#ミュージカル



劇団四季(げきだんしき)は、四季株式会社が制作企画・興行運営を行う、日本の商業演劇を代表する劇団である。初期はアート志向であり、シェイクスピア、チェーホフなど既存商業演劇(新派、コマ劇場、新橋演舞場など)よりは、新劇団体(俳優座、文学座など)に近い演目を持っていたが、1972年ごろからブロードウェ
60キロバイト (5,561 語) - 2022年5月1日 (日) 16:43
記事・画像は引用しております

劇団四季のミュージカル「ノートルダムの鐘」が開幕した。観劇した人たちの反響が凄まじく、初日の終演後からSNSでは絶賛の声が。本格的なミュージカルの素晴らしさを存分に堪能できること。

【【魅力的な】AA!!絶賛wwww劇団四季のwwww反響がww!!】の続きを読む


女優の米倉涼子(46)さんが11月に米ニューヨークのアンバサダー劇場で、ミュージカル「シカゴ」に出演することが決まった。ブロードウェイでの舞台は4度目。初めての新聞記者役に挑戦したいと意欲を見せている。日本の女優の実力を発揮して成功してほしいものですね。

1 鉄チーズ烏 ★ :2022/01/01(土) 04:40:01.18

1/1(土) 4:00配信 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd44746150946b5422d7aebfa99d58bad8e32ba6

 女優の米倉涼子(46)が11月に米ニューヨークのアンバサダー劇場でミュージカル「シカゴ」に主演することが決まった。ブロードウェーの舞台は2019年以来、3年ぶり4度目。全編英語で主人公ロキシー・ハートを演じる米倉は「好奇心がなくなったら終わり。2022年は挑戦の年にしたい」と意気込んでいる。昨年10月期のテレビ朝日系主演ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の撮影中に低髄液圧症候群が再発したことも明かした。(有野 博幸)

 4度目のブロードウェーに向けて、米倉は心を躍らせている。1996年の初演から25周年の節目ということもあり「私にとって『シカゴ』は不滅。25周年というロングランに関われることが光栄だし、やり遂げたい」。2021年にも出演が決まっていたが、コロナ禍で中止に。それだけに喜びは、ひとしおだ。

 演じるロキシー・ハートは「ドクターX」の大門未知子と並ぶ当たり役だ。「私の女優人生に切り離せない、一番誇りに思っている役柄。最初はチャーミングさを自分の中で意識的に作っていたけど、それも削っていきながら、大人のロキシーを演じられたら」と強い愛着を明かした。

 「シカゴ」はロキシーとヴェルマという2人の悪女がのし上がっていく物語。「日本では大門未知子という正義の味方みたいな役をやっているけど、一匹オオカミとか悪役も好き。ロキシーは生きる強さがあって面白い。見た目はヴェルマの方が格好いいけど、途中から出てきて奪うのが楽しい。あの場所に行きたい、どうにかして生き抜いてやる、という気持ちが私とロキシーのつながりかな」と自身との共通点を語った。

 12年に「シカゴ」でブロードウェーデビューしてから10年。最初から順風満帆ではなかった。「最初はカンパニーのみんなを巻き込んで疲れさせてしまった。みんな『涼子がうまくできるかどうか、心配で緊張した』と言っていたらしい。前回(19年)くらいから、楽しむことができるようになった」。日本での実績が通用しない世界に飛び込んだことが女優人生の糧になっている。

 ヴェルマ役のアムラ=フェイ・ライト(61)の存在が心の支えとなり「ブロードウェーに行くこと自体は怖くなくなった。仲間であると認識してくださっているので」。入れ替わりの激しいブロードウェーでは、その日によって違うキャストと共演することも日常茶飯事で「それも含めてブロードウェーを楽しみたい」と瞳を輝かせている。

 昨年秋の「ドクターX」撮影中に低髄液圧症候群が再発し、健康面の不安を抱えていることも事実。「脳の病気なので、視神経が影響を受けやすい。光を受けると、その残像が線になって、前が見えなくなってしまう。真っすぐ歩くことはできないし、踊っても座り込んでしまう」。ドラマ撮影中はつえをつきながら、精神力で乗り切った。

 現在は症状が安定しているが、再発の不安を抱えながら「自分にできるのか」と自問自答。熟慮した上で「『もう一度ブロードウェーの舞台に』という夢がかなうなら、やってみたい」と挑戦を決断した。万全の準備をして4度目の夢舞台に挑む。

 ◆低髄液圧症候群 髄液が少なくなり、頭痛、めまい、首の痛み、視力低下、倦怠感などの症状が出る病気。髄液は通常、一定量が保たれるように調整されているが、何かしらの原因で減少すると、脳の位置が動いてしまう。その結果、脳の血管や硬膜が刺激され頭痛などの症状が誘発される。

 ◆ミュージカル「シカゴ」 1996年のリバイバル版初演から25周年を迎え、米国作品として歴代1位のロングランを記録。「ブロードウェーミュージカルの代名詞」とも言われている。1920年代のシカゴを舞台に2人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリー。過剰な演出を排除し、俳優たちの力量を存分に発揮させるのも「シカゴ」ならでは。11月のブロードウェー公演に続き、12月に東京国際フォーラム・ホールCで来日公演を行う。

 ◆「若くないけど」初の新聞記者役Netflix13日配信

 〇…米倉は13日に配信開始するNetflixオリジナルシリーズ「新聞記者」に主演する。初めての新聞記者役に「あんまり若くないですけど、挑戦していきたい」と意欲を見せている。昨年、バラエティー番組で占い師から再婚の可能性を指摘されたが、「ワンちゃんを迎えて、すっかり親になったので、その子たちが元気に育ってくれたら、それが一番大事」と愛犬を溺愛していることを明かし、結婚を否定した。


【【シカゴ】AA!!3年ぶり4度目wwww新聞記者wwww挑戦wwww!!】の続きを読む


女優で歌手の神田沙也加さんが18日に急死し、衝撃が走った。親の七光りを借りず、自力で活動の場を切り開いたにも拘わらず誹謗中傷。悔しい心の叫び。きっと、きっと悔しいはずの、無念の姿に追いやられた。社会や芸能界という闇だらけの中。また一つ尊い命が消えた。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/20(月) 06:11:53.29

12/20(月) 5:15配信
東スポWeb

ミュージカルでも高い評価を得ていた神田沙也加さん(東スポWeb) 

 女優で歌手の神田沙也加さん(享年35)が18日に急死し、衝撃が走った。沙也加さんは父で俳優の神田正輝(70)、母で歌手の松田聖子(59)の威光を借りず、自力でミュージカル界で活躍。最新ミュージカル「マイ・フェア・レディ」では主演するなど仕事は順調だったはずだが、隠された〝心の叫び〟があったという。

 神田さんは2018年、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」で宝塚出身の女優の朝夏まなととともにダブルキャストで主演していた。今回は3年ぶりの再演。11月の東京公演を皮切りに、今月から埼玉→岩手→札幌と全国をめぐる予定だった。

「『マイ・フェア・レディ』はオードリー・ヘップバーン主演で映画化された不朽の名作。日本でも50年以上にわたってミュージカルの公演が重ねられてきました。18年には沙也加さんは主演に抜てきされて当時、大喜び。同時に『重圧もこれまでになく相当なものでした』と話していました。3年ぶりの今回の再演では『よりブラッシュアップしたいんです!』と周囲に話して意気込んでいましたが、一方で完成度を上げたいと焦りも抱えていたようです」(ミュージカル関係者)

 札幌公演は今月17〜20日。うち、沙也加さんが主演予定だった18日昼公演は「ひと足早くチケットが完売し、特に注目されていました」(同前)。

 神田さんを知る関係者によると、性格は繊細で頑張り屋さん。デビューした当初は「親の七光」とやゆされることもあった。舞台演出に関わる関係者は「舞台俳優として十分な力があるから仕事のオファーが絶えなかったのに、過去に親の七光と言われたことをずっと気にしており『親への忖度ではないか…』と、いつも不安を口にしていた。役作りも完璧なのに、どこか自信なさげだった」。

 仕事だけではなく、プライベートでも悩みを抱えていた。2019年末に村田充と離婚した直後、元ジャニーズJr.内ユニット「MADE」の秋山大河との交際が一部で報じられた。しかし翌20年1月にMADEは解散、秋山はジャニーズ事務所を退所した。「一部の人たちは秋山の退所、MADEの解散を神田さんとの熱愛報道があったからとし、神田さんのSNSには毎日のように罵詈雑言がDMで送られた。だけど、なかなか周囲に相談できなかったようだ」(テレビ局関係者)

 神田さんと秋山、そして知人が仲良さそうにシュークリームを用いてロシアンルーレットに興じるプライベート動画が流出したこともある。「その動画に映っていたのは、神田さんと秋山を含めて3人。神田さんは動画の流出元を巡って、人間不信のような感じになっていた」(前同)

 過去には、精神的な不安を隠していると告白していたことも分かった。

「インスタグラムのストーリーズ(24時間で投稿が消える機能)で、ヘコんだり不安になったりすることはありますか?とファンから聞かれたことがあったんです。沙也加さんは『人前に出る仕事なのでそれはひた隠しにしています』といった趣旨で気丈に返していました。弱ったところを周囲に見せない人でした」(前出ミュージカル関係者)

 あまりにも早すぎる死に、日本中が悲しみに暮れている。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae97be2426cd13217086588605c0375534f5e17d


【【誹謗中傷芸能界】AA!!切ない叫びwwww仕事もプライベートもwwww!!】の続きを読む


歌舞伎俳優の市川猿弥さん(52)が、ミュージカル初挑戦となる「ブロードウェイ・ミュージカル『エニシングゴーズ』」で注目を集めている。歌舞伎で、何でもできることが凄いですね。

【【歌舞伎】  何でもあり、市川猿弥ミュージカル】の続きを読む


記事・画像は引用しております

細田守の映画「バケモノの子」を劇団四季がミュージカル化。
「バケモノの子」では、バケモノたちが暮らす異世界と東京・渋谷を舞台にバケモノの熊徹と、あることをきっかけにバケモノの世界に迷い込んだ主人公を中心とした物語を展開。ミュージカル版では特殊メイクやパペットなどを用いて、さまざまなバケモノや異世界が描かれている。2022年4月30日開幕です。皆様、お楽しみに。

【【芸能ネタ】AA!!ミュージカルwwバケモノの子ww劇団四季ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ