#コウモリ


コウモリをおびき寄せ、接着させて捕獲することができる。しかし、#コウモリと感染症に詳述するように、コウモリ狂犬病をはじめとする様々な人獣共通感染症のキャリアとなりうるため、危険を伴う。 熱帯においては、花の蜜や花粉を食べる種があるため、それに対する適応として花粉の媒介をコウモリに期待する、コウモリ媒の花がある。
42キロバイト (5,391 語) - 2022年1月9日 (日) 03:20


米国で狂犬病感染例が次々と報告され、3人が死亡した。また、この3人は、コウモリとの接触があったという。コウモリが、狂犬病ウイルス検査で陽性を示された後にも防露後予防・PEP接種を拒否していたようだ。そりゃあ仕方がないね。ルールや規則を守られないならしょうがない。

1 神 ★ :2022/01/10(月) 11:41:34.10

昨年、アメリカでコウモリを介した狂犬病の感染例が次々と報告された。9月28日~11月10日の6週間には、3人が死亡したと米疾病対策センター(CDC)が報告している。3人はアイダホ州、イリノイ州、テキサス州の子供1人と大人2人。すべて男性だった。

彼らは全員が発症の3~7週間前となる8月にコウモリと直接接触していたことが分かっており、発症から2~3週間以内に死亡した。CDCの報告書によれば、2件は「回避可能な(ウイルスへの)暴露」であり、うち1件については素手でコウモリを拾い上げていたという。

また3人とも、ウイルスに感染した可能性がある後に接種することで狂犬病の発症を防ぐことができる「暴露後予防(PEP)」を受けていなかった。CDCによれば、3人のうち2人は暴露による狂犬病のリスクを適切に認識していなかったようだが、1人については「長年にわたるワクチンへの不安」を理由に、コウモリが狂犬病ウイルスの検査で陽性と示された後にもPEPの接種を拒否していた。

昨年はじめには、すでに2人が狂犬病で死亡していたため、これらの症例によってアメリカにおける年間の狂犬病の症例数は5人となった。19年、20年には狂犬病の症例は報告されておらず、5人という数は過去10年で最大になるという。

「致死率ほぼ100%」、米国が忘れかけていた「最悪の感染症」症例が過去10年で最多に(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/59354ede3e7bd2ad96b7fad3d1fc71b492118794


【【素手でコウモリダメ】AA!!狂犬病に感染wwワクチン拒否ww死亡!!】の続きを読む


鹿児島大学教授が、主に東南アジアに生息する「シナアブラコウモリ」を奄美大島で確認したと。国内に生息することが分かったのは初めてのようですね。調査などをして分かったのでしょうけど、ご苦労さまですよね。

【【朗報】 日本初だねえええええ⁉確認OOOO!!】の続きを読む


西表島上原の藤田敏夫宅で6月28日の夜、「月下美人」の花8輪が美しく咲きました。直径20センチの白い花は上品で柔らかく甘い香りを放っていました。月下美人はコウモリに花粉を運んでもらうため香りを放つともいわれています。そうなんですね、きれいな花で和みますね。

【【朗報】 美しく咲く、「月下美人」夜空に開花 西表島】の続きを読む

このページのトップヘ