#バイデン政権


分断国家(ぶんだんこっか)は、本来なら一つの国家であるべきだが、人為的に分裂させられた状態にある国民国家のことである。特定地域が分割されて2つ以上の国家が存在する状態を幅広く指すことができるが、特に第二次世界大戦後の冷戦時代に西側陣営と東側陣営とで国内が分裂した国家を指して使われることもある。分裂国…
40キロバイト (5,028 語) - 2022年9月16日 (金) 05:53
記事・画像は引用しております

日本の自殺率は深刻だ。特に若者たちの自殺者。だが、米国も深刻らしい。理油はただ一つ。愚かなバイデン政権の悪行の数々がアメリカを分断し、若者たちを死に追いやっているからではないか・・・・日本も自公政権の悪行で崩壊に近づいているのではないか・・・・


1 それでも動く名無し :2022/10/03(月) 19:28:59.53ID:WFZo1mrB0

(出典 i.imgur.com)





自殺ぅ?そんなのするわけないじゃないかHAHAHA


みたいなイメージも崩れたな

【【悲劇】AA!!自殺率がww超えた?wwあの男がww!!!!】の続きを読む


FBIが押収した文章は機密解除されていたもので、バイデン側の失敗で前例がなく必要のないものだったと。バイデン政権側の仕組んだもので、次期大統領選を邪魔するものかと思うが・・・・


1 あずささん ★ :2022/08/13(土) 14:22:23.49 ID:XdP+Bp7O9.net
(前略)

「機密解除済み」とトランプ氏

トランプ氏は自ら運営するソーシャルメディア「トルース・プラットフォーム」で、FBIが押収した品はすべて「機密指定を解除」したもので、安全に保管してあったと主張した。
さらに、家宅捜索が行われる前からいつでも、求められれば文書などは返す用意があったと述べた。
「返せと言われればいつでも返した。それはかなり前からのことだ」、「返してほしいと言えば済むことだった」と、トランプ氏は書いた。
トランプ氏の支持者たちは、押収された機密文書の機密指定を解除するのは大統領権限で可能だったし、そのようにしたのだと、法的に疑わしい主張を繰り返している。
複数の米メディアは法曹関係者の話として、それが法廷で認められるかは不透明だと説明。元司法省職員のトム・デュプリー弁護士はBBCに対して、「確かに大統領は機密情報の機密指定を解除することができる。しかし、それには手続きが定められている」と話した。
「用紙に記入しなくてはならない。一定の権限を付与しなくてはならない。ただ『この文書の機密指定は解除した』と口で言うだけでは不十分だ。一定の手続きに従う必要があり、今回の場合、どのような手続きがとられたのか不明だ」
トランプ氏や支持者たちは捜索令状公開の前には、FBIが押収したとされる機密文書は、FBIが捜索中に仕込んだものだろうなどと主張していた。
一方、トランプ氏の広報担当、テイラー・ブドウィッチ氏は、BBCがアメリカで提携する米CBSニュースに対して、FBIの家宅捜索は「失敗」だったと非難し、ジョー・バイデン大統領と政権は「明らかに、失敗を取りつくろおうとしている」と述べた。
ブドウィッチ氏はさらに、大統領経験者への家宅捜索が「前例のないことだっただけでなく、必要もなかった」として、バイデン政権が「国内の政敵に対して政府機関を武器として駆使し、それの言い訳にうそやほのめかしをリークしている」と述べた。
アメリカの大統領経験者の自宅が刑事捜査の一環として強制捜査されるのは、今回が初めて。
令状の公開前、複数の共和党幹部や共和党議員らは、捜索が政治的動機によるものだと非難していた。

※全文はソース元にてご確認ください
ソース/BBC
https://www.bbc.com/japanese/62528769

【【機密解除済み】AA!!FBIww押収した文章ww前例がなく失敗ww!!】の続きを読む


半導体(はんどうたい、英: semiconductor)とは、電気伝導性の良い金属などの導体(良導体)と電気抵抗率の大きい絶縁体(不導体)の中間的な抵抗率をもつ物質を言う。半導体は、不純物の導入や熱や光、磁場、電圧、電流、放射線などの影響で、その導電性が顕著に変わる性質を持つ。この性質を利用して、
27キロバイト (3,849 語) - 2022年1月5日 (水) 01:54
バイデン大統領は、日米台韓で半導体のサプライチェーン構築で連携を強化すると。バイデンは民主党の不正選挙からまったく信用していない。来日はしなくてもよい。むしろ来てほしくない。日米台韓、危ないわ情報が駄々洩れするぞ。



1 みの ★ :2022/05/21(土) 11:03:06.05

 【ワシントン時事】バイデン米大統領は20日からの日韓歴訪で、経済安全保障の観点から重要性が高まっている半導体のサプライチェーン(供給網)構築で連携を強化する方針だ。米中対立を背景に台湾海峡の地政学的リスクが強まる中、米国は半導体生産が集中する日韓や台湾と共に「半導体同盟(Chip4)」の結成を目指す。ハイテク技術で覇権を争う中国に対抗する構えだ。

「韓国の新政権と供給網の問題について協力を深めたい」。バイデン氏は、同盟重視を掲げて5年ぶりに政権交代を果たした尹錫悦大統領と「対中国」で結束を強めたい意向だ。韓国到着直後に、サムスン電子の半導体工場を視察。サムスンは最先端半導体の量産で台湾積体電路製造(TSMC)と並ぶ「2強」と目される。

 半導体はスマートフォンから戦闘機まで用途が幅広く、国際競争力を左右する重要物資だ。米民間調査会社によると、世界の半導体生産能力の約8割が韓国、台湾、中国、日本のアジア4カ国に集中している。米国のシェアは1990年の37%から2021年に11%まで低下。一方で、中国のシェアは30年に世界最大になるとの試算もある。

…続きはソースで。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022052000854
2022年5月20日 20時30分


【【半導体同盟】AA!!信頼がwwww日米台韓ww結成をww!!】の続きを読む


ロシア軍はウクライナ東部に兵士1万人を追加するとし、激戦になる様相を見せている。また、ロシア軍の残虐行為や遺体がどこかに消えるといったことが聞こえてくるが・・・・



1 ぐれ ★ :2022/04/19(火) 08:13:45.40

※2022年4月19日 5:54 (2022年4月19日 7:42更新)

【ワシントン=中村亮】ロシア軍は18日、ウクライナ東部2州の全面支配に向けて大規模な軍事作戦に着手したもようだ。米政府によると、ロシア軍は週末に1万人前後の兵士をウクライナに追加投入した。バイデン政権はウクライナ軍に遠方攻撃用の兵器を供与して対抗する。

AP通信によると、ウクライナのゼレンスキー大統領は18日のビデオ演説で「ロシアが長い間準備してきた(東部2州が位置する)ドンバスでの戦闘を開始したと言える」と述べた。

続きは↓
日本経済新聞: ロシア軍、ウクライナに1万人追加 東部で戦闘激化へ(写真=AP).
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1807N0Y2A410C2000000/


【【激戦か】AA!!東部wwwwウクライナにwwww兵士追加ロシアww!!】の続きを読む


バイデン政権は、22年北京五輪・パラリンピックにいかなる外交・公式代表も派遣しない。人権侵害を念頭に置いている。アメリカは正しい判断をした。できるなら選手団も参加しないでほしいが。それに引き換え日本政府はお粗末に尽きる。未だに何も発していない。どうせ、しっぽを振って高層の誰かがいくだろう、恥も外聞もなく。選手団もいくだろう。残念だ。

1 香味焙煎 ★ :2021/12/07(火) 03:58:48.91

【ワシントン=坂口幸裕】米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は6日の記者会見で、2022年2月の北京冬季五輪に選手団以外の外交使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を発表した。米政府が懸念する新疆ウイグル自治区などでの中国の人権弾圧に抗議する狙いがある。

サキ氏は「バイデン政権は22年の北京冬季五輪・パラリンピックにいかなる外交・公式代表も派遣しない。中国がウイグルで大量虐殺や人道上の罪を*、その他の人権侵害を続けていることを考慮した」と述べた。
米国の選手団は通常通りに派遣し「全面的に支援し、100%応援する」と語った。

バイデン米大統領は11月中旬に北京冬季五輪の外交的ボイコットを検討していると明らかにしていた。バイデン政権は日本や欧州などの同盟国・友好国に同調を求めず、各国が個別に判断すべきだとの立場だ。国際社会がどこまで追随するかが焦点になる。

米欧は中国によるウイグルやチベットでの人権侵害、香港での民主化勢力の弾圧を問題視してきた。バイデン氏は11月15日に中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席とオンライン形式で協議した際にも中国の人権侵害について懸念を伝えた。

過去の五輪では、東西冷戦時代の1980年に米国や日本など一部の西側諸国がモスクワ夏季五輪に選手団も派遣しない全面的なボイコットに発展した。当時のカーター米政権がこの前年にあった旧ソ連のアフガニスタン侵攻を批判し、不参加を呼びかけた。

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN06D020W1A201C2000000/


【【ボイコット】AA!OOOO政権wwwww北京五輪wwwww!!】の続きを読む

このページのトップヘ