#不安定


稲田の後光は、特に珍しくないが、同様の現象で、水滴による光の屈折による。別名。「山の御光」、「海の御光」、「露の後光」。 六角柱氷晶 暈(ハロ、白虹) 内暈(22度ハロ) 外暈(46度ハロ) 外接ハロ - 太陽高度によって、外接ハロかタンジェントアークのどちらかが出現する。 タンジェントアーク
7キロバイト (776 語) - 2020年4月30日 (木) 17:16


記事・画像は引用しております

ウエザーニュースによりますと、「ハロ」の出現で東北の山沿いでは天気急変の可能性があるようですね。

【【ハロ】AA!!山沿いwwwww急変のwwwww可能性がww!!】の続きを読む


パク・クネ前大統領(69)の持病悪化で、検察関係者は「健康状態が非常に悪い」と話した。また、収監生活により精神的にも不安定な状態だという。仮保釈や恩赦なく刑期を終えた場合87歳になるという。まあ、韓国の歴代大統領は、大統領を辞めたら次々と逮捕される国だから、やってられないと思うのだが、それでもやるよね。現大統領も同じ道をたどるのだろうな。

1 昆虫図鑑 ★ :2021/12/20(月) 16:53:57.65

2021年12月20日、韓国・東亜日報によると、朴槿恵(パク・クネ)前大統領(69)の持病が最近悪化していることが分かった。

記事によると、先月22日からサムスンソウル病院に入院している朴前大統領は、以前手術を受けた肩と腰の痛みを訴えている。検察関係者は「健康状態は非常に悪い」と話した。また、朴前大統領は長期間に及ぶ収監生活により精神的にも不安定な状態だという。

朴前大統領は回旋筋腱板(けんばん)損傷により19年9月に手術を受け、78日間入院した。また、頸椎(けいつい)と腰椎のヘルニアでも治療を受けている。

朴前大統領は17年3月31日に逮捕されてから約4年8カ月にわたり収監生活を送ってきた。韓国の元大統領の収監期間としては最も長いという。朴前大統領は国政介入などの容疑で懲役計22年が確定しており、仮釈放や恩赦なく刑期を終えた場合、87歳になる39年に出所することになるという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「その年齢ならみんな同じような悩みを抱えて生きている」「恩赦対象者発表の時期になるといつも健康状態が悪化する」「恩赦されて一般社会に戻ったら、元気に歩き回るのだろう」「拘置所の中で運動を頑張って」「恩赦は駄目。何があっても満期出所してください」など冷ややかな声が上がっている。

一方で「恩赦するべき。どう考えても拘束されるほどの罪は*ていない」「今考えると、朴前大統領時代のほうがはるかに暮らしやすかった」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


https://www.recordchina.co.jp/b886806-s39-c100-d0191.html


【【収監生活】AA!持病が悪化wwww精神も不安定wwww!!!!】の続きを読む


就職の氷河期世代に、政府は色々と目標を掲げて手を打ったが、これといった良策がなく、厳しい状況が続く中、新型コロナウイルス感染が発生した。この感染にも水際対策の不備が目立ち、拡大する中、緊急事態宣言などでさらに就職活動は艱難を極めている。お気の毒だが、働きたくても不遇の世代たちは混迷しているのではないか

1 蚤の市 ★ :2021/09/20(月) 10:09:14.45

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、就職氷河期世代支援の政府目標達成に黄信号がともった。政府は2019年12月、氷河期世代について「今後3年間で正社員を30万人増やす」という目標を掲げた。しかし内閣府によると、20年に正社員数はほとんど増えなかった。一方、他の世代をみると、コロナ禍でも人手不足を背景に正社員化が進み、新卒採用も堅調だ。政府がようやく重い腰を上げようとした矢先にコロナ禍に見舞われた「不遇の世代」は、結局支援から取り残されたままだ。【中川聡子/くらし医療部】

予算522億円 正規は「横ばい」
 氷河期世代は、1993~04年ごろに新卒で就職活動し、現在は30代後半から40代後半になる。バブル崩壊後の不況期に企業が新卒の採用数を極端に絞り、さらに政府が派遣労働の拡大など雇用の非正規化を進めたことから、企業は人件費を削減するため非正規雇用を活用した。結果的に希望の職に就けず、非正規を選ばざるをえなかった人も多い。

 本来は働き盛りの現役世代にあたるものの▽生活が不安定で結婚・出産を望んでもできない▽引きこもりや、80代の親が50代の無職の子を養う「8050問題」など、社会的に孤立し、社会保障費の増大につながる――などとして、19年3月に当時の安倍晋三首相が氷河期支援の強化を表明。この世代を「人生再設計第一世代」と表現したことで批判を浴び撤回する一幕もあったが、政府は19年12月にまとめた「就職氷河期世代支援に関する行動計画2019」で、「3年間で正社員30万人増」を打ち出し、「3年間で650億円を上回る財源を確保する」との方針を示した。19年度補正予算から21年度予算まで総額522億円となり、22年度概算要求でも207億円を計上している。

 しかし内閣官房の集計によると、20年の37~46歳の雇用形態は、正規916万人(19年の36~45歳と比較し横ばい)▽役員57万人(同5万人増)▽非正規366万人(同10万人減)▽完全失業者36万人(同5万人増)--との結果になった。実態は目標にほど遠い。

 厚生労働省の就労支援事業の実績をみると、ハローワークの職業紹介で正社員になった氷河期世代は20年度で約9万2000人に上る。また国家公務員には19、20年度に約1800人、地方公務員には20年度に約3700人の氷河期世代が採用された。しかし正規の総数は増えておらず、内閣府の担当者は「コロナによる雇用情勢悪化で正規から非正規化したり失業したりして、政策効果が相*れたのでは」と話す。

コロナでも有効求人倍率は1倍超
 ただ、他の世代には、違った傾向が見えてくる。…(以下有料版で、残り1456文字)

毎日新聞 2021/9/19 17:00
 ★3まで朝日と記していました。訂正してお詫びします。
https://mainichi.jp/articles/20210919/k00/00m/040/039000c
★1 2021/09/19(日) 21:33:29.45
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632092957/


【【混迷】 取り残されたああああ!コロナでOOOwwww⁉】の続きを読む


台湾海峡危機(たいわんかいきょうきき)は、1950年代から1990年代にかけて中華人民共和国(中国大陸)と中華民国(台湾間で軍事的緊張が高まった事件総称。4度にわたり緊張が高まったが、アメリカ介入などにより全面戦争に発展することはなかった。 第一次、第二次台湾海峡危機いずれも、中国側
9キロバイト (1,351 語) - 2020年12月12日 (土) 05:59


記事・画像は引用しております

台湾海峡は今、常に危険が差し迫る海峡。台湾海峡の安全と平和に、世界がどのような行いをすれば平和を保てるのか、考えなければならないことです。台湾海峡の不安定は、日本の安全保障に重要な影響を与えます。世界の平和とは、争いのない世界なのですが、どうも、その趣旨が理解できないのか、自分勝手な傲慢な国もあるのですね。

【【速報】AA!!常にww危険ww台湾海峡ww安全をww!!】の続きを読む

このページのトップヘ