#作家



佐藤 (さとう まさる、1960年〈昭和35年〉1月18日 - )は、日本の作家、外交官。同志社大学神学部客員教授、静岡文化芸術大学招聘客員教授。学位は神学修士(同志社大学・1985年)。 在ロシア日本国大使館三等書記官、外務省国際情報局分析第一課主任分析官、外務省大臣官房総務課課長補佐を歴任。…
78キロバイト (11,330 語) - 2022年12月21日 (水) 11:31
記事・画像は引用しております

佐藤優氏(さとうまさる)がロシアから発信される情報をまじめに分析しない日本のメディアという。確かに政府もメディアもウクライナ寄りで支持・加担している。アメリカに言うがままに。自分はどちらも悪行と思っている。メディアは分析をしないのかする気がないのか分からないが、どちらの真実をも伝えていない。

【【分析】AA‼いかに重要かAAどちらにも加担するなAA!!】の続きを読む


乙武 洋匡(おとたけ ひろただ、1976年4月6日 - )は日本の作家、タレント、YouTuber。NPO法人グリーンバード元新宿代表、東京都教育委員会元教職員。東京都出身。身長107cm、体重38kg。 東京都新宿区出身。先天性四肢欠損(生まれつき両腕と両脚がない)という障害があり、移動の際には
20キロバイト (2,605 語) - 2022年3月28日 (月) 09:18
凄いな~。五体不満足だったかな。自分で生きている、って感じだよね。自分流に生きるのがいい。


【【画像】AA!!凄いww食い方があwwカップラーメンww!!】の続きを読む


西村 京太郎(にしむら きょうたろう、本名:矢島 喜八郎(やじま きはちろう)、1930年9月6日 - 2022年3月3日)は、日本の小説家、推理作家。トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られている。既婚。 東京府荏原郡荏原町(現東京都品川区)生まれ。国民学校卒業後、東京府立
25キロバイト (3,117 語) - 2022年3月6日 (日) 05:51


ミステリー作家の西村京太郎さん(91)が肝臓がんで死去されました。西村京太郎記念会館が明らかにしました。著書は647作品。
トラベルミステリーの第1人者。十津川警部シリーズなど、多数。
謹んでお悔やみ申し上げます。



1 香味焙煎 ★ :2022/03/06(日) 13:19:26.60

https://twitter.com/jijicom/status/1500324057069547525
jijicom/時事ドットコム(時事通信ニュース) 2022/03/06(日) 13:15:04 via 時事コムAP
【速報】
作家の西村京太郎氏が死去した。西村京太郎記念館が明らかにした
https://www.jiji.com/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【訃報】AA!!十津川シリーズ・作家の西村京太郎氏が死去 ww!!】の続きを読む


さすが石原慎太郎さん、遺言にあるように、「我が骨は海に散らせ」と。海好きな海の男の言葉にグッと来ますね。
『海の男 海に帰る』裕次郎さんと二人仲良く海で棲むことでしょう。


1 七波羅探題 ★ :2022/02/02(水) 14:22:04.54

東京都知事を13年半務め、タカ派政治家の代表格として知られた元衆院議員で作家の石原慎太郎(いしはら・しんたろう)さんが1日午前、東京・田園調布(大田区)の自宅で死去した。89歳だった。膵臓がんを昨年10月に再発していた。神戸市出身。葬儀・告別式は家族のみで行い、後日お別れの会を開く。

「死後にあるものはやはり虚無でしかあるまい」。2度の脳梗塞や膵臓がんを患い、闘病生活を送っていた石原さんは晩年、死生観に関する発言が多かった。

2013年に軽い脳梗塞を発症した石原さんは翌年、神奈川・逗子の邸宅を売却。書斎や倉庫にあった約3200冊の本を整理し、地元の逗子市立図書館に寄贈。その“終活”ぶりが話題になった。

芥川賞を受賞した「太陽の季節」の初版や弟・裕次郎さんとのヨット上での写真、そして大江健三郎氏や遠藤周作さん、開高健さんら同年代の作家から贈られた本など、マニア垂ぜんのコレクションで、「石原慎太郎文庫」として展示されている。

また14年に出版した「私の海」(幻冬舎)には“遺言”も記していた。

「ことさらに来世なるものを信じている訳でもないが、次に何に生れ変ってこの世に現われたいかといえば、いつか相模湾の外れの三つ石崎の沖合いの潮目で出会ったような巨きな離れ鯨になりたい気がしている」と鯨になって、自由気ままに世界中の大海原を泳ぐ姿を想像すると「心が弾む」と記していた。

そして、「葬式不要、戒名不要。我が骨は必ず海に散らせ」と遺言状に記したという。

東京スポーツ2022年02月02日 11時41分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3967826/


【【我が骨は海に】AA!!遺言状wwww葬式不要ww戒名不要ww!!!!】の続きを読む


「夏の終り・美は乱調にあり」など情熱的な愛と生を綴った小説や、法話などの活動で知られるようになった作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(99)が死去しました。夏の終りで女流文学賞を受賞。執筆活動と並行して信仰に生きた。51歳で出家する。定期的に法話を開き、耳を傾け励ました。社会的な活動や平和への行動にも力を注いだ。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます

1 Anonymous ★ :2021/11/11(木) 12:55:15.84

https://news.yahoo.co.jp/articles/b02f1d51ed2096bdef0924ae96cfa0f367d491f7

 「夏の終(おわ)り」「美は乱調にあり」など、情熱的な愛と生を綴った小説や、法話などの活動で知られる作家で僧侶の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう、本名晴美=はるみ)氏が死去した。99歳。

 徳島市の神仏具商の二女に生まれ、東京女子大在学中に結婚。卒業後、夫の赴任先の北京に渡るが、夫の教え子と恋に落ち、3歳の娘を残して家を出た。離婚後、少女小説や童話で生計を立てる。

 1957年「女子大生・曲(チュイ)愛(アイ)玲(リン)」で新潮社同人雑誌賞を受賞。「花芯」が酷評されて失意の歳月を送るが、61年の伝記小説「田村俊子」で再起。「かの子撩乱」や「美は乱調にあり」など優れた評伝小説を相次いで発表し、63年、2人の男の間で揺れる女の性と心理を綴った「夏の終り」で女流文学賞を受賞して、作家としての地位を築いた。

 古典を題材にした作品から現代文学まで幅広く発表し、著作は400冊を超える。主な著作に一遍を描いた「花に問え」(谷崎潤一郎賞)、西行の人間性に迫った「白道」(芸術選奨文部大臣賞)など。98年には「源氏物語」現代語訳(全10巻)を完成させた。

 執筆活動と並行して、信仰に生きた。51歳で出家し、嵯峨野に寂庵を結ぶ。後に岩手県二戸市の天台寺住職も兼ね、京都と往来しながら、荒廃した寺の復興に尽力した。寂庵や天台寺では定期的に法話を開き、孤独や病、家族不和などに悩む人への思いに耳を傾け、励ました。

 社会的な活動や平和への行動にも力を注いだ。湾岸戦争への救援活動や米中枢同時テロへの報復停止を祈る断食を敢行した。東日本大震災時は原発再稼働に抗議し、89歳の時には東京・経済産業省前でハンガーストライキに参加。東北にも足を運んで、被災者を支援した。

 2006年に文化勲章。最晩年まで新聞や雑誌に連載を続け、本紙では「天眼」を執筆した。

関連記事


【【訃報】AA!!僧侶ww作家の瀬戸内寂聴!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ