世良公則 電力ひっ迫に危機感「ブラックアウトは社会機能停止、生命維持に直結する」
 ロックシンガーの世良公則(66)が23日、ツイッターを更新。電力量供給維持の危機感を訴えた。  世良は、菅義偉政権下で「2035年までに新車販売で…
(出典:東スポWeb)


電力需給ひっ迫警報(でんりょくじゅきゅうひっぱくけいほう)は、電力の予備率が3%を下回ると予想される、または下回った場合に、大規模停電を未然に防ぐために経済産業省の資源エネルギー庁が発令する日本の警報である:38。電力不足のため実施する計画停電よりも前に位置づけられたもので、2012年から運用が開
14キロバイト (1,858 語) - 2022年3月23日 (水) 04:56
記事・画像は引用しております

ロックシンガーの世良公則さんが、ツイッターを更新。電力量需給維持の危機管理を訴えた。その通りです。危機的な状況が起こっているのです。火力発電を止め、原発を止め。いったい、国も国会議員も仕事しろと言いたい。国民生活や企業の経営には電気は必要不可欠なもの。安全対策を備えれば、何も恐れることはない。特定野党や反日勢力やマスゴミの言う事を聞くことは無い。国益が第一なのだ。

日本の安全保障は国民や国土を守るための必須条件です。
もう一つ付け加えるのなら食料自給率を上げることです。

【【危機的】AA!!電力がAA不足AA国民がAA命にAAAA!!!!】の続きを読む