記事・画像は引用しております

太平洋戦争中の1942年、ドイツ軍部が同盟相手だった日本の大本営と軍部中枢に、海軍武官を送り込もうとしていたことが7日までに、共同通信が閲覧した当時のドイツの外務官の文書で分かった。ドイツ海軍代表の立場で日本の情報収集を狙ったが、日本政府や陸海軍が反発。ドイツ政権内でも意見が対立し、計画は実現しなかった。そうだったのですね。いずれにしても負けた戦争だったでしょう。

【【日本反発】AA!!大本営に武官派遣wwドイツ実らずww!!】の続きを読む