英エリザベス女王、COP26を前に苛立ち 各国首脳は「口だけ」
…述べた(ナレーションなし)。 英国のエリザベス女王、息子の チャールズ皇太子の妻カミラ夫人に―― 「驚くべきことではありませんか (英中部で開催される…
(出典:ロイター)


バイデン大統領は、G26サミットに出席している中で、チャールズ皇太子の妻であるカミラ・パーカー・ボウルズ氏と話をしている時に「長くて大きなクサイおならを放った」そうだ。このおならの事件はG26サミットに関連したレセプションで起きたと言われている。しかし、こともあろうにチャールズ皇太子の妻の前で、というか誰の前であろうと失礼極まりないことでしょう。いよいよ、バイデンは氏は、こういう場所には出られないような体になってきたのではないかなと。

1 バックドロップ(神奈川県) [US] :2021/11/09(火) 06:28:04.69


バイデン、こともあろうに、英チャールズ皇太子夫人と話している時に屁をこく!
http://totalnewsjp.com/2021/11/08/biden-442/
2021年11月8日

匿名の関係者が報道機関に語ったところによると、バイデン大統領は月曜日、コーンウォール公爵夫人のカミラ・パーカー・ボウルズ氏と話しているときに、「長くて大きな」おならを放ったそうだ。二人は当時、G26サミットに出席していた。

パーカー・ボウルズ氏は、チャールズ皇太子の妻であり、皇太子はエリザベス2世の息子である。

「ニューヨーク・ポスト紙によると、王室に近い関係者は、「カミラはその話をやめていない」と述べている。
このおなら事件は、豪華なケルビングローブ美術館で行われたG26気候サミットに関連したレセプションで起きたとされている。

その場には、現英国首相のボリス・ジョンソン氏やケンブリッジ公爵夫妻も出席していたとのことだ。

バイデン大統領は11月20日で79歳となる。バイデン氏は以前、同じG26でのスピーチ中に30分近く居眠りをしていたことがあり、嘲笑の的となっていた。


【【無礼千万】 OOOO!皇太子夫人OO放つwwww!!!!】の続きを読む