#世論調査


読売の世論調査が出たが、毎日の世論調査とは、まったく違うね。まあ、どちらも信用はしていないから、適当に判断すればいいのですけど。電話でも出口調査でも、本心でいう人もいれば、本心ではない応え方をする人もいる。ふたを開けなければ分からないというところでしょうか。

1 影のたけし軍団 ★ :2021/10/21(木) 07:32:10.41

読売新聞社が行った衆院選の序盤情勢調査では、小選挙区選で厳しい戦いとなっている自民党が、
比例選(定数176)では堅調に議席を確保する見通しで、自民、公明両党で比例定数の過半数を上回る勢いだ。

比例選では立憲民主党は伸び悩み、日本維新の会が関西圏以外でも躍進する公算が大きい。

首相や安倍晋三・元首相の地元を抱える比例中国ブロックでは、2012年衆院選から3回連続で獲得している5議席の確保は確実な情勢になり、6議席目も視野に入る。
東海ブロックでも、05年衆院選の過去最多に並ぶ9議席に届く勢いだ。

菅前内閣の下では、自民候補が敗れた参院の補欠選挙や再選挙、地方選で、自民支持層が離れたと指摘された。
今回の調査では、全11ブロックで自民支持層の8割以上から支持を集め、14年、17年衆院選を上回る70議席台に乗る可能性がある。
選挙区選では立民や共産などが候補者を一本化した選挙区で自民が苦戦しているのとは対照的だ。

公明も前回選の21議席を上回る勢いで、14年の26議席を狙う展開になりそうだ。

一方、野党側は、立民が40議席以上の獲得が見込まれるが、「限定的な閣外協力」で合意した共産党が都市部を中心に伸長しており、
「政権批判票」の一部が奪われた可能性がある。

維新は、前回17年衆院選で得た8議席を倍増させる勢いだ。選挙区選では拠点の大阪以外では苦戦しているが、
比例選では地盤とする近畿ブロック以外でも東京、南関東両ブロックで複数の議席獲得が視野に入る。
https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20211020-OYT1T50203/

(出典 www.yomiuri.co.jp)


【【読売調査】 まったくどこもOOOO!!信用OOOO!!】の続きを読む


毎日新聞が世論調査をした。無党派層に聞いている。あまり当てにしないで見てみると、立憲民主党が21%・自民党15%で、まだ、決めていない人が39%のようです。良識ある無党派層の皆さんによく考えて判断してほしいと思う。立憲民主党が大きく伸びれば必ず共産党が出てくる。で立憲共産党となる。間違いないでしょう。自由が無くなり人権が弾圧され、やがてお隣の国のような体制についてなっていくでしょう。よく考えて判断しましょう。未来の子供のために。

1 蚤の市 ★ :2021/10/21(木) 06:44:55.90

 毎日新聞が19、20日に実施した特別世論調査で、全体の23%を占めた無党派層について分析した。無党派層の動向は、選挙の行方を左右することが多い。今回の調査で「支持政党はない」と回答した人のうち、衆院選の比例代表の投票先について、立憲民主党を選んだ人が21%で最も多く、自民党が15%で2番目だった。その他は、日本維新の会8%▽共産党7%▽国民民主党4%▽れいわ新選組3%――など。一方、「まだ決めていない」と答えた人も39%を占めた。

 調査方法が異なるため単純に比較できないが、今月4、5日に毎日新聞と社会調査研究センターが実施した世論調査の結果と比較すると、無党派層のうち比例投票先を立憲民主党と答えた人の割合は、自民党と答えた人よりも増えた。

 衆院選が公示され、多くの人が具体的な投票先を決め始めており、立憲民主党は無党派層からの支持を自民党より多く集めているとみられるが、全体の状況を覆すには至っていない。

 一方で、…(以下有料版で,残り1017文字)

毎日新聞 2021/10/21 05:02(最終更新 10/21 05:16) 有料記事 1429文字
https://mainichi.jp/articles/20211020/k00/00m/010/351000c


【【判断】まだ決めていないWWWW!!自由か共産党か!!?】の続きを読む


画像は引用しております

岸田内閣発足後に行われる各社の世論調査で、新政権の支持率は低調なスタートとなった。総理は記者団に、「低い数字も含めしっかり受け止め、自分自身をしっかり振る返りながら、これから衆院選に向けてしっかりと取り組んでいきたい」と語った。
まあ、厳しい船出というところでしょうね。政治の世界は厳しい。政策をどういかすかでしょう。

【【岸田政権】 支持率がAAAA!!ご祝儀はwwww!!】の続きを読む


画像は引用しております

自民党総裁選・高市氏の政策が「世界基準」で現実的と言える理由。大手メディアは世論調査の結果と政局ばかり報じ、政策論がまるで深まらない総裁選。踊る発言やキャッチフレーズにとらわれている。候補者を選ぶ上で、最も重要なことは政策論ではないか。「政策を主張し、実現を目指すのか」という事を見極めることが、選ぶ上で大事ではないだろうか。それが高市氏の政策論であろう。

【【政策】 これが主張だwwwww!!目指すはOOOO!】の続きを読む


ANNが調査した「だれが次の総裁」が。こんな噓っぱちの操作された調査を、テレビしか見ない国民はメディア・マスコミに騙されて本当に気の毒だ。真実が報道されないのだから。メディア・マスコミは親中派議員がよっぽどいいらしい。あの人は、テレビ朝日さんには都合がいいのだろう。

1 影のたけし軍団 ★ :2021/09/20(月) 09:27:35.10

自民党総裁選挙について次の総裁に河野行政改革担当大臣が良いと答えた人が最も多い48%に上ることがANNの世論調査で分かりました。

調査は、この週末に行いました。

自民党総裁選に立候補した4人のうち、誰が次の総裁になることが良いかと尋ねたところ、
河野行革担当大臣が48%、岸田前政調会長が18%、高市前総務大臣が10%、野田幹事長代行が7%でした。

自民党支持層に限ってみると河野氏が53%で過半数に達し、岸田氏が20%、高市氏が13%、野田氏が5%でした。

また、新しい総裁に期待する政策については「新型コロナ対策」と答えた人が44%で最も多く、
「経済・財政政策」と答えた人が42%で僅差で続き、「年金・社会保障制度」と答えた人が34%でした。

次の総理大臣は安倍内閣や菅内閣が行ってきた政権運営の手法を、「続ける方が良い」と答えた人は19%にとどまり、
「変える必要がある」と答えた人が67%にのぼりました。

一方、菅内閣の支持率は29.4%で、先月の調査から3.6ポイント上昇しましたが、3カ月連続で3割を切りました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000229410.html


【【疑問】操作されたww⁉次の総裁候補信用するなああ!!!】の続きを読む

このページのトップヘ