#個人の判断


同調圧力がエスカレートすると説明している。また文筆家の山本七平は「空気」、歴史学者の阿部謹也は「世間」という概念を用いて日本社会の同調圧力に関する考察を行っている。 同調現象 斉一性の原理 沈黙の螺旋 全会一致の幻想 数の暴力 場の空気 忖度 オールド・ボーイズ・ネットワーク 協調性 集団思考 集団決定…
4キロバイト (426 語) - 2023年4月12日 (水) 14:55
記事・画像は引用しております

個人の判断になってもマスクを外せない日本人、同調圧力なのか。マスクは本当に必要と思っているのだろうか。風邪・花粉症・その他の疾病対策などは別にしても、やはり外すことは無理か・・・・

1 七波羅探題 ★ :2023/04/14(金) 06:18:34.58ID:vx3wDIqw9
デイリー新潮4/13(木) 6:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0b67e8d9d2c1c7abd967acae1e2d129656ef576

コロナ禍が始まってからの3年、常にわれわれと共にあったマスク。3月13日以降、着用するか否かは「個人の判断」となったが、1カ月以上が経過した現在でも多くの人が「脱マスク」をちゅうちょしている。

しかし、感染予防効果すら怪しいマスクの「害悪」の数々を知れば、考えを改める人も出てくるだろう。

臨床心理士でスクールカウンセラーも務める明星大学の藤井靖准教授によると、「オーストラリアのクイーンズランド大学の研究ですが、チェスをやる際、マスクを着用してやるほうが外してやる時より論理的思考力が2割程度も下がってしまう、との結果が出ています。脳の前頭葉の働きが妨げられているから、と考えられているのです」。

本当にマスクは未だに必要なのか――。数々のデータをもとに、この疑問に答えてゆく。

※以下有料記事

★1:2023/04/13(木) 07:29
前スレ
「個人の判断」になってもマスクを外せない日本人「マスクを着けると論理的思考力が2割低下」オーストラリアの研究で明らかに★4
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1681387954/

【【個人の判断】AA‼だがマスクはAA外せない同調圧力AAAA!!!!】の続きを読む


^ “令和5年3月13日以降のマスク着用の考え方について”. 内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室. 2023年3月1日閲覧。 ^ “マスク着用、3月13日からは「個人の判断で」”. Impress Watch. 2023年3月1日閲覧。 ^ “マスク着用で「反則負け」 そもそも将棋になぜ厳格なルール…
144キロバイト (21,517 語) - 2023年4月2日 (日) 06:13
記事・画像は引用しております

3月13日以降、マスク着用は個人の判断で、ということになった。だが、自由意志と言いながら、あまりにも政府の洗脳が強すぎて、いまだに外せず悩んでいる人も居る。いかに洗脳の脅威を感じてしまう。まさにメディア・マスコの洗脳と同じもの。きっと外さない方が人目を気にせず楽なのだろう。大人は勝手なのだが、子供は個人の判断で着脱出来るのだろうか。可哀そう。自分は、外したいが体調の事情もあり付けていることが多い。コロナ感染に関係なく以前からだが。


1 風吹けば名無し :2023/04/09(日) 07:51:39.05ID:AbLi5EJp0
花粉がひと段落して
みんなノーマスク生活開始した

【【個人の意思】AA‼マスク着用AA好きなようにAAAA!!!!】の続きを読む


政府「マスクは個人の判断」 “ルール変更”みんなどうする?

(出典:FNNプライムオンライン(フジテレビ系))


マスク警察」が登場した。その後、カラーマスクも含め、不織布マスクに置き換えられていった。 マスクは形状別では平型マスク、プリーツ型マスク、立体型マスク、ダイヤモンド型マスクに分けられる。 平型マスクは主に綿織物を使用しており、高い保温性と保湿性を有する。ガーゼタイプが主流。 プリーツ型マスク
83キロバイト (10,596 語) - 2023年1月27日 (金) 06:07
記事・画像は引用しております

政府はマスク着用は、屋内外問わず着用するかしないかは個人の判断という。それでいいのだが、また、マスク警察みたいな輩が現れ騒ぐのだろうと危惧するが。同調圧力社会の中で暮らしにくいのだが、当然のこと、自由であるべき問題なのだ。



1 nita ★ :2023/02/01(水) 06:13:52.28ID:ojQ1Y1x99
2023年1月31日 16時00分

 新型コロナ禍を象徴するマスク。政府は今後、屋内外問わず着用するかしないかは「個人の判断にゆだねる」ことにするという。とはいえ、共同通信の世論調査では60代以上の高齢者層で75%、30代以下でも48%がマスクを外すことに不安感を持つといい、すぐにノーマスク社会に転換するかは分からない。場合によっては新たなトラブル、社会の分断も起きかねないマスク問題。どうすればいいか。(宮畑譲、岸本拓也)

◆「自分だけ外すのは勇気がいる」

 30日午前、東京都千代田区の日比谷公園から有楽町、東京駅周辺を「こちら特報部」の記者が歩いてみた。屋外では一部「鼻出しマスク」をしている人はいたが、大半の人はしっかりと着用していた。現時点で「自己判断」で外す人はそれほど多くなさそうだ。

 「不快に思う人もいると思う。自己判断で外すとなると、もう少し周りの様子を見てからかな」。友人とマスク着用で公園を散策していた男子大学生(21)はこう控えめに話した。

 同じく公園を歩いていた野村憲治さん(75)=東京都練馬区=は「感染が怖いわけじゃないけど、コロナもなくなるわけではないし、広がってほしくない。屋内では着けてほしい」と着用緩和による感染拡大を懸念していた。

 マスク着用が常態化したことで、外すことに違和感を感じる人もいるようだ。

 「もう恥ずかしくて外せないですよ! 外すと誰か分からない。自分もそうだと思う」。こう力説したのは、茨城県から有楽町へ観劇に来ていた60代の女性会社員。仕事は美容系で「接客業なので外せない。けど、夏はつらいので外したい」とも漏らした。

 目元だけ化粧をするようになった人もいるとされるが、有楽町に買い物に来ていた東京都荒川区の主婦(39)は「私は全部化粧をするので、外して恥ずかしいとは感じないが、安心のために外せない。みんなしているのに自分だけ外すのは勇気がいる」と簡単に外せない理由を語った。

 慎重な意見の一方、緩和に賛成だったのは、就職活動中の横浜市の男性(65)。マスクをせずに歩いていたところを話しかけると、慌てて着けて答えた。「マスクの有効性がどれだけなのかよく分からない。今日、マスクをして面接したが、本当の表情が分からず、人と会った気がしない。外すのは自然な流れなんじゃないか」

◆各業界は政府方針に右へ倣え


 これまで着用を呼びかけてきた公共交通機関などは、政府の方針変更を受けてどうするのか。今は政府が具体的な方針を打ち出すのを、横並びで待っているのが実情のようだ。

 JR各社や大手私鉄、国土交通省はガイドラインをつくり、乗客には正しいマスクの着用や会話の抑制を呼びかける。今後について、JR東日本の広報は「関係行政機関と必要な対応を適切に行っていく」とする。

 大手航空会社も業界団体が作成したガイドラインに準拠しており、機内ではマスク着用を求めている。日本航空(JAL)、全日空(ANA)ともに「今後もガイドラインにのっとる」とのこと。教育現場も同様のようで、東京都教育委員会は、会話の際は着用が基本とし、「現時点で方針は変わらない。国の通知などを受け、変更があれば対応を変えていく」とする。

 各業界ともガイドラインに沿って対策を行っているわけだが、内容はどれも政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を基に作られている。つまり、政府の基本方針が変更されない限り、公共の場でのマスク着用の呼びかけが変わる可能性も低そうだ。

以下略、続きはソースで

https://www.tokyo-np.co.jp/article/228322

★1:2023/01/31(火) 18:21:57.28

前スレ
【東京新聞】マスク巡る分断再び? 政府は「個人の判断」と言うが…同調圧力社会の日本で外せるのか ★2 [nita★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675167169/

【【政府】AA!!個人の判断AAどうするAA国民はAAAA!!!!】の続きを読む


ワクチン接種推進担当大臣(ワクチンせっしゅすいしんたんとうだいじん)は、日本国務大臣で、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を円滑に推進するために企画立案及び行政各部所管する事務調整を担当することを命じられた者の呼称。2021年1月18日に河野太郎行政改革担当大臣が口頭で指示された。2022…
11キロバイト (1,202 語) - 2022年12月20日 (火) 22:30
記事・画像は引用しております


1 Stargazer ★ :2022/12/22(木) 00:35:55.65ID:WTrJ50rP9
https://www.news-postseven.com/archives/20221220_1824469.html/

 命を救うはずのワクチンだが、接種を繰り返すとなぜか死者が増えていた。原因はコロナか、がんや心疾患か、それとも別に要因があるのか。一体、いま日本で何が起きているのか──データとデータを重ね合わせて読み解くと、ある不都合な真実が見えてきた。

(略)

接種開始の時期と死者増加の時期が一致

 新型コロナのような感染症はその感染症で亡くなったと診断された患者以外にも、検査をせずに亡くなった感染者や、感染が原因で基礎疾患が悪化して亡くなった患者などが多数生じる。そうした感染症の全体図を把握したいときに用いられるのが「超過死亡」だ。

 超過死亡とは、過去の統計から見込まれる死者数の推定値を、実際の死者数がどれだけ上回ったかを示す数値のこと。感染症がないときの平年の国の総死者の推定値と、感染症が流行したときの総死者数を比べれば、「感染症によってどれだけの人が死亡したのか」を導き出せる、という理屈である。

 実際にコロナ初期の2020年3月中旬から11月のアメリカの超過死亡は少なくとも約36万人に達し、第二次世界大戦の4年間における同国の戦闘死者数29万人をはるかに上回った。それだけコロナは未曽有の災害だったわけだ。

 感染症の“実態”を示す超過死亡は、日本では厚労省がインフルエンザを対象に推定を行ってきた。コロナではそれを応用する形で、国立感染症研究所(感染研)が「日本の超過および過少死亡数ダッシュボード」を公表している。

 ここでも目立つのは2022年の数字の伸びだ。2022年2月の超過死亡は最小1万3561人~最大1万9944人、2022年8月は最小1万2232人~最大1万7968人だった。超過死亡が示す最大の死者数は、厚労省の人口動態統計速報とほぼ一致することも読み取れる。

 この人たちはなぜ亡くなったのか。感染研の鈴木基感染症疫学センター長は戦後最大とされる超過死亡の要因について、「新型コロナ感染の流行」や「それに伴う医療逼迫の可能性」を主張し、大手メディアもこの説に追随する。しかし前述の通り、コロナと直接関係する死者は超過死亡ほど増えていない。「感染が拡大した2月や8月は医療が逼迫して入院できず、コロナ以外の疾患で亡くなったのでは?」という主張も疑わしい。

「第7波は感染力の強いオミクロン株が主流になって感染者数こそ過去最大でしたが、ウイルスが弱毒化して重症者数は激減しました。感染拡大ピークの8月中旬から下旬でも病床には余裕があり、医療逼迫による死者の増加は考えにくい」(森田さん)

 小児がんや難治性血液病の専門家で、遺伝子治療やワクチンに詳しい名古屋大学名誉教授の小島勢二さんもこう指摘する。

「日本における最大の死因はがんです。コロナの流行で医療が逼迫するとがんの診断や治療が遅れて死者が増えるはずですが、人口動態統計でがんの死者は増えていません」

 高齢化や自殺を要因とする説もある。確かに超高齢化が進んだ日本は年々死者が増えているが、その数は月平均で1500人や2000人にとどまる。コロナによって増えたとされる自殺者も2022年2月の段階で大幅な増加は見られない。では何が戦後最大の超過死亡を招いたのか。ひとつの可能性として森田さんが指摘するのが「ワクチン接種」だ。

「死者が増加した2月と8月はワクチンの3回目接種、4回目接種の時期と一致します。コロナ感染が増えた結果、ワクチン接種が増えたとの反論もありますが、実際のデータを見るとコロナ感染が始まる前にワクチン接種数が伸びています。統計的には3回目接種、4回目接種と回数を重ねるほど死者数との相関が強くなっています」(森田さん)

 小島さんが続ける。

「感染研のダッシュボードを見ると、3回目、4回目ワクチンの接種開始から10週間後にあたる2月、8月に超過死亡が観察される時期が始まっています。ワクチンの接種回数の推移と超過死亡の推移は一致しており、ワクチンの接種開始と超過死亡発生との時間的な関連は明白です」


(略)
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1671632173/

【【判断】AA‼打つ自由と打たない自由AAデータが意味するものAA!!】の続きを読む



5~11歳へのファイザーワクチン接種了承
 厚生労働省の専門部会は20日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを、5~11歳の子どもに接種することを了承した。厚労省は接種をすみやかに特…
(出典:共同通信)
記事・画像は引用しております

厚労省はワクチン接種を速やかにという。ファイザー製のコロナウイルスワクチン。ああ、接種は個人の判断で自由だが、自分は心配だ。この先どうなるのかが・・・・

【【個人の判断】AA!!ワクチンwwファイザーww厚労省ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ