#プーチン氏


“ロシア政治専門家 プーチン重病に自身推測語る「本当にヤバイ」「20年仕えていた人が銃殺されてる」”. 筑波大学 中村逸郎教授 Yahoo!ニュース. 2022年3月5日閲覧。 ^ これは上述ステロイド剤服用を強化する。 ^ 深沢亮爾 (2022年4月3日). “プーチン氏が甲状腺の病気治療か、がん専門家ら別荘に4年で166日間滞在”
144キロバイト (19,287 語) - 2022年4月24日 (日) 00:38
プーチン氏の病気説が取りざたされているが、大丈夫なのか。画像や動画が上がっていて、内外に疑問をなげかけているようだ。


1 ぐれ ★ :2022/04/27(水) 06:56:55.37

※4/26(火) 17:55ニューズウィーク日本版

<病気の疑いは以前からあったが、これほどはっきり普通でない動きは初めてかもしれない。プーチンは大丈夫なんじゃなかったのか?>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が病気にかかっている、あるいは何らかの慢性疾患を抱えているとの噂が飛び交う中、ホワイトハウスは4月25日、同大統領の健康状態に関して臆測することを拒絶した。

■「プーチン病気説」を再燃させた「決定的」動画

この日の会見で、プーチン大統領の健康問題について質問を受けたホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、「お話しできるような判断はなく、特にコメントもない」と返答した。

尋常ではない

最近また、プーチンの尋常でない様子を捉えた複数の動画が出回っていることから、同大統領の健康状態に関する疑問が再燃している。ロシアがウクライナに軍事侵攻しているときだけに、これは特に重要な問題だ。

動画の1つは、ツイッターユーザーの「Visegrad 24」が投稿したもので、100万回以上再生された。ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領との会見に臨む直前のプーチンだ。

動画の中で、プーチンは当初、1人で立っている。片方の手を挙げるが、その手は震えて見え、その震えは、手を自身の胸に押しつけるまで止まらなかった。その後プーチンは、ぎこちない足取りでルカシェンコの方へ向かい、抱擁を交わした。


Visegrad 24はコメントで、プーチンの手の震えや、硬直したような足の動きに触れ、プーチンの健康状態を判断してくれる医師はいないか呼びかけている。またプーチンがパーキンソン病を患っている可能性にも言及している。

メイヨー・クリニックの解説によると、パーキンソン病は進行性の神経系疾患で、人の体の動きに影響を与えることがある。

「症状は徐々に進行する。片方の手が、よく目をこらさないとわからないほど細かく震えるといった症状が、最初に起きることもある。震えはよくある症状だが、体がこわばったり、動きが緩慢になるといった症状もよくみられる」と、メイヨー・クリニックの公式ウェブサイトにはある。

また同説明では、パーキンソン病にかかると、初期の段階では顔の表情がほとんど、あるいはまったくなくなることがあり、その結果、声が小さくなったり、発話が不明瞭になったりするという。「パーキンソン病の症状は、時間の経過と共に進行する」と、メイヨー・クリニックは説明している。

続きと動画は↓
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/04/post-98578_1.php


【【大丈夫!】AA!!病気説の決定打wwww怪しい動画wwww!!!!】の続きを読む



記事・画像は引用しております

甲状腺分化癌と呼び、甲状腺癌の90%以上を甲状腺分化癌が占める。診断を行う際には、超音検査で行うよう推奨されている。穿刺吸引細胞診により鑑別診断される。年々、甲状腺がんの患者数は増加しているが、背景には検査法が進歩したことで、より小さながん
60キロバイト (9,191 語) - 2022年2月2日 (水) 10:03
記事・画像は引用しております

プーチン大統領は甲状腺癌ではないかと言われれていて、健康不安説が流れている。今後のウクライナ情勢がどう進んで行くのか世界中に影響を及ぼしている。

【【不安を抱え】AA!!健康がwwww甲状腺がんwww影響はww!!】の続きを読む


 ウクライナ ミクロネシア 2022年3月7日、ロシア政府は、日本や米国、ウクライナなど48の国や地域について、ロシア連邦やその企業、国民に対する「非友好的な国・地域」に指定したと発表した。欧州連合、イギリス、韓国、台湾などが含まれている。 アメリカは1933年にソ連を国家として承認した。1930年
6キロバイト (774 語) - 2022年3月8日 (火) 00:45
プーチン氏は、西側諸国の制裁の中、非友好国への食料輸出を監視するという。国内の食料は完全で、輸出には厳しく対応するようだ。


1 どどん ★ :2022/04/06(水) 14:03:36.57

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け西側諸国から制裁を科される中、「非友好国」への食料輸出を注意深く監視する考えを示した。

  プーチン氏は農業関連の会合で「世界的な食料不足を背景に、今年は国外への供給を慎重に行わなければならない。わが国にとって明らかに友好的でない国への輸出は注意深く監視する必要がある」と述べた。

 プーチン氏はまた、国内の食料需要は完全に満たすことができるとし、(輸入品を自給化する)「輸入代替政策」を強化するよう担当者に促した。

 さらに、国民が水産物を含む高品質食品を入手できるよう、外的要因に伴う悪影響を最小限に抑えることが重要だと語った。

 ロシアは肥料の主要生産国だが、金融面や物流分野での対ロ制裁により輸出に悪影響が出ている。そのため国外でも農業生産が減少したり、燃料価格が一段と上昇したりする可能性が出てきた。

 プーチン氏は、肥料輸出の再開に向けては物流と保険に関する問題を解決する必要があると指摘した。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2be3abdd59d70b158d044f63364143da1cdde7b


【【非友好国には】AA!!厳しくww対応するWW食料輸出監視ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ