#プーチン大統領


原爆忌(げんばくき)とは、慰霊の日一つで、原子爆弾が投下された。8月6と8月9二つある。夏あるいは秋季語。(立秋がこの時期ため) 8月6は『広島原爆忌』『広島原爆の日』と言い、1945年8月6にアメリカ軍による広島市へ原子爆弾投下に由来する。8月9は『長崎原爆
1キロバイト (179 語) - 2021年5月11日 (火) 04:10
広島平和記念式典に招待されずのプーチン大統領や大使は、フェイスブックに恥ずべき行為と駐日ロシア大使。招待は無理でしょう。ウクライナ侵攻や虐殺が行われたのだから。


1 powder snow ★ :2022/05/26(木) 05:44:02.81

https://nordot.app/902221730347597824

ロシアのガルージン駐日大使は25日、広島市が8月6日の「原爆の日」に開く平和記念式典にプーチン大統領と自身を招待しないことを決めたのは「恥ずべき措置」だとフェイスブックで批判した。

 広島市は例年通りプーチン氏らを招待しようと準備していたが、ロシアのウクライナ侵攻を受けて日本政府から招待しないよう促され、取りやめた。ガルージン氏は、日本側がロシアによる軍事作戦を理由に「拒絶を選んだ」と強調した。

 ロシアがウクライナで核兵器を使おうとしているとの「ばかげた作り話」を日本側が拡散しているとも主張。


【【恥ずべき行為】AA!!招待せずww原爆の日ww大統領や大使をww!!】の続きを読む


停戦(ていせん)とは戦争や武力紛争の一時的な停止をいう。 戦争・紛争の双方の当事者が互いに攻撃的行為や敵対行為を一時停止することに合意すると停戦状態になる。 限られた時間、または限られた場所で戦闘が停止され、その間に負傷者や犠牲者の救出が行われたり、本格的な休戦協定や終戦への交渉が行われたりする。
4キロバイト (470 語) - 2022年3月18日 (金) 21:04
ロシア外務省はウクライナとの停戦協議が事実、上打ち切られたと発表。停戦協議は互いに思惑があり難しい。アメリカは止めさせたくないだろう。ロシアも止める気がない。


1 powder snow ★ :2022/05/18(水) 09:12:12.53

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6d20cecca453cee5629c7eebae434fb5b7860c7

ロシア外務省のルデンコ次官は、ウクライナとの停戦協議が事実上打ち切られたと発表した。

 タス通信によると、停戦協議のメンバーでもあるロシア外務省のルデンコ次官は先ほど、ウクライナとの停戦協議について、「もはやいかなる形でも行われていない」とコメントした。ウクライナ側が協議を事実上打ち切ったためだと主張している。

 両国の停戦協議が対面式で最後に行われたのは3月末のトルコで、それ以降はオンラインでの交渉が続けられていた。(ANNニュース)

★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652812589/


【【交渉打切り】AA!!停戦協議wwは事実上wwロシア外務省ww!!】の続きを読む


北大西洋条約機構 (NATOからのリダイレクト)
(きたたいせいようどうめい)とも呼ばれる。 NATOは、独立した加盟国が外部からの攻撃に対応して相互防衛に合意することで、集団防衛のシステムを構成している。加盟国は、域内いずれかの国が攻撃された場合、集団的自衛権を行使し共同で対処することができる。NATOの本部はベルギーのブリュッセルのエヴェレにあ
64キロバイト (7,034 語) - 2022年5月15日 (日) 17:35
プーチン大統領は、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟に問題ないと表明。う~ん、加盟に反対じゃなかったのか。裏があるのか。


1 ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) [US] :2022/05/16(月) 23:58:23.02


プーチン大統領、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟に問題ないと表明

プーチン大統領は15日、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟はロシアに脅威をもたらさないので問題がないと述べた。

https://ria.ru/20220516/problemy-1788813075.html
フィンランドやスウェーデンのNATO加盟とウクライナのNATO加盟を「別物」と定義することで事態を収拾したいのかもしれない

集団安全保障条約(CSTO)の首脳会議に出席したプーチン大統領は「フィンランドやスウェーデンのNATO加盟はロシアに脅威をもたらさないので問題がない」と述べ、
ペスコフ大統領報道官も「我々と北欧2ヶ国の間に領土問題が存在しないが、ウクライナとの間には領土問題が存在する。
もしウクライナがNATOに加盟するとロシアはNATOとの間で領土問題を抱えることになり、これは欧州全体にとっても大きなリスクになるだろう」と説明した。

以下
https://grandfleet.info/russia-related/putin-states-that-finland-and-sweden-have-no-problem-joining-nato/


【【問題ない?】AA!!表明したwwNATO加盟をww!!!!】の続きを読む


ぜレンスキー大統領ーはマクロン大統領に対し、ロシアとの対話は無駄だと明かした。マクロン大統領は仲裁をして国民にやってる感か、ロシアにすり寄りたいのか分からない。


1 どどん ★ :2022/05/14(土) 12:41:24.16

【AFP=時事】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は13日に公表されたインタビュー原稿で、フランスのエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領がロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領との建設的な対話を模索していることについて、「無駄」だとする考えを明らかにした。

 メッセージアプリ、テレグラム(Telegram)のゼレンスキー氏のチャンネルに投稿された原稿によると、ゼレンスキー氏はマクロン氏について「ロシアに逃げ道を与えてはならないのに、無駄な努力をしている」と述べた。

 さらに「ロシアとウクライナの仲介で結果を出したかったのだろうが、何の成果も得られなかった」と述べた。

「(ロシアは)自ら望み、必要性を理解するまで」戦闘の終結を求めることはないだろうとも語った。

 仏大統領府は13日、マクロン氏が「ゼレンスキー大統領の合意なくプーチン氏と何かを話し合ったことはない」とAFPに述べた。「マクロン氏は常に、ロシア側との交渉条件を決めるのはウクライナ人だと述べている」と説明した。

 マクロン氏は今週、ロシアとウクライナは交渉を通じて停戦する必要があるが、どちらかが「屈辱」を受ける形であってはならないと述べていた。

 だが、ゼレンスキー氏はインタビューで「プーチン氏と対話する方法を見つける必要があると考える欧州の指導者もいる」とした上で、「われわれは何年もそれを探してきた。そしてきょう、その道筋の上にはしかばねが、わが国民のしかばねが散乱している」と述べた。

 ゼレンスキー氏はプーチン氏と直接話したいが、「話し合える段階は過ぎ去った」と語った。

 マクロン氏は、ロシアのウクライナ侵攻後もプーチン氏と対話を続けてきた数少ない西側首脳の一人で、幾度も電話会談を行っている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ea34693aab3a491e231675a0d0264cd76b16f69


【【やってる感!】AA!!対話wwwww無駄wwプーチン氏とはww!!!!】の続きを読む


クーデター(仏: coup d'état)は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。 フランス語で「国家への一撃」もしくは「国家に対する打撃」を意味し、発音は(ク・デタ 発音例) 、英語: [ˌkuːdeɪˈtɑː](クーデター)である。日本語では「クーデタ」や「クー
12キロバイト (1,746 語) - 2022年5月13日 (金) 01:35
ウクライナ諜報部門は、ロシアのプーチン大統領に対するクーデター計画が進行しているという。ロシア軍の劣勢が伝えられている中、プーチン大統領の病気の状態が悪いことが起因しているのかもしれない。それにしても、それをバラスって意味が分からない。逆な見方では、ウクライナでクーデターってことかもしれない。


1 蚤の市 ★ :2022/05/15(日) 09:10:51.91

 ウクライナ国防省の諜報(ちょうほう)部門トップのブダノフ准将は14日放映の英スカイニュースのインタビューで、ロシアのプーチン大統領に対する「クーデター計画」が進行しているとの見方を示した。ウクライナに侵攻したロシア軍の劣勢が引き金になっていると分析し、「計画は止められない」状況にあると述べた。

 ブダノフ氏は、ロシア軍が各地で敗北を重ねていると指摘。「それが最終的にロシアの指導者交代につながる。このプロセスはすでに開始されている」と述べ、プーチン氏の求心力低下を示唆した。

 また、プーチン氏が「がんやその他の病気」を患い、精神的・肉体的に「非常に悪い状態」にあるとも指摘した。ウクライナ側が情報戦の一環としてプーチン氏の重病説を広めていることを否定し、「確かな情報」と主張した。

 プーチン氏の健康状態を巡っては、英紙タイムズも14日に米誌を引用する形で「血液のがん」を患っていると報じた。

 一方、ブダノフ氏は戦況について「8月に重大局面を迎える」との見通しを示した上で、「戦闘行為は年内に終結するだろう」と述べた。「重大局面」の詳細な内容については語らなかった。【ロンドン篠田航一】

毎日新聞 2022/5/15 07:13(最終更新 5/15 08:30) 493文字
https://mainichi.jp/articles/20220515/k00/00m/030/014000c


【【進行中!】AA!!ロシアwwwwある計画wwウクライナ諜報部門ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ