#ボイコット


オーストラリアのモリソン首相は8日、中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害などを理由に、来年2月の北京五輪に閣僚や高官などの政府代表を派遣しないことを明らかにした。良い判断を、当然ですね。世界が人権問題に対して、もっと勇気と声を上げてもらいたいですね。

1 マスク着用のお願い ★ :2021/12/08(水) 09:07:40.73

https://nordot.app/841098645476868096
豪も五輪外交ボイコット表明
北京冬季大会、米に追随

【シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相は8日、中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害などを理由に、来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックに閣僚や高官などの政府代表を派遣しないことを明らかにした。シドニーで記者団に語った。バイデン米政権が6日に表明した「外交ボイコット」に続くものになる。

 オーストラリアと中国の関係は昨年以降、急速に悪化した。新型コロナウイルスを巡り各国が発生源調査を求めたことに中国は反発。オーストラリアを標的にして、石炭の輸入制限やワインの制裁関税などで経済的圧力を強めている。

2021/12/8 08:45 (JST)12/8 09:01 (JST)updated
c 一般社団法人共同通信社


【【速報】AA!ボイコットwwwwオーストラリアWWWW外交wwww!!】の続きを読む


政府が来年2月、北京冬季五輪への閣僚派遣を見送る方向で検討していると。当然のこと。人権問題を蔑ろにはできないし、してはいけない。今、各国でボイコットの声を上げている。中国が何を言おうと恐れることも、ひるむこともない。正しい判断をしているだけ。いっそ、選手団も関係者もボイコットしてほしいくらいだが、無理だろうな。

1 マカダミア ★ :2021/12/08(水) 08:28:33.56

政府が来年2月に中国で開かれる北京冬季五輪への閣僚の派遣を見送る方向で検討していることが7日、わかった。米国は政府代表を派遣しない「外交的ボイコット」を表明しており、日本としても新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権弾圧などを踏まえた対応を取る。複数の政府関係者が明らかにした。


中国政府は今年7月の東京五輪開会式に苟仲文(こう・ちゅうぶん)国家体育総局長を出席させた。このため、日本も外交上の「返礼」として、北京五輪に同じ閣僚級を出席させる案も取り沙汰されてきた。

ただ、中国の人権問題などに対する批判が欧米で拡大。与党などからも首相や外相ら閣僚の出席は国際社会に誤ったメッセージを与えるとの指摘が出ていた。

政府内では、閣僚ではないスポーツ庁の室伏広治長官や日本オリンピック委員会の山下泰裕会長を派遣する案が浮上している。苟氏は閣僚級だが、中国オリンピック委員会のトップも兼ねる。

政府関係者ではない山下氏を派遣することになれば、外交的ボイコットを打ち出した米国と一定程度足並みがそろうとみられる。政府は中国側の対応や米国以外の先進7カ国(G7)の動向なども見極めつつ、最終判断する見通しだ。

岸田文雄首相は7日、官邸で記者団に対し、米国が北京五輪の外交的ボイコットを発表したことを受けた日本の対応について、「五輪の意義、わが国の外交にとっての意義などを総合的に勘案し、国益の観点から自ら判断していきたい」と述べた。

林芳正外相も記者会見で、「適切な時期に諸般の事情を総合的に勘案して判断するが、現時点では何ら決まっていない」と語った。さらに中国の人権問題に関し、「自由、基本的人権、法の支配が中国においても保障されることが重要だ」と指摘した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e7dec8398cd80253c652c74f7ca9ef98a5f5b994


【【当然】AA!検討WWWWW北見送りだAAAA閣僚派遣wwww!!!!】の続きを読む


バイデン政権は、22年北京五輪・パラリンピックにいかなる外交・公式代表も派遣しない。人権侵害を念頭に置いている。アメリカは正しい判断をした。できるなら選手団も参加しないでほしいが。それに引き換え日本政府はお粗末に尽きる。未だに何も発していない。どうせ、しっぽを振って高層の誰かがいくだろう、恥も外聞もなく。選手団もいくだろう。残念だ。

1 香味焙煎 ★ :2021/12/07(火) 03:58:48.91

【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は6日の記者会見で、2022年2月の北京冬季五輪に選手団以外の外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を発表した。米政府が懸念する新疆ウイグル自治区などでの中国の人権弾圧に抗議する狙いがある。

サキ氏は「バイデン政権は22年の北京冬季五輪・パラリンピックにいかなる外交・公式代表も派遣しない。中国がウイグルで大量虐殺や人道上の罪を*、その他の人権侵害を続けていることを考慮した」と述べた。
米国の選手団は通常通りに派遣し「全面的に支援し、100%応援する」と語った。

バイデン米大統領は11月中旬に北京冬季五輪の外交的ボイコットを検討していると明らかにしていた。バイデン政権は日本や欧州などの同盟国・友好国に同調を求めず、各国が個別に判断すべきだとの立場だ。国際社会がどこまで追随するかが焦点になる。

米欧は中国によるウイグルやチベットでの人権侵害、香港での民主化勢力の弾圧を問題視してきた。バイデン氏は11月15日に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とオンライン形式で協議した際にも中国の人権侵害について懸念を伝えた。

過去の五輪では、東西冷戦時代の1980年に米国や日本など一部の西側諸国がモスクワ夏季五輪に選手団も派遣しない全面的なボイコットに発展した。当時のカーター米政権がこの前年にあった旧ソ連のアフガニスタン侵攻を批判し、不参加を呼びかけた。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06D020W1A201C2000000/


【【ボイコット】AA!OOOO政権wwwww北京五輪wwwww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

北京五輪のボイコット問題がクローズアップされていますが、中国は、どうしてボイコットされるのかを、よく考えていただきたい。原因を排除すれば、そのような問題は解決されるだろうし、北京五輪が成功に向かうのではないか。

【【速報】AA!!冬季五輪wwwwボイコットww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ