#ロシア


CAS)は、国際オリンピック委員会によって1984年設立され、スポーツで起きたトラブルを、裁判所ではなく、スポーツ界の枠内で解決をめざすことを目的とした一審制の仲裁機関のことである。 1994年にIOCから独立、スポーツ仲裁裁判所を運営するスポーツ仲裁国際理事会 (ICAS: The International Council
3キロバイト (366 語) - 2022年2月16日 (水) 14:17


CAS・スポーツ仲裁裁判所は、ロシアのカミラ・ワリエナ選手のドーピング問題について、祖父の持病薬が混入したとした。IOCは暫定的に扱うとした。ボッタクリ・バッハがいる限り闇。

1 ひかり ★ :2022/02/18(金) 08:44:50.59

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、北京五輪フィギュアスケート女子シングルで4位に終わったカミラ・ワリエワ(ROC)のドーピング問題についての仲裁手続きの詳細を公開した。41ページにおよぶ文書には、ワリエワが検出されたドーピング禁止物質トリメタジジンは、祖父の所持する薬が原因で混入したと主張していることなどが記されている。

 文書によると、13日夜に行われた公聴会でワリエワと母は、心臓に持病のある祖父は普段から練習場と自宅を車でワリエワを送り迎えしていると説明。同じグラスを使うなどして祖父が使っているトリメタジジンが混入した可能性を訴えている。祖父本人も事前に収録されたビデオで主張を展開。発作が起きた時に対応できるよう、車の中にトリメタジジンを置いているといい、薬のパッケージをカメラに向かって見せたという。

 疑惑の視線が向けられながらも女子シングルのショートプログラムで首位に立ったワリエワは、17日のフリーではジャンプの失敗が相次いだ。演技を終えると涙がこらえきれず、得点を待つ間も涙が止まらなかった。141・93点は自己ベストを40点近く下回り、4位に転落しメダルを逃した。

 IOCは、今大会のワリエワの成績の取り扱いについては、「暫定的」なものとして扱うことを明言している。
報知新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/ebb8423e7ac0a6a33975169448f67bd9f0c16a0b


【【闇の中】AA!!仲裁手続き文書公開wwドーピング疑惑ww!!】の続きを読む


NATOコードネーム(ナトーコードネーム)とは、北大西洋条約機構(NATO)がソビエト連邦(ソ連)をはじめとする東側諸国の装備(兵器)に付けたコードネームである。正式な英語名は、NATO reporting name(NATO報告名)。 航空機、ミサイル、艦艇、電子兵装がその対象で、このうち航空機
6キロバイト (879 語) - 2022年1月26日 (水) 07:23


ロシアから見れば、喉元のナイフは脅威だし、ウクライナにすれば、自分を守る砦であるし、でも、ロシアの威圧は異常かな。


1 蚤の市 ★ :2022/02/12(土) 07:01:08.71

ウクライナへの軍事侵攻はありうるのか。JNNの単独インタビューに応じた駐日ロシア大使は「我々次第ならば戦争はない」と明言する一方、欧米への強い警戒感もにじませました。

10日から始まっているロシアとベラルーシの大規模な合同軍事演習。ロシア極東から移送された地対空ミサイルS400や戦闘機など、最新の兵器がウクライナ国境周辺などに投入されています。

NATO ストルテンベルグ事務総長
「冷戦以降、最大規模だ」

NATO=北大西洋条約機構は、ベラルーシ国内に展開したロシア軍が3万人規模にのぼるとして危機感を強めていますが、それだけではありません。

こちらはウクライナ南部クリミア半島の軍港。2014年、ロシアに一方的に併合されましたがここにロシア艦船6隻が入り、近く演習が行われるとされています。ウクライナ東部付近のロシアの国境地帯などにもすでにロシア軍が配備されていることからウクライナは、ほぼ取り囲まれている形です。

こうした状況についてどう答えるのか。ガルージン駐日ロシア大使がJNNの単独インタビューに答えました。

記者
「圧力を受けていると感じても仕方ないと思うが、これについてどう説明を?」
ガルージン駐日ロシア大使
「私はそう思っていません。ロシアとベラルーシは連合国家であり、その連合国家の大きく大事な機能のひとつとしてお互いの防衛協力がある」

大使は、こう主張したうえでウクライナのNATO加盟への警戒感を強調しました。

ガルージン駐日ロシア大使
「もしウクライナがNATOの加盟国になるとすれば、例えばモスクワまでのミサイル到達時間が数分間まで短縮されてしまう。それは明らかに脅威ですよ」

またNATO側の判断については。

ガルージン駐日ロシア大使
「NATOの基本文書において、NATOが希望を出している国、手を挙げている国を必ず加盟させる義務があるというわけでもない」

駐日ウクライナ大使は会見でウクライナのNATO加盟は自分たちの安全保障のためだと強調しています。

ただフランスのマクロン大統領は"NATOとロシアが共存するための妥協案"として「ウクライナがNATOに加盟しないことだ」との考えを示したと、フランスメディアが伝えています。

こうした中、ウクライナは今回の合同演習に対抗する形で軍事演習を開始。アメリカから供与された対戦車ミサイルやトルコ製の軍事ドローンの投入などでけん制する構えですが、現地では複雑な感情も渦巻いています。

ウクライナ政府軍の元兵士 オクサナさん
「ごめんなさい・・・夫が亡くなったことを信じられませんでした」

ウクライナ政府軍の兵士だったオクサナさん。国内で親ロシア派との紛争が続き、夫は3年前に地雷を踏んで亡くなりました。娘は、夫の*3か月後に生まれました。

ウクライナ政府軍の元兵士 オクサナさん
「ロシアは侵攻するかもしれません。望まれれば娘を預けてでも戦闘に参加します」

軍に戻ることも考えていると決意を示しますが。

ウクライナ政府軍の元兵士 オクサナさん
「軍人として侵攻に備えますが、母親としては平和を望んでいるんです」

こんな思いを抱かずに済む日は、いつ訪れるのでしょうか。

TBS NEWS 2月11日 16時30分
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye6002452.html


【【脅威】AA!!ロシアはwwwwNATO加盟はwwどちらもww!!】の続きを読む


ドーピング」を含めて、オリンピックや競馬など多くの競技で禁止されている。現代では世界反ドーピング機関(WADA)などにより規制と厳重な検査が行われており、発覚すれば違反行為として制裁を科される。 「ドーピング (doping)」は、英語の dope(英語発音: [ˈdoup] ドー
104キロバイト (14,833 語) - 2022年2月5日 (土) 22:30


ロシアのフィギュアスケート選手のドーピング疑惑が濃厚か。血管拡張の有るものが検出されたようだが、ルールーを破っているのなら残念だ。


1 愛の戦士 ★ :2022/02/10(木) 10:55:04.95

2/10(木) 5:11配信
スポーツ報知

 北京五輪のフィギュアスケート団体戦でROC(ロシア・オリンピック委員会)の金メダル獲得に貢献したカミラ・ワリエワ(15)にドーピング疑惑が浮上した問題で、ロシアのスポーツ情報サイト「Sports.ru」は10日、検出された物質が血管拡張作用のあるトリメタジジンだったと報じた。検体は昨年12月に採取されたものだという。

 トリメタジジンは血管を拡張することで心臓の機能を緩和し狭心症発作を予防する効果があり、狭心症や虚血性心疾患の治療に用いられる。ドーピング検査の禁止薬物リストに入っており、18年平昌五輪ではロシアから出場したボ*レーの女子選手から検出され大会から追放処分を受けている。

 ワリエワのドーピング疑惑は、五輪専門メディアの「インサイド・ザ・ゲームズ」が9日に、8日に行われる予定だった団体戦のメダル授与式が中止となった理由を「ワリエワが北京五輪前に行った薬物検査が原因に含まれている」と報じたことで浮上。世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の規定で16歳未満のアスリートは正式に発表などが行えない。国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・アダムス広報部長も9日の定例会見で「法的な協議が国際スケート連盟と必要になった。新たに出てきた問題であり、明確になった時点で情報提供する」と述べていた。

 IOCは10日日本時間午前11時に定例会見を、午後3時から北京五輪組織委員会の会見が予定されており、動向が注目される。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/98a9d48cc81b23c0385829ad42563133f15e6507

★1:2022/02/10(木) 07:07:26.64
※前スレ
【北京五輪】ワリエワのドーピング疑惑 検出されたのは血管拡張作用の物質か 露報道 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644444446/


【【疑惑】AA!!ドーピングwwww物質はwwww情報サイトww!!!!】の続きを読む


を使った戦争は発生していないが、キューバ危機や2017年北朝鮮危機など、核戦争を引き起こしかねない危機は発生している。 核戦略の研究者の間では核戦争の発生や進行に関していくつかの派が存在する。 戦後に核戦争が起こらなかった原因として、どちらの超大国も、
22キロバイト (3,140 語) - 2022年1月4日 (火) 01:19


核戦争になれば勝者はいない。ロシアがけん制。もっともその通りです。核を使えば世界大戦になり世界は破滅する気がする。



1 どどん ★ :2022/02/08(火) 11:54:01.67

 ロシアのプーチン大統領は7日、緊迫するウクライナ情勢をめぐり、フランスのマクロン大統領とモスクワで会談した。ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)に加盟してロシアと戦争になれば、「ロシアは核保有国の一つ。戦争が起きれば勝者はいない」と牽制(けんせい)し、NATOの拡大停止などを求める姿勢を一層強めた。この日の議論は平行線だったとみられるが、対話の継続では一致した。

 5時間以上に及んだ会談後、プーチン氏はマクロン氏との共同会見で、ロシアの要求に対する先月26日の米国とNATOの書面での回答について、「我々の主な懸念が無視された」と改めて不満を示した。

 また、NATOはロシアを敵国とみなしているとして、その拡大に「絶対に反対だ」と強調したが、「これで終わったわけではない」とも述べ、返答を準備中だと明らかにした。
朝日新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/46f6e77a37f87fc0d238813ed708424ede6dce0a


【【核戦争】AA!!勝者はいないwwww戦争が起きればwwけん制ww!!】の続きを読む


ロシア領で親ロシアの住民が多いクリミア自治共和国・セヴァストポリ特別市を掌握した(ロシアのクリミア侵攻)。 クリミア自治共和国とセヴァストポリは、3月16日にウクライナからの独立とロシアへの編入を問う住民投票を実施し、その結果を受けて翌3月17日に両者はクリミア共和国として独立し、ロシアへの編入を求める決議を採択した。
152キロバイト (18,505 語) - 2022年2月1日 (火) 12:42


ロシアが数日~数週間以内、ウクライナに侵攻する可能性があるとしているが、何とか侵攻せずに外交努力をしてほしい。


1 ぐれ ★ :2022/02/07(月) 10:32:33.81

※ロイター

[ワシントン 6日 ロイター] - サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は6日、ロシアは数日もしくは数週間以内にウクライナに侵攻する可能性があるが、外交の道を選択する可能性も残されているとの認識を示した。

サリバン氏は米テレビ番組「FOXニュース・サンデー」で、「ロシアはすぐにでもウクライナに対し、軍事行動を起こす可能性がある。数週間後かもしれないし、代わりに外交的な道を選択するかもしれない」と述べた。

米政府当局者2人が5日に明らかにしたところによると、ロシアはウクライナへの全面侵攻に必要と考える戦闘能力の約7割を配備済みという。

ロシアはウクライナ国境周辺に10万人を超える部隊を集結させつつ、侵攻の意図を否定しているが、安全保障上の要求が受け入れられなければ何らかの軍事行動を取る可能性があると警告している。

続きは↓
ロイター (Reuters Japan): ロシアのウクライナ侵攻、数日中の可能性も 外交なお選択肢=米高官.
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-idJPKBN2KB0KS?feedType=mktg&feedName=worldNews&WT.mc_id=Partner-Google


【【侵攻】AA!!可能性もwwww外交のwwww選択はwwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ