#パワハラ問題


自民党幹事長に就任した茂木氏敏充氏は、国会議員として人間的に問題ありそう。パワハラのし放題の欠陥人格者のようです。いくら頭脳が良くて、仕事が出来れば良いというものではないだろう。国民の代表として国会に出ている訳だからね。例えば、「おい、デブこの野郎」というように。多くの秘書が無念で辞めているという事実もあるようです。偉いと思って威張り散らすのか、偉いことを誇示したいのかダメだね、この幹事長も敵は多い。

1 スペル魔 ★ :2021/11/19(金) 17:19:26.65

11月4日、自民党の幹事長に就任した茂木敏充氏(66、栃木5区)。当選10回で外相、経産相、政調会長、選挙対策委員長などを歴任し、海外との交渉にも簡単に折れないタフネゴシエーターとしても知られる。一方で、前任者の甘利氏とは別のタイプの「政治とカネ」の問題は何度も伝えられた過去を持つ。

(略)

こっちからじゃ、入れねえだろっ! 
 リストについて、茂木事務所の関係者が打ち明ける。

「まず、足利(政党支部所在地)・佐野・栃木という3地域の各事務所が個別に配布先を決める。そして7月に入ってから毎週末、3事務所合同の秘書ミーティングにおいて、その配布先で本当に良いのかどうかを揉む。物故者やご遺族の肩書き、組織にしっかり貢献してくれていたか否か、が配布先の選定基準。代議士に直接回ってもらう場合、相手方が配布予定日にご在宅かも当然、調べます」

 そしてこの関係者は、茂木氏の人との接し方について触れて、

「“このハゲー”発言で有名になった豊田真由子さんに負けないくらい、本人(茂木氏)もすごく怒鳴るんです。“おい、デブこの野郎”とかは普通に言う。些細なミスでもネチネチずっと説教するから、ある秘書は我慢できずにキレて、携帯をへし折ってそのまま辞めたと聞いたことがあります。だから茂木事務所の秘書は辞める人がたくさんいて、一時はハローワークで求人を出していたくらいなんです」

 と明かし、こう続ける。

「運転していて“こっちからじゃ、入れねえだろっ!”みたいに。怒られたくない秘書は、初盆の何日も前からルートの下見をします。本人を訪問先にどう送り届けるか、実際に運転して確認するのです。ナビや地図だけでは、訪問先の家の正面ではなく裏側についてしまうこともありますから。更に、次の訪問先までの時間も計っておいて、“どれくらいだ?”と訊かれたら、答えられるように準備しておきます」

(略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ce0f7708393751c7ae51cad7fc90dbc548b5ec7


【【パワハラ党幹事長】おいこのOOWW秘書にパワハラWW辞める秘書!】の続きを読む


河野氏が10日に出馬表明するようですね。まあ、出るのは自由です。間違って総裁になり、総理大臣になったら日本は沈没の泥船になるだろう。と予測する見識者もおられるようだ。私は見識者でも予想屋でもないが、今までの発言・行動を拝見している限りでは貶められると思う。「河野談話問題」は必ず解決しなければならない。「原発容認」が、ご都合主義で変わる。「皇室・男系男子」も、ご都合主義で変わる。こんな信頼できない人間を、国民はリーダーにしてはならない。特に気になるのは、「皇室・皇統」で、意見を述べている場面があったが、「一つ方法としてある」と。それは「唯一の方法」であろう。今後、たぶんまた、ご都合主義で変わるだろう。どんな政策を出してくるか見ものでしょう。みなさん、耳を傾けて、聴いて判断しましょう。

1 Egg ★ :2021/09/10(金) 05:53:13.73

河野太郎行政改革担当相(58)は10日に自民党総裁選(17日告示、29日投開票)の立候補表明を行う。党内ではこれを受けたネット上の悪印象に「〝負のイメージ〟が付き始めた」と動揺が走っている。

【写真】戦闘機に乗り込み出撃する菅首相

 河野氏といえば、政治家一家に生まれ育った〝政界サラブレッド〟で知名度が抜群。SNSで自身の政策発信を続けており、党内の若手議員を中心に人気を集める。

 ところが河野氏の立候補表明をめぐっては9日、ネット上で「功績がない。あえて言うならハンコ? 左寄り思想が目立ちすぎで、日本を守りたい意思が感じらない」「反原発、女系天皇容認、移民受け入れのリベラル派」と〝正体〟についてのコメントが目立ち始めている。

 党内ではこれらネットの声を注視。総裁選期間中まで続けば「ガタッと来るかもしれません」(自民党関係者)と警戒しているという。

「週刊誌でエネルギー庁の幹部職員を怒鳴りつけた〝パワハラ疑惑〟が報じられた。ネットではネガティブに受け止められていますね」(同関係者)

 総裁選に向けて〝ポスト菅〟をめぐる動きはすでに立候補を表明した岸田文雄前政調会長(64)と高市早苗前総務相(60)が水面下で支持を広げており、混戦模様だ。

「総裁選は〝ネトウヨ〟と呼ばれている方たちが、高市氏を支持しています。同僚議員たちも勝ち馬に乗りたいがためにネットの声を参考にしています」とは自民党関係者。

 河野氏はエゴサーチを欠かさない一方、アンチの声をブロックすることでも話題となった。果たしてそうした〝気質〟が総裁選でどう出るか。

9/9(木) 23:26 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8153053dc57b20425cd6397717c9a50a03251f91

写真
(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=571&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


【【悲報】 人気にかげりがああああ!それでも出るかああああ‼】の続きを読む


横浜市長選「野党統一候補」がパワハラメール…学内から告発「この数年で15人以上辞めている」
…26日のことだった。 「山中先生」とは、同大学医学部を6月末で退職し、横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)への出馬を表明している山中竹春氏(48)のこと。
(出典:SmartFLASH)


横浜市長選は、前代未聞の大混戦になりそうだ。山中氏のほかに、現職の林文子氏・前神奈川県知事の松沢成文氏・菅政権で国家公安委員長を務めた小此木八郎氏など、史上最多の9人が立候補表明している。共産党・社民党も支持に回り、野党統一候補となった山中竹春氏について、「本人への連絡がつかない状態が続いています」とあり、山中氏側に混乱が生じているよう。「山中氏は6月に横浜市立大学医学部を退職」「パワハラメールの件で学内から告発」の噂があるとかないとか。パワハラがあってはならない。

【【大混戦】 パワハラメール、野党統一候補に「市長選」】の続きを読む

このページのトップヘ