#交差点


一時停止(いちじていし)とは、主に道路交通において、車両などが一時的に停止すること。また、交差点やその付近において道路標識等により車両などが一時的に停止すべきことを指定されていること。 日本の道路交通法には、(標識・標示によらず)一時的に停止すべき場合、および「一時停止」の道路標識等に基づき一時停止する場合と定められている。
9キロバイト (1,271 語) - 2022年2月10日 (木) 14:56
松本市で、一時停止せず出合い頭に衝突。自転車の高校生が死亡した。残念ですね。一時停止をしていれば大切な命を落とさずに済んだのに、本当にいたましい事故。本人も家族も無念のはず。

1 風吹けば名無し :2022/05/02(月) 12:41:14.53

長野県松本市の市道交差点で1日昼過ぎ、軽乗用車と自転車が出合い頭に衝突した事故で、意識不明の重体だった自転車の男子高校生の死亡が確認されました。

事故があったのは、松本市島立の市道の交差点です。

警察によりますと、1日正午過ぎ、男子高校生(17)が運転する自転車が、左から来た軽乗用車と交差点内で衝突しました。

この事故で、男子高校生が意識不明の重体で病院に搬送され、治療を受けていましたが、午後9時半過ぎに死亡が確認されました。軽乗用車の女性(47)にけがはありませんでした。

現場は信号機も横断歩道もない交差点で、自転車側に一時停止の標識がありました。警察が軽乗用車の女性に話を聞くなどしながら事故の原因を調べています。


【【無視しちゃ!】AA!!高校生ww出会い頭ww一時停止ww大切なww!!】の続きを読む


子供は守っているルールを大人は守らない。よく見かける風景。信号無視から斜め横断。悪い手本を見せています。これでは子供に対して示しがつかないでしょう。子供は大人の背中を見ていますよ。親の背中を見るように。

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/22(水) 06:55:44.52

09月21日 17時48分

子どもよりも大人のほうが信号無視をするものの、警察官がいるとみんなルールをよく守る。
夏休みの自由研究で交差点を観察した神戸市の小学生が、そんな結果をまとめました。

信号無視をテーマに自由研究を行ったのは神戸市の小学3年生、山口真佳さん(9)です。
山口さんは、自宅近くの幹線道路の交差点で交通事故が起きたことから問題意識を持ち、夏休みのことし7月27日に朝と昼と夕方のそれぞれ1時間、この交差点を観察し、信号無視をした人を調べました。
その結果、▼子どもは14人中0人だった一方で、▼大人は833人中78人、▼お年寄りは104人中12人と、子どもよりも大人のほうが信号を無視する傾向がみられたということです。
交差点に警察官がいた朝の時間帯に限ると信号を無視する人はほとんどいませんでしたが、警察官がいなかった2日後に改めて観察してみると、この時間帯でも信号無視が相次いだということです。
この自由研究が交通安全の啓発につながったとして、秋の全国交通安全運動初日の21日、神戸市の葺合警察署から山口さんに感謝状が贈られました。
山口さんは、「信号無視をしている人を見てこわいと思いました。交通ルールを守って道路を渡ってほしいです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210921/2000051589.html


【【ルール無視】 手本を示せww!交通マナー!小学生の自由研究】の続きを読む

このページのトップヘ