E6%B5%A9/
村井嘉浩
宮城県知事

 1960年生まれ。陸上自衛官、宮城県議、自民党県連幹事長などを経て2005年宮城県知事選で初当選。


【【禍根を残した】AA!民営化wwww10億円で売却WW村井知事wwww!!】の続きを読む