#中国共産党


第76回国連総会でビデオ形式で、習近平国家主席が「平和理念のもと、我々が侵略したり、他人をイジメたりしたことは過去にはなく、今後もない」と演説した。どの口が言うか、と呆れてしまう。この演説をどれだけの国が、腹で笑い、どれだけの国が騙され信じているのか知りたいところだ。よく恥も外聞もなく言えたものだ。

1 ラミブジン(茸) [ニダ] :2021/09/23(木) 06:50:09.76


習主席 国連総会一般討論で演説「中国が覇を唱えることはない」

【9月22日 CGTN Japanese】中国の習近平国家主席は21日、第76回国連総会の一般討論に北京からビデオ形式で出席し、「自信を固め、困難な時局を乗り越え、より良い世界を共に構築」と題する演説を行いました。

 習主席は、今年の中国共産党創立100周年と中華人民共和国の国連における合法的議席回復50周年を念頭に「引き続き、中国と国連との協力のレベルアップを積極的に促す」として、今後も国連の諸事業に一層貢献していきたいとの考えを示しました。

 また、国際舞台における中国の姿勢について、「中華民族が終始貫き、追い求めているのは、平和・和睦・調和の理念だ。われわれが侵略したり、他人をいじめたりしたことは、過去にはなく、今後もない。そして、覇を唱えることもない」と指摘しました。その上で、「中国の新たな発展によって世界に新たなチャンスをもたらしていきたい」との立場を示しました。

 目下の世界的な難局の打開について、習主席は新型コロナウイルス感染症対策の徹底、世界経済回復への後押し、国際的な結束の強化、グローバルガバナンスの強化と多国間主義の堅持という4点を強調しました。さらに、今後の世界発展に向けた中国側の提案として、(1)発展優先の堅持、(2)国民中心の堅持、(3)共有・包容の堅持、(4)イノベーション駆動型の堅持、(5)人と自然の調和のとれた共生の堅持、(6)行動志向型の堅持と提言を行いました。

 また、中国が目指す2030年までの二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトと2060年までのカーボンニュートラルの目標について、習主席は「多大な努力が必要だが、全力投球する」と述べ、発展途上国の持続可能な発展への支援強化を表明するとともに、「今後は海外で石炭火力発電所を新設しない」と明言しました。(c)CGTN Japanese/AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f6b996370c3df39d350ce8ebcd85c4994f6ed0a


【【啞然】どの口が言うかああああ!侵略やイジメはないww!】の続きを読む


河野氏のことが、ネットでも多く出ているがデマなのだろうか?テレビではあまり報道しているようには見えないが。ただ自分はテレビ拒否派なので分からないが、ブログ記事では、中国との関わりに疑問があり、毛沢東のバッジについても疑問大いにあり。デマではないのでは。

1 みの ★ :2021/09/23(木) 01:38:53.96

 4人の候補が争う自民党総裁選で、河野太郎氏に関連した、デマにつながるツイートがネット上で拡散しました。

■「毛沢東バッジ着用」返信ツイートでデマ広がる

 21日の夜、Twitterに河野太郎氏と中国の王毅外相が並んで映った画像とともに、「2人が同じバッジを着けているように見える」「毛沢東バッジのようにも見える」などという投稿がされました。この投稿自体は「毛沢東バッジの着用」を断定するものではありませんが、「大問題、拡散を」などと着用を断定し、非難する返信ツイートが相次ぎました。

 2人が同じバッジを着けている画像を載せた投稿は、2000件ほどリツイートされ、Yahoo!JAPANリアルタイム検索でも「毛沢東バッジ」が一時トレンド入りしました。

 この投稿された画像は、2017年8月に当時外相だった河野氏がASEAN(=東南アジア諸国連合)+3(日中韓)外相会議に参加した時に撮影された写真の一部を切り取ったものとみられます。

 日本テレビがASEAN+3外相会議の映像と写真を確認すると、河野氏と王毅氏のほか、各国の外務大臣がそろって同じバッジを着けていました。河野氏周辺も取材に「これは毛沢東のバッジではない。国際会議で配られたものだ」と否定しています。

…続きはソースで。
https://www.news24.jp/articles/2021/09/22/07943888.html
2021年9月22日 22時44分

前スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632318876/

★1が立った日時:2021/09/22(水) 22:54:36.53


【【愕然】 デマなのかああああ!毛沢東バッジ⁉⁉⁉】の続きを読む


記事・画像は引用しております

結局、中国の人権侵害、非難決議案は愚かな与党議員で見送りになった。ここでは、立憲民主党や国民民主党は、了承にまわり、存在感があったが、与党議員の体たらくには失望した。分かり切ったことだが、二階幹事長を筆頭に親中媚中議員、公明党議員たちが反対したのは間違いない。人権には心強いかと思われた公明党が、実は人権侵害・弾圧に加担しているとは残念に尽きます。マネートラップかハニートラップか臓器トラップかは分かりませんが、僕になり下がったのでしょう。自民も公明も選挙で大量議席落とせと願う。

【【速報】AA!!愚かww与党の終わりww人権侵害ww非難決議wwに反対ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ