衆議院解散(しゅうぎいんかいさん)とは、大日本帝国憲法下の帝国議会および日本国憲法下の国会において、衆議院を解散すること。解散によりすべての衆議院議員は、任期満了前に議員としての地位を失う。解散に伴う衆議院議員総選挙を総称して解散総選挙と呼ぶ。 日本国憲法において衆議院の解散
74キロバイト (9,471 語) - 2022年10月9日 (日) 13:51
記事・画像は引用しております

岸田首相の増税前の解散。増税を始める前に解散総選挙の考えという。萩生田政調会長の「国民に信を問う」には賛成だが、後に来る河野や茂木なら更に危ない日本になるだろう。自民党議員の増税賛成派や財務省ベッタリや今だけカネだけ自分だけの議員は是非とも落選させたい。国民も、ここで目が覚めなければ世も末だろう。


1 それでも動く名無し :2022/12/28(水) 06:30:25.43ID:VfgCCUUC0
岸田首相、防衛増税前に「総選挙あると思う」

岸田文雄首相は27日夜のBS-TBS番組で、防衛費増額に伴う増税を始める前に衆院解散・総選挙に踏み切る考えを示した。「スタートの時期はこれから決定するが、それまでには選挙はある」と語った。

増税の開始は令和6年から9年までの「適切な時期」と説明。衆院議員任期が満了する7年10月より前に開始する場合、任期満了を待たずに衆院解散するという意味になり、その衆院選では後に控える増税が争点になる公算が大きい。

https://www.sankei.com/article/20221227-6VUCLEGOPJJD7DMF462G5O3TAU/

【【朗報】AA‼いや悲報AA解散は賛成AAだが次がAA!!】の続きを読む