#ドローン


なお、用途に応じた戦車として指揮戦車、駆逐戦車、火炎放射戦車、対空戦車、架橋戦車、回収戦車、地雷処理戦車、空挺戦車などが存在した。これらの殆どは、既存の戦車の車体や走行装置を流用して製作された。 第1世代主力戦車は西側ではセンチュリオン、M26を発展させたM46パットンが登場した。前述したようにこれらの戦車
136キロバイト (22,257 語) - 2022年5月1日 (日) 15:39
ロシア軍の戦車が相次いで破壊されたことをきっかけに、自衛隊の戦車の存在意義が問われ始めた。当然のこと、戦えない戦車などは論外で、コスパも重要。戦車に取って代わるものがあるのか。AI・ドローン・サイバー戦・情報戦など。


1 powder snow ★ :2022/05/25(水) 10:18:29.29

運営上の禁止ワードが含まれているため、削除しました


【【国防】AA!!次々破壊wwww戦車はコスパ悪いww防衛省WW!!】の続きを読む


【疑問】 自衛隊導入する無人機、台湾海峡有事に使えない


画像は引用しております

自衛隊新導入の無人機・GHの「ブロック30」タイプ。防衛省の関係者は「中国は対空兵器・電磁波を使った防衛能力を高めているが、ブロック30は、他国からの妨害を受ける状況での運用が想定されておらず、台湾海峡有事でも使えないと」指摘する。それではダメじゃないの。高い買い物、しっかりと吟味・判断してください。

【【疑問】 自衛隊導入する無人機、台湾海峡有事に使えない】の続きを読む


「ドローンによる農薬散布を始めたい農家」「農業組合・官公庁・自治体または導入を検討されている法人」「助成金を活用して導入を検討している事業者を対象」として開催されたデモンストレーションフライトの農薬散布実演会。7月30日に行われた。
これからは、ドローンの活用が、こういう形で進んで行くのでしょうね。

【【農業】 農薬散布、ドローンで散布デモンストレーション】の続きを読む

このページのトップヘ