#パートナーシップ


報道機関 (カテゴリ 出典を必要する記事/2017年5月)
press)は、大衆に対し報道する機関の総称である。「マスメディア」はこの俗称で、新聞社・放送局・出版社・通信社などがこれに該当する。 報道機関は、新聞社、放送局、出版社を指す。特に新聞社、放送局等よりも、社会的な公共的役割を果たす主体を指して用いられる場合が多い。自由と平等を原則
9キロバイト (1,168 語) - 2022年10月11日 (火) 00:19
さあ、また始まる何とか基金が。これが日韓で終わりなく続くのだ。仕方がない、これに賛成する議員を選んだのは国民有権者たちや選挙棄権たちなのだ。政府や経団連はやる気満々、この状況を打破しない限り、1000年は続くだろう。体裁の良い名称は未来志向というが、ああ、謝罪と賠償・ユスリ集り・噓とねつ造の悲劇が続く・・・・

1 仮面ウニダー ★ :2023/03/17(金) 06:37:35.51ID:PtDmj7VA
全経連、経団連がそれぞれ1億円拠出 日本の主な呼応措置だが「中身のない」ものに

 韓日財界を代表する全国経済人連合会(全経連)と日本経済団体連合会(経団連)が16日、それぞれ1億を拠出し、2億円規模の「韓日・日韓未来パートナーシップ基金」を創設すると発表した。
両国首脳会談に合わせて急いで基金の設立が行われ、具体的な事業や参加企業が全く決まっていないまま発足した。

 全経連のキム・ビョンジュン会長職務代行と経団連の戸倉雅和会長は同日午後1時30分、東京千代田区の経団連で記者会見を行い、
「未来指向の韓日・日韓関係構築に向けた道筋を格好たるものにするため、両団体は共同事業を実施することにした」とし、「それぞれ韓日・日韓未来パートナーシップ基金を創設することで一致した」と明らかにした。
基金は全経連と経団連がそれぞれ1億円を拠出し、その財源で共同事業を行う構造だ。

 未来基金は、尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が6日、強制動員被害者賠償と関連して譲歩案を発表したことに対する日本側の主な呼応措置として用意されたものだ。
2018年、韓国最高裁(大法院)で敗訴した三菱重工業と日本製鉄など被告企業が被害者を相手に第三者弁済に乗り出す韓国の日帝強制動員被害者支援財団への自発的寄付さえ拒否したからだ。
このため、被告企業を含め、日本企業がどれだけ多く基金に参加するかに大きな関心が集まった。ところが、急ごしらえの未来基金は、日本企業の参加なしに全経連と経団連だけで運営を開始することになった。

 十倉会長は尹政権の譲歩案に言及し、「これは韓日関係の健全化に向けた大きな一歩だ。このような動きに支えられ、経団連と全経連は共同事業を実施するための基金を創設することで意見が一致した」と述べた。
被告企業の参加については「経団連と全経連が基金を設立して始める。何をするかが決まれば、必要に応じて個別企業に参加を呼び掛けることもあり得る」と述べた。
それと共に「三菱重工業や日本製鉄は特に意識していない。事業によって変わるだろう」と付け加えた。被告企業を含め日本企業が参加するかも不透明で、何をするかもこれから考えるという答弁だった。

 キム・ビョンジュン会長職務代行は「グローバルサプライチェーンやレアアースの確保、第3国への共同進出、未来世代の相互文化交流など韓日が進めていくべきことがあまりにも多い。
両団体が運営委員会を作って事業を議論することになるだろう」と述べた。
両団体が配布した資料には「政治・経済・文化等の分野における未来志向の日韓関係の構築に向けた研究ならびに事業を実施する」との文言が入っているものの、具体的な事業に関する内容は記されていない。

 今回の基金がどれほど急ごしらえのものなのかは、記者会見の様子を見ても容易に推察できる。韓日首脳会談当日の同日午前10時過ぎに突然記者会見の知らせが入り、
記者会見現場には机と椅子が用意されておらず、床に座るか立って取材をしなければならなかった。
全経連関係者は「基金創設に合意した共同文書の内容を調整するのに時間がかかった」と語った。
東京/キム・ソヨン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

登録:2023-03-17 06:29
https://japan.hani.co.kr/arti/international/46216.html

【【また始まる】AA‼基金がAA 急ごしらえAA参加ゼロAA!!】の続きを読む



記事・画像は引用しております

日本をはじめとする11か国が参加する、TPPパートナーシップ協定に台湾が申請しました。TPPを巡っては中国も先週、加盟を申請しました。中国の加盟は難しいでしょう。11か国の中で反対があれば無理だからです。是非、台湾の加盟を望みます

【【称賛】AA‼台湾TPP参加ww申請いいねww!!!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明さん(59)と女優の鈴木保奈美さん(54)が離婚したことを発表した。夫婦生活は22年半で終止符を打つこととなる。「子育てが一段落したことを機に、今後は事務所社長と所属俳優のとしてやっていきます」仕事上のパートナーとして、今後も関係を継続していくと明かした。
お二人が話し合って決めたこと。他人がどうこう言う事ではないので。

【【芸能】AA離婚ww石橋貴明・鈴木保奈美ww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ