#フェミニスト


フェミニズム(はんフェミニズム)またはアンチ・フェミニズム(英: antifeminism)は、フェミニズムに反対する思想や運動のこと。反フェミニズム論者のことを、アンチ・フェミニストという。マスキュリズム、バックラッシュ、反ジェンダーフリーと呼ぶこともある。「ポストフェミニ
14キロバイト (1,808 語) - 2022年3月26日 (土) 04:16
宝塚市の裸婦像「愛の手」に難くせをつけ撤去しろと騒ぐ、フェミニストやジェンダーたち。芸術をも否定する輩たち。こんな一部の偏見者たちに負けてはダメだ。芸術までも失ってしまう社会。不快と騒ぐなら、あなたたちが騒ぐことが不快である。


【【芸術の敵!】AA!!破壊するwwフェミwwこの彫刻ww撤去しろww!!】の続きを読む


現存する日本のミスコンテストで最も古く、長い歴史を持つ大会は1950年開始のミス日本である。 世界四大ミスコンテストとしては、ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・アースが挙げられる。 世界初の美人コンテストは、1888年9月16日にベルギーのスパで開催されたコン
25キロバイト (2,448 語) - 2022年5月3日 (火) 09:41
東京女子大学は、「ミスコン廃止」とツイッターで表明。こうやってジェンダーレス時代の流れに合わないという理由で廃止される。このジェンダーを叫ぶ輩・レイシスト・フェミニスト達の罠にはまり、住みずらい社会・生きずらい世の中にしている。この者たちのバックで操っている誰かを知るべき。


1 Ikh ★ :2022/05/27(金) 06:48:33.18

東京女子大学の大学祭「VERA祭」実行委員会は2022年5月23日、ミスコン「MissCampusContest」を廃止するとツイッターで表明した。廃止の理由に「ジェンダーレスな時代の流れに合っていないこと・大学の代表を決めるという目的にも関わらずほとんど顔で判断されておりルッキズムを助長しかねないこと」などを挙げている。

「ほとんど顔で判断されておりルッキズムを助長しかねない」
VERA祭実行委員会はツイートで「2022年 東女、ミスコン止めます」と大きな文字で書かれた画像を添えながら、こう伝えた。

「VERA祭におけるMissCampusContest、通称ミスコンは今年度から廃止することとなりました。廃止の理由としては、ジェンダーレスな時代の流れに合っていないこと・大学の代表を決めるという目的にも関わらずほとんど顔で判断されておりルッキズムを助長しかねないことなどです」

24日には「東女、ベラコン始めます」との画像を添え、新たに「VERA CONTEST(ベラコン)」を実施するとした。以下のように概要を書いている。

「VERA CONTEST(ベラコン)はミスコンから目的と企画内容を大きく変えた新企画です。外見を審査基準に含まず、期間中の広報大使としての活動を通して最も発信力の高かった方がグランプリとなります」

実行委員会は新たなコンテストの意義を訴え、応援を呼びかけた。

「人は外見で判断されるべきではない、ということを意識するきっかけとなる企画を目指しています。新企画への温かい応援よろしくお願いします!!」

ミスコン廃止と「ベラコン」新設は、実行委員会のインスタグラムでも伝えている。

https://www.j-cast.com/2022/05/25437967.html?p=all

※前スレ
【社会】東京女子大学、“ミスコン”廃止「ジェンダーレス時代の流れに合わない」「ルッキズム助長しかねない」 [デビルゾア★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653507127/


【【負けたか】AA!!ここでもwwミスコン”廃止wwジェンダーレスww!!】の続きを読む


少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈による。
92キロバイト (13,499 語) - 2022年5月16日 (月) 23:41
記事・画像は引用しております

少子化対策は失敗。保育所をいくら増やしても解決しない。収入が不安定な男性の結婚は増えない。そこから対策を講じなければ愚策をいくら並べてもダメ。政府の対策は少子化に仕向けているのかと勘ぐってしまう。いや、そうかもしれない。私見、少子化に三悪がある。経団連・竹中平蔵・フェミニストだ。もう一つ加えれば岸田自公政権ではないかな。


1 ボラえもん ★ :2022/05/25(水) 08:20:39.67

Action(活動) 週刊 経団連タイムス 2022年5月19日 No.3544
日本の少子化対策はなぜ失敗したのか
-人口問題委員会

経団連は4月12日、人口問題委員会(隅修三委員長、宮本洋一委員長、清水博委員長)をオンラインで開催した。
中央大学文学部・大学院文学研究科の山田昌弘教授から、「日本の少子化対策はなぜ失敗したのか」と題し、
これまでの日本の少子化対策の評価や今後必要な施策等について説明を聴いた。概要は次のとおり。

■ 少子化は日本社会の構造にかかわる問題
2020年の出生数は84万人まで減少しており、今後出生数が右肩上がりで増えることはない。

少子化は結婚や出産だけの問題ではない。
(1)少子高齢化(2)経済停滞(3)格差社会の進行(4)男女共同参画の停滞――という四つのトレンドが相互に関連し、悪循環を生み出してきた。
日本は、高齢化率が上昇する一方で、国際競争力はバブル経済のころをピークに低下してきた。
また、非正規雇用が増加し、若者は将来に期待を持てなくなっている。
加えて、「男は仕事、女は家事」といった日本特有の制度・慣行・意識が大きく変わらなかった。
娘の結婚相手の収入を気にする親も多く、「収入が相対的に少ない男性が結婚相手として選ばれない」という事実がある。
少子化対策として保育所を増やしても、収入が不安定な男性の結婚は増えない。

■ 少子化の日本的特徴・要因
これまでの日本の少子化対策は、欧米に固有の慣習や価値意識が日本にも当てはまるものと考え、
「大卒、大都市居住、大企業勤務」の働き手の両立支援に偏ってきた。育児休業制度も充実したが、雇用保険制度外のフリーランスや自営業の方は取得できない。

欧米の少子化対策は、(1)一人暮らしが多く、結婚・同棲に経済的メリットがある(2)女性は差別されず、仕事で自己実現を求める
(3)恋愛が盛んである(4)子育ては成人まで――の4点を前提としている。
そのため、子どもを育てながら働き続ける条件を整えればよく、収入が不安定な男性でも結婚できる。

一方、日本では親と同居の独身者が多く、特に地方で女性差別的な慣習が残る。
また、恋愛感情は重視されず、将来にわたり親に子育ての責任がかかる。このため、欧米のような両立支援だけでは効果的な少子化対策にならない。

若年男性の経済格差が拡大し、女性が十分な収入を得ることや働き続けることが難しいなか、「男性が家計を支える」という意識が続けば結婚は増えない。
今後の少子化対策は、「収入が不安定な男性をどのように結婚までもっていくか、そのような男性と結婚しても大丈夫という女性をどう増やすか」にかかっている。

■ 今後必要な施策
男女共同参画のさらなる推進、多様な家族を認めること、社会保障による下支えの3点が重要である。
また、今後は、現在親と同居する未婚者が中高年化するため、彼らの孤立が最大の社会問題になるだろう。

少子化対策の観点から若者が結婚しやすい状況を整えることだけではなく、中高年独身者が孤立せずに生活できる条件を整えるといった対策も必要である。
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2022/0519_07.html

※前スレ
【社会】専門家「保育所を増やしても少子化は解決しない。女性に選ばれない低収入男性をどうやって結婚させるかが問題」 ★6 [ボラえもん★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653431492/


【【少子化は】AA!!どうww解決するかww保育所増やしても解決はww!!】の続きを読む


サザエさん』は、長谷川町子による日本の漫画。また、その主人公となる「フグ田サザエ」の呼び名の一つである。 原作漫画は新聞連載の4コマ漫画である(ただし、5ページほどのショートストーリー漫画が雑誌連載されており「別冊サザエさん」に収録されている)。西日本新聞社から独立したフクニチ新聞社の整理部長牟田
102キロバイト (14,268 語) - 2022年5月16日 (月) 05:41
サザエさん一家に文句をギャーギャー、フェミニスト。専業主婦がキライで嫌いでしょうがないんだね。やっぱり女の敵だわ。お気の毒な人種なんだなー。



【【女性の敵】AA!!吠えるwwwwサザエさんにwwww!!!!】の続きを読む


の人口流入に起因する、地方から始まり都市部へと広がる人口減少是正ため、各地域の人口動向や将来の人口推計(地方人口ビジョン)、産業実態や、国総合戦略などを踏まえた、地方自治体自らによる「地方版総合戦略」策定と実施に対して、国が情報・人材・財政各種支援を、地方の
73キロバイト (9,067 語) - 2022年5月8日 (日) 08:46
地方では若い女性が減っているという。若い女性に限らず人口減少で悩んでいる。仕事がなく、あっても賃金が低く、生活が苦しい。国は人口減少の愚策をしているとしか思えない。自分達の天下り先の省庁を作っている。世間では女性のためじゃなくて反対の勢力たちが男女同権・男女平等・ジェンダー平等・フェミニストなどが騒ぎ立て、女性たちの邪魔をしている日本があり、住みずらい社会を作ろうとしている。これで人口が減り、地方の活性化に悪影響を及ぼしている。


1 風吹けば名無し :2022/05/20(金) 07:58:54.41

一体どうすればええんや


【【深刻】AA!!助けてwwwwどんどん減っているww若い女性がww!!】の続きを読む

このページのトップヘ