#プロパガンダ


京大教授・藤井聡氏はロシアがウクライナへの侵攻はアメリカの挑発だという。確かに挑発はあると思う。が、主権国家への侵攻・侵略はダメだ。私見だが、アメリカのバックにはグローバル勢力の闇があり、動かされていると思う。だからこれを倒さなければ戦争にも大きく関わるという事なのだろう。



1 ボラえもん ★ :2022/06/19(日) 06:46:06.01
From 藤井聡@京都大学大学院教授

この度、表現者クライテリオンから、

「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”にどう備えるか?~

の特集号を出版いたしました。
この特集は、言うまでも無く、ウクライナへのロシアの侵攻についての特集。

ですが、このクライテリオンの特集は、一般的なテレビや新聞、雑誌の論調とは全く異なる角度からの記事をとりまとめたものです。
そもそも、ウクライナとロシアは今、国家の命運をかけて真剣に戦っているのです。その真剣な戦いが、幼児向けの戦隊ものや漫画の「勧善懲悪」の図式だけで語れる筈もありません。

しかしそれにもかかわらず、本年2月のロシアのウクライナ侵攻以後、国内のメディアは、そんな幼稚な「勧善懲悪」の図式の報道一色に染め上げられています。
このままでは、我が国日本の外交が適切なものから大きく歪められ、将来に対して巨大な禍根を残すことともなりかねません。
それではまるで、重要なビジネス上の交渉を、物事を単純にしか理解出来ない小学生に任せるような事になるからです。

本誌クライテリオンではこうした危機意識の下、「ウクライナ」の問題を多面的に考えるための様々な記事に基づいて特集を企画した次第です。
もちろん、米国を中心としたNATO諸国が言う様に、今回のウクライナ侵攻の様な「力による状況変更」は国際法違反であり、
かつ、ブチャであったと言われているロシア軍による残虐行為は、それがもし真実であるとするなら徹底批難すべき事柄であることは間違いありません。
そして、隣国の軍事大国からの具体的な侵略のリスクを抱えた我が国日本としては、同じような境遇の中で、ロシアから自らの主権を守るために必死になって戦う姿には、エールを送る他ないこともまた事実です。

しかし、伊藤貫氏の本特集記事『三十年間、ロシアを弄んできたアメリカ』の中で詳しく語られている様に、アメリカは執拗にロシアを摘示し、
その国力を脆弱化せんための様々な破壊的工作を行い、安全保障問題についても「約束破り」を繰り返してきた事もまた否定しようの無い事実です。
その事は、外務省の重鎮、東郷和彦氏が『「ウクライナ」は極東に何をもたらすのか?』の中で詳しく語っていることでもあります。

したがって、アメリカはこの戦争を、ロシアを追い詰めるための重要な好機として捉えている疑義が濃密にあるのです。
というよりむしろ、伊藤貫氏が主張する様に、アメリカは、ちょうど日本が戦争を始めるまでABCD包囲網をはじめとした様々な外交政策で日本を追い詰め続けた様に、
ロシアが「暴発」するまで、NATO東進を軸として徹底的に「刺激」「挑発」し続けたと言う側面が濃密に考えられるわけです。

ではなぜ、そこまでロシアはウクライナに拘るのかと言えば、座談会『戦争と人文学』で金子宗徳教授らが口を揃えて指摘している様に、
ロシアのナショナルアイデンティティの確立と維持・確保において、ウクライナは無くてはならない存在だからです。

ロシアにとってウクライナは、地政学的に重要な国であるのみならず、ロシアを中心としたスラブ民族の「自決」において必要不可欠なのだと認識しているわけです。

そしてこの発想に基づく国際的、国家的運動は、「英米を中心としたアングロサクソン支配体制」に対抗する、非アングロサクソン国家において普遍的に見られる反発運動なのです。
それは、今日の中国にしても、アラブ諸国にしても、そして、かつての「大日本帝国」にしても、そうした運動が繰り返されてきているのであり、
そうした連綿と続く、英米・アングロサクソン支配に対する挑戦運動の一つに、今回のロシアのウクライナ侵攻が位置づけられているという次第です。

……

しかし、こうした議論をTV等で展開すると「お前はロシアの回しものか!」「侵略を是認するのか!」といった激しいバッシングが起こるのが、今日の日本の世論環境です。

しかし、辻田真佐憲氏が「ウクライナ政府にプロパガンダはないのか?~情報戦のリアリズムを見よ~」で詳しく論じている様に、
ロシアは何の申し開きも出来ない完全に悪い国である、と見なす勧善懲悪図式は、自らの防衛をかけて必死で戦うウクライナ政府の「プロパガンダ」であると考えるのが冷静な態度というものです。

(全文はソースにて)
https://38news.jp/economy/22118

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1655562024/

【【挑発】AA!!そうだとwwウクライナ侵攻はwwアメリカのww!!!!】の続きを読む


ロシア兵が民間人を背後から発砲し殺害。略奪、飲み物です乾杯する映像が。真実かどうかが分からない。


1 お断り ★ :2022/05/14(土) 07:36:44.67

ウクライナへの侵攻を続けるロシア軍の兵士が武器を持っていない民間人を背後から射*、略奪を行ったとする映像をアメリカのCNNが報じました。

ロシア軍の兵士2人が男性2人が武器を持っていないか確認し、いったん解放します。
しかし、兵士は男性に銃口を向けると突然、背後から発砲しました。
撃たれた2人は倒れ込み、その後、死亡しました。
ロシア兵らはそのまま店内を物色し略奪に及びます。
なかには、店にあった飲み物で乾杯する兵士の姿も映っています。

動画


(出典 Youtube)



テレ朝 2022/5/13 11:47
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000254554.html

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1652456363/


【【速報】AA!!真実はwwww民間人をWW射殺ww略奪ww!!】の続きを読む


ベルゴロド(ロシア語:Белгород)はドネツ川流域にあるロシアの都市でベルゴロド州の州都である。モスクワから700km、ウクライナから40kmの位置にある。高速道路M2が走る。人口は337,030人。 セルビアの首都・ベオグラードと同じで、語源的には「白い町」を意味する。この地が石灰岩が豊富であったのに由来する。
5キロバイト (262 語) - 2022年2月27日 (日) 10:33
記事・画像は引用しております

ロシア領内の軍事基地に着弾する。だが、ロシアの自作自演かもしれないと。このニュースはほとんど流れていないのだが・・・・


1 リトナビル(SB-Android) [ニダ] :2022/03/30(水) 12:06:30.18


ロシアの軍駐屯地に着弾、ウクライナ側から発射の可能性大=タス https://reut.rs/3DmjpU8

ウクライナ国境に近いロシア西部の都市、ベルゴロド近郊で複数の爆発が起きたと地元当局者が明らかにしていた。


【【お返しする】AA!!爆撃wwwwロシア領土wwww軍事基地をww!!】の続きを読む


プロパガンダを必要としている。 なお市民的及び政治的権利に関する国際規約(自由権規約)は、戦争や人種差別を扇動するあらゆるプロパガンダを法律で禁止することを締約国に求めている。 報酬の有無を問わず、プロパガンダを行なう者達を「プロパガンディスト(propagandist)」と呼ぶ。 プロパガンダには大別して以下の分類が存在する。
102キロバイト (14,464 語) - 2022年3月23日 (水) 14:53
ロシア軍が撤退ではなく再配置だと、米国。多分その通りだろう。キエフ制圧失敗。その後、再配置で攻撃を仕掛けてくるだろう。プロパガンダに騙されてはいけない。


1 蚤の市 ★ :2022/03/30(水) 05:44:19.94

 【ワシントン時事】米国防総省のカービー報道官は29日、同省で記者会見し、ロシア軍がウクライナの首都キエフ制圧に失敗したと断定した。一方、ロシア軍部隊の一部がキエフから後退しつつあるが、「これは撤退ではなく(部隊の)再配置だ」との分析を明らかにした。

時事通信 2022年03月30日04時48分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2022033000149&g=int


【【警戒】AA!!騙されないwwww首都制圧に失敗ww再配置ww!!】の続きを読む


国家安全保障(こっかあんぜんほしょう、英語: national security)は、ある集団が生存や独立などの価値ある何かを、何らかの脅威が及ばぬよう何かの手段を講じることで安全な状態を保障することである。また、その目的のための体制・組織などを指す場合もある。国際関係における安全保障
55キロバイト (8,970 語) - 2022年1月30日 (日) 02:31
ぜレンスキー大統領は、安全保障の確約と中立性、和平合意は第3者が保証し、国民投票にかけるとしている。だが、ロシアはウクライナの分断を狙っているはず。簡単には引き下がらないだろうと思う。



1 ラルテグラビルカリウム(長野県) [CA] :2022/03/28(月) 08:03:53.99


ウクライナのゼレンスキー大統領は27日、ロシアとの和平合意の一環として、
ウクライナの中立化と東部ドンバス地方を巡る譲歩を協議する用意があると述べた。

ロシアのジャーナリストとのビデオインタビューで述べた。
ロシア政府は、このインタビューを報道しないようメディアに警告した。

ゼレンスキー大統領は「安全保障の確約と中立性、非核保有国の地位。われわれはこれに向かって進む用意がある」とロシア語で述べた。

和平合意は第三者が保証し、国民投票にかける必要があるとの考えも示した。

一方、ウクライナ軍の情報機関トップは、ロシアのプーチン大統領がウクライナを二つに分断し、
東部を掌握しようとしているとの見方を示し「ウクライナに南北朝鮮をつくろうとする試みだ」と述べた。

トルコ大統領府は、エルドアン大統領がプーチン大統領と27日に電話協議し、
ウクライナとロシアの次回の和平交渉をイスタンブールで今週行うことで合意したと明らかにした。
ウクライナとロシアの交渉担当者らも、対面での協議が行われると確認した。

ウクライナ、中立化と東部巡る譲歩の用意=ゼレンスキー大統領
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-idJPKCN2LO0LN


【【速報】AA!!それでいいのかNATO加入断念ww東部ドンバス譲歩 ww !!】の続きを読む

このページのトップヘ