#不信感



トヨタ自動車 > トヨタグループ > 日野自動車 日野自動車株式会社(ひのじどうしゃ、英: HINO MOTORS,LTD.)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。通称「日野」、ローマ字表記は「HINO」。トヨタ自動車の連結子会社でトヨタグループ16社のうちの一つ。
55キロバイト (6,215 語) - 2022年8月14日 (日) 17:47


日野自動車の不正なデーター提出で、主力のトラック・国内向けのトラックはほぼ、全ての出荷停止という異例な事態になった。また、日本の経済・自動車業界が残念。不正はまったく論外だが、国交省という役所は公明党の担当大臣ということで何か胡散臭い感じが以前から有る不信感だらけ。

【【出荷停止】AA!!トラックがww低迷WW日野自動車ww!!】の続きを読む


ネット配信ネットはいしん)とは、広域ネットワーク(インターネットなど)を経由してデータを求めるユーザーの元に送信するサービスをいう。WEB配信、オンライン配信、デジタル配信、ウェブキャストなどとも言われる。 マルチメディア関連のコンテンツのデジタル化が急速に進んだうえ、ネット
2キロバイト (262 語) - 2022年1月16日 (日) 07:41


NHKは、ネット配信で受信料を取ろうとしている。噓・捏造・偏向報道・不信感と不明瞭な徴収のNHKにみんなで阻止しよう。見もしないのに金を盗る詐欺集団NHK


1 Egg ★ :2022/02/14(月) 11:47:45.34

【メディアインサイド】 「テレビ離れ」が指摘されて久しい。近年は若年層を中心に、テレビ受信機そのものを持たない人が増えている。NHKは4月以降、そうした人らに対して番組や情報をインターネットで配信し、どう受け止められるかを調査する。受信料に支えられるNHKにとって、テレビを持たない人の増加は将来の経営危機に直結する。実証実験は「ネット受信料」導入への布石との指摘も上がるが、課題は多い。

【グラフで見る】「テレビに親近感を持つ人」は若い世代ほど低い

■見られ方が多様化

「紅白が紅白でなくなった日」(スポーツニッポン)、「紅白衝撃最低」(東京中日スポーツ)-。

1月3日のスポーツ紙各紙に大きく躍ったのは、昨年大みそかに放送された「第72回NHK紅白歌合戦」第2部の平均世帯視聴率が34・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことを伝える見出しだ。過去最低だった令和元年の37・3%を下回り、史上最低となった。

もっとも、NHKはこの数字を悲観しているわけではない。番組をネット配信する「NHKプラス」では、1月7日までの配信期間中に、過去最高だった昨年の東京五輪開会式を上回る68万人が紅白を見ていたためだ。正籬(まさがき)聡放送総局長は「見られ方が多様化し、リアルタイムでテレビを見るのではなく、(スマホやパソコンなど)いろんな端末で広がっている。一定の存在感は示すことができた」と振り返った。

ただ、NHK放送文化研究所が2年11月に行った世論調査では、テレビに親近感を持つ人は若い世代ほど低い。

若年層からは「テレビは持っていない。好きな俳優が出るDVDをパソコンで見られれば十分」(20代女性)、「15年以上使っている今のテレビが壊れたら次は買わない」(30代女性)との声もあがる。テレビを持たない人は今後も増えることがうかがわれる。

では、ネットの番組配信を加速させればよいかというと、話はそう単純ではない。民放の見逃しサイト「TVer(ティーバー)」は会員登録や利用料が不要だが、「NHKプラス」の利用はNHKの受信契約者に限られる。テレビを持っていない人や未契約者は、ネットでもNHKの番組に触れることができないのだ。

産経新聞 2/14(月) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/18772ec6ce66b9ac1dda92adf2f6a3858cf5fb72


【【実験】AA!!ネットで取るなwwww受信料wwみんなで反対ww!!】の続きを読む


バッハはその功績の大きさから、大バッハとも呼ばれている。J・S・バッハとも略記される。 1685年3月31日、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(以下、「バッハ」とする)は、アイゼナハの町楽師でありルター派の音楽家のバッハ家の一員であるヨハン・アンブロジウス・バッハ
55キロバイト (7,789 語) - 2021年9月18日 (土) 07:28


記事・画像は引用しております

IOCバッハ会長、北京開会式でスピーチで感謝を述べた。ボッタクリバッハがIOCの会長であることに不信しかない。よく言えるわ平和の祭典だと。もう、こんな茶番なオリンピックは止めよう。五輪の楽しみも期待も、全て裏切られた。

【【怒り】AA何がwwww平和の祭典だwwぼったくりww!!】の続きを読む


内村 航平(うちむら こうへい、1989年(昭和64年)1月3日 - )は、日本のプロ体操競技選手。 オリンピック4大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2020年東京)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選
45キロバイト (4,862 語) - 2022年1月22日 (土) 15:03


体操界のスーパースターのモラハラ報道に、妻の千恵さんが激やせをし、モラハラ夫の真実味がでてきたが、航平さんの母・周子さんは、千恵さんがご両親にあることないこと報告し、それが週刊誌に流れたのでしょうと。何か、夫婦の関係・千恵さんと周子さん・周子さんとご両親の関係にヒビが入っているのかも。

1 ひかり ★ :2022/01/24(月) 07:19:11.61

「社会的に成功していても、家庭内では妻にモラハラをしている、という男性はけっこういます。本来ならお互いに歩み寄って解決するべきところを、自分に自信があるために“お前が気づけよ”“お前が直せよ”といった態度で妻をぞんざいに扱うケースです」

体操界のスーパースターのモラハラ報道を、夫婦問題研究家の岡野あつこさんはそう分析する。

1月14日の記者会見で現役引退を発表した内村航平(33)。会見では後輩たちへ向けて、

「『体操だけうまくてもダメだよ』ということは伝えたい。やはり人間性が伴ってないと」

とコメント。第一線で活動し続けた自身を振り返り、アスリートとしての心構えを伝えていた。

しかしその6日後に発売された『週刊文春』で1歳年下の妻・千穂さんを33キロまで激やせさせた“モラハラ夫”と報じられたのだ。

記事によると内村は、千穂さんに対してたびたび突き放すような態度をとり、千穂さんの手料理を前に「ウーバー頼んだから」と自分だけ牛丼やピザなどを注文することも少なくなかったという。

さらに昨年の11月、体調を崩し幼い2人の娘を連れて実家で静養していた千穂さんに、LINEで〈離婚の意思は変わらないのでとりあえず別居します〉と一方的に通告。千穂さんが家に戻ると、体操関係の愛用品とともに内村は姿を消していたという――。

今回の件について本誌は家族の一人に話を聞くことができた。内村の実母の周子さん(57)だ。

報道によれば、千穂さんは周子さんとの関係にも悩んでいたという。千穂さんは心療内科に通うほど体に不調を感じていたため周子さんとの接触を避けるようにしていたが、昨年の世界選手権の会場で、挨拶をしない千穂さんを周子さんが怒鳴りつける場面があった、と『文春』は報じている。

本誌はかつて内村の実父を取材したことがあった。今回の夫婦危機について聞くために電話をかけると、用件を聞いた実父は、周子さんに代わった。

──航平さんのモラハラや離婚騒動が報じられていますが、事実でしょうか。

「う~ん。正直ね、私たち夫婦でなく息子夫婦のことでしょう? だからどうなのかと聞かれても、よくわからないんですよ。それに、私たちがその質問に答えることって、なにか変じゃありませんか」

当初、そう答えた周子さんだが、「いまでもお母さんは航平さんの応援団ということですよね」という記者の言葉に、息子を守らねば、という気持ちが刺激されたのだろうか、次のように語ったのだ。

「(『週刊文春』で)報じられていることは、どうもあちらさんのご両親などがお話ししたことのようですね」

誤解のないよう明記するが、『週刊文春』には千穂さんの両親が取材に協力したという記述はない。にも関わらず、周子さんはそう信じているようだった。千穂さん一家との亀裂が伝わってくる。

さらに、周子さんは両家の隔たりを明言した。

「私たち、あちらのご両親とは、ちゃんとお話ししたことが今までもないし。きっと、自分のお嬢さんに都合のいいことをお話ししたんじゃないかと思うんですよ。あることないことね。

息子夫婦や家族がこれからどういうことになるかは、当人じゃないので私にはわかりません。航平本人に直接お聞きになるのが正しいのだと思いますよ。ごめんなさいね、そういうことですから」

一気に話すと、そのまま電話は切れてしまった。

周子さんといえば、息子への過剰なほどの溺愛ぶりが有名だ。

「試合会場でおさげ髪に日の丸のハチマキをして、『航ちゃん!』と熱狂的に応援する姿はもはや名物。子離れできず息子に嫌われたとして『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演し、息子の髪や爪をコレクションしていたことを明かしたこともあります」(テレビ局関係者)

強烈なキャラクターの一方で、体操関係者のなかには「周子さんは面倒見がよく、批判的なことも言わず前向きな人」と評する人も。

だが周子さんは、前述のように本誌取材で、嫁一家を“嘘つき”扱いして語るほど、千穂さんやその両親に不信感を抱いているのだ。

以下全文 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/d30f37e1254fc857c3c5ff90686de3416d314c4e
https://news.yahoo.co.jp/articles/d30f37e1254fc857c3c5ff90686de3416d314c4e?page=2


【【嫁の両親】AA!!実母がwwwwモラハラ報道にwwwwに猛反論かww!!】の続きを読む


2度目の冬季五輪を目指す札幌市。どうしてもやりたいらしい。自分はオリンピックには賛成でしたが、東京五輪を見てから開催反対です。どこの国の五輪だったのか、バッハのボッタクリ・輩たちの中抜き・かの国の人権問題・橋本聖子の不信感など多くある。今やとても平和の祭典には程遠いと思うが、いかがでしょうか。ついでにもうひとつ、女性の種目に筋肉男を出すジェンダーとやら。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/01(土) 06:07:42.07

時計2022/1/1 06:00

 2030年以降の大会招致に関心を示す都市や国
 札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長らと日本側が今後の開催地選定の日程などについて21年12月に水面下で協議していたことが31日、分かった。
複数の関係者によると、IOCによる候補地の一本化の時期は現時点で22年夏から冬ごろと見込まれている。札幌は開催実績や運営能力への評価が高く本命視されており、同年中に事実上、開催が内定する可能性もある。住民の支持を得られるかどうかが鍵となる。

 1972年以来となる2度目の冬季五輪開催を目指す札幌は、3月にも北海道全域を対象に招致の是非を問うアンケートを実施する予定。

https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/202201/0014956890.shtml


【【悲報】 AA!!内定か wwwwIOC中抜きwwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ