#企業経営


原子力発電所 (原発からのリダイレクト)
ネルギーを熱エネルギーの形で取り出し、それによって蒸気タービン(羽根車)を回転させて発電を行う発電所である。 略称としては、日本語では原発(げんぱつ)と略される。原発立地の道路の案内標識では「○○原電」と表記されることもある。核燃料を使用して電気を起こすことから、核発電所(かくはつでんしょ)ともいう。
28キロバイト (3,938 語) - 2022年3月27日 (日) 12:56
電力需給のひっ迫で原発稼働をすべき。経団連会長は、原発の有効活用を真剣に考えるべきという。地域住民の理解を得られるものから稼働させなければ、国民生活が大変なことになるという。たしかに深刻で、電力は厳しい状況と思う。反対反対では乗り切れない。安全対策は勿論だが、国民の生活や企業にとって必ず死活問題になる気がする。反日勢力の反対は日本を貶めている。経団連は金儲け主義で好かんが、原発は生活かかっている。生活の不便を我慢できるなら別だが・・・・


2 ニューノーマルの名無しさん :2022/03/29(火) 10:50:37.41

ニッ( ´∀`)ノシ


【【不足が命とりに】AA!!ひっ迫中wwww原発稼働ww大変なことにww!!】の続きを読む


震災直後の2011年3月は設備被害や原発事故に伴う電力供給低下により東京電力管内で輪番停電実施を伴う電力危機が発生、同年夏季には原発停止の影響が大きくなる中東北電力・東京電力・関西電力などの管内で、2011-2012年冬季には原発停止により関西電力・九州電力管内でそれぞれ節電を実施した。 2012年夏季以降も供給不足
131キロバイト (15,700 語) - 2022年1月5日 (水) 21:42
共産党の志位委員長は、2030年までに石炭火力ゼロ・原発、即時ゼロ。再生エネを普及することが、日本経済を強化するという。まあ、いつものトンチンカンな発言です。電気の需給が日本の大きな大事な政策で、市民生活にしても企業にしてもなくてはならない電気。
具体的には何もない共産党。益々支持を落していくな。特定野党(立憲民主党・共産党・社民党・令和新撰組)やメディア・マスコミ・自公政権・反日勢力の反対を進めば何とかなる。参院選には、このような人たちを無視しなければ明日の日本は無い。


1 ボラえもん ★ :2022/03/23(水) 13:49:45.11

#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)

 参院選では何が問われるか―。志位氏は、三つの角度から訴えました。

 第一は、暮らしがかかった選挙だということです。

 志位氏は、新自由主義を転換して「やさしく強い経済」をつくろうと訴え。
「政治の責任による賃金の引き上げ」「社会保障と教育予算を経済力にふさわしく充実」「消費税5%への減税」「気候危機打開の本気のとりくみ」「ジェンダー平等の視点を貫く」という五つの大改革を縦横に語りました。

 志位氏は、気候危機打開に関わって、石炭火力の問題を指摘。横須賀市で建設中の二つの石炭火力発電所が排出する二酸化炭素は年間726万トンに上り、
「横浜・川崎・相模原――3政令市と三浦半島を杉林にして吸収してもまだ足らないほどです」と告発しました。
「2030年までに石炭火力ゼロ、原発は即時ゼロ、大規模な省エネ・再エネを普及することが、日本経済を強くするうえでも大きな力になります」と力を込めました。

 第二は、平和がかかった選挙だということです。

 志位氏は、ロシアの無法を見て、「日本の平和は大丈夫か」という声もあると思いますとのべ、
「相手が『軍事、核兵器、力の論理』できた時に、こちらも『軍事、核兵器、力の論理』で対抗すればどうなるか。『軍事対軍事』の果てしない悪循環になり、戦争につながる一番危険な道になります。
東アジアを平和の地域にしていくための憲法9条を生かした外交戦略こそ必要ではないでしょうか」と強調。岸田政権や維新の会の危険な動きを、強く批判しました。

 その上で志位氏は、日本共産党の「外交ビジョン」を提案しました。東南アジア諸国連合(ASEAN)が、あらゆる問題を平和的な話し合いで解決する努力を続け、
日米中も含む東アジアサミットを強化していく大構想を持っていると指摘。
「日本は9条を持つ国として、ASEANと協力し、東アジアサミットを活用・強化し、東アジアを平和と協力の地域にしていく外交こそ追求すべきです」と訴えました。

 第三は、市民と野党の共闘の前途がかかった選挙だということです。

 志位氏は、前日の日本共産党と立憲民主党の党首会談で、「現政権に厳しい審判を下すため、参院選1人区での候補者調整の協議を開始する」ことを合意したと紹介。
「野党共闘に向けてキックオフの合意となりました。これを実らせ、成功させるために力を尽くしていきます」と決意を語りました。

 同時に、志位氏は、本格的な共闘の発展のためには日本共産党の躍進が一番の推進力になると強調し、
「共闘の発展を真剣に願っておられるすべての方がたが、どうか日本共産党の躍進に力を与えてくださることを心から訴えます」と力強くのべました。

 最後に、志位氏は、「はてな」リーフが大評判と紹介。「『どんな改革も国民多数の合意で』を貫く政党が日本共産党です」と党躍進を訴えると、駅前をうめた聴衆から大きな拍手がわきおこりました。
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2022-03-20/2022032001_01_0.html

※前スレ
【共産】志位和夫委員長「2030年までに石炭火力ゼロ、原発は即時ゼロ。大規模な省エネ・再エネ普及で日本経済を強くする」 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1648006918/


【【啞然】AA!!なら電気どうすればww石炭火力ゼロww原発は即時ゼロww!!】の続きを読む



世良公則 電力ひっ迫に危機感「ブラックアウトは社会機能停止、生命維持に直結する」
 ロックシンガーの世良公則(66)が23日、ツイッターを更新。電力量供給維持の危機感を訴えた。  世良は、菅義偉政権下で「2035年までに新車販売で…
(出典:東スポWeb)


電力需給ひっ迫警報(でんりょくじゅきゅうひっぱくけいほう)は、電力の予備率が3%を下回ると予想される、または下回った場合に、大規模停電を未然に防ぐために経済産業省の資源エネルギー庁が発令する日本の警報である:38。電力不足のため実施する計画停電よりも前に位置づけられたもので、2012年から運用が開
14キロバイト (1,858 語) - 2022年3月23日 (水) 04:56
記事・画像は引用しております

ロックシンガーの世良公則さんが23日、ツイッターを更新。電力量需給維持の危機管理を訴えた。その通りです。危機的な状況が起こっているのです。火力発電を止め、原発を止め。いったい、国も国会議員も仕事しろと言いたい。国民生活や企業の経営には電気は必要不可欠なもの。安全対策を備えれば、何も恐れることはない。特定野党や反日勢力やマスゴミの言う事を聞くことは無い。国益が第一なのだ。

【「危機的】AA!!電力がwwww不足wwww国民がww命にww!!】の続きを読む

このページのトップヘ