#トヨタ自動車



トヨタ シエンタ 新型は、7人乗りコンパクトカーの空間に磨きをかけた
…クルマとして愛されてきた」と自負する。 そこで新型シエンタの開発にあたり開発チームは、本当にシエンタに求められるものを探ったという。そしてたどり着いた…
(出典:レスポンス)


シエンタ(SIENTA)は、トヨタ自動車が生産・販売するミニバン型乗用車である。 日本国内の道路事情に即した5ナンバーサイズのミニバンとして開発された。同クラスのライバル車種としては、ホンダ・モビリオや日産・キューブキュービックが存在する。初代は一度製造中止になりながら、後述する事情から生産が再開さ
59キロバイト (7,515 語) - 2022年8月23日 (火) 21:53
記事・画像は引用しております

トヨタの新型「シエンタ」7人コンパクトカーが8月23日に発表・発売。初代から受け継ぐ運転のしやすさとミニバンの利便性を深化させたもので、カーフアンからの注目はいかに。

【【モデルチェンジ】AA!!新型wwシエンタww発表・発売ww!!】の続きを読む



toyota.co.jp/jp/detail/18634585  ^ 「トヨタハリアー カタログ」、2018年4月発行。PTO11403-1804 ^ “TOYOTA、ハリアーの特別仕様車を発売” (プレスリリース), トヨタ自動車株式会社, (2018年9月3日), https://newsroom
60キロバイト (7,248 語) - 2022年7月26日 (火) 01:00
記事・画像は引用しております

トヨタ・国内一部生産ラインの稼働が停止に。愛知県で猛烈な雨が降ったことにより、一部仕入れ先からの部品調達に影響が出たということです。トヨタにとっては痛手ですが、自然災害には仕方がないことですね。

【【生産ライン】AA!!豪雨でww一部停止ハリアーww部品調達WW!!】の続きを読む



新型クラウン発表 「伝統」を「革新」に代えて世界へ挑戦
…自動車は16代目となる新型クラウンを発表。1955年に初代を発売して以来、長く日本の代表的高級車として君臨してきたクラウンが、大胆なイメージチェンジを…
(出典:ベストカーWeb)


クラウン(CROWN)は、トヨタ自動車が1955年1月から製造・販売している高級乗用車である。 カローラ、ランドクルーザー、プリウス、ヤリス(旧・ヴィッツ)と共にトヨタを代表し、日本を代表する車種のひとつである。そして、それらの中でも最も古い歴史を持つブランドである。初代は日本初の純国産設計車として
158キロバイト (18,664 語) - 2022年7月15日 (金) 02:22
記事・画像は引用しております

2022年7月15日金曜日13時30分。トヨタ自動車は16代目となる新型クラウンを発表した。大胆なイメージチェンジで世界へと乗り出した。トヨタは日本の車だ希望の星だ。外国のEV車には負けることなく世界一を目指そう。応援します。

【【世界のトヨタ】AA!!負けるなwwクラウンww新型だww!!】の続きを読む


トヨタグループ > 豊田自動織機 株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、英: Toyota Industries Corporation)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタグループの本家・源流にあたる。現在のトヨタ自動車や愛知製鋼は、豊田
31キロバイト (3,536 語) - 2022年6月4日 (土) 09:44
トヨタ自動車は日本の大企業だ。それを無視しEVを推進する政府は売国奴に等しい。日本の企業を潰し、海外に阿るの恥知らずな政府には怒りを覚える。こんな政権は必ず倒すしかない。現政権は日本ファストではない。参院選は真の保守党を支持・応援して、トヨタをはじめ、国内企業を応援しよう。


1 それでも動く名無し :2022/06/11(土) 12:07:17
豊田社長の回答全文

カーボンニュートラルを達成するための敵は炭素。内燃機関ではない。炭素を減らすことがCN実現の近道。エネルギーを作る、運ぶ、使うという点でBEV(バッテリー式電気自動車)だけということに、投資を誘発させたい希望を持つ一部の方々が積極的に発言されているのだと思う。

われわれのビジネスはBtoCなので、市場と顧客により多くの選択肢を提供したい。選択肢は市場とお客様にあるということにこだわりを持ってやっている。そういう意味では、多様化した社会には多様化した選択肢・解決策があるのではないか。
そのための1つの選択肢として、われわれは水素エンジンを開発している。

ただ、トヨタは水素エンジンだけをやっているというわけではない。トヨタはBEVもやっているし、日本の強みであるハイブリッドも長年やり、この20年間でCO2の削減は、どの国と比べてもそん色ない形で達成してきている。
今すぐCO2を減らせること、長期的でかつ、政府の補助金などに頼らず持続的に自立してCO2を減らす方法をみんなで考えていくべきだし、大事なことは選択する権利を持っているのは、お客さまで、市場であることをご理解いただきたい。

この1年間を見ていると、BEV一辺倒から割と変わってきていると感じている。最後はお客さまが選ぶということなので冷静に現実を見て頂きたいし、モビリティ、自動車というのは全ての方に移動の自由を与えるもの。
決して富裕層だけが移動の自由を得るのではない。インフラがないところでも移動の自由を得て、CO2削減に貢献できるということをどの自動車メーカーも模索しているのではないか。

【【負けるなトヨタ】AA!!社長wwwwEVなんてww投資家がww!!】の続きを読む



GRブランド専売である事を明確にするため、他のGRブランドの車種の「車名+GR」と異なる「GR+車名」のネーミングを用いる事で、差別化を図っている。 GRスープラ(2019年) GRヤリス(ヤリスGR-4)(2020年) GR86(2021年) GRカローラ(2022年) GRスープラ GRヤリス GR86 「GR
46キロバイト (5,350 語) - 2022年4月1日 (金) 01:59
記事・画像は引用しております

米国・カルフォルニア州・ロングビーチにて、現地時間3月31日、新型カローラを世界初披露する。日本発売は、2022年後半を予定とのこと。

【【一足早く】AA!!世界wwwwGRカローラwwww初披露だww!!】の続きを読む

このページのトップヘ