#カーボンニュートラル


トヨタグループ > 豊田自動織機 株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、英: Toyota Industries Corporation)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタグループの本家・源流にあたる。現在のトヨタ自動車や愛知製鋼は、豊田
31キロバイト (3,536 語) - 2022年6月4日 (土) 09:44
トヨタ自動車は日本の大企業だ。それを無視しEVを推進する政府は売国奴に等しい。日本の企業を潰し、海外に阿るの恥知らずな政府には怒りを覚える。こんな政権は必ず倒すしかない。現政権は日本ファストではない。参院選は真の保守党を支持・応援して、トヨタをはじめ、国内企業を応援しよう。


1 それでも動く名無し :2022/06/11(土) 12:07:17
豊田社長の回答全文

カーボンニュートラルを達成するための敵は炭素。内燃機関ではない。炭素を減らすことがCN実現の近道。エネルギーを作る、運ぶ、使うという点でBEV(バッテリー式電気自動車)だけということに、投資を誘発させたい希望を持つ一部の方々が積極的に発言されているのだと思う。

われわれのビジネスはBtoCなので、市場と顧客により多くの選択肢を提供したい。選択肢は市場とお客様にあるということにこだわりを持ってやっている。そういう意味では、多様化した社会には多様化した選択肢・解決策があるのではないか。
そのための1つの選択肢として、われわれは水素エンジンを開発している。

ただ、トヨタは水素エンジンだけをやっているというわけではない。トヨタはBEVもやっているし、日本の強みであるハイブリッドも長年やり、この20年間でCO2の削減は、どの国と比べてもそん色ない形で達成してきている。
今すぐCO2を減らせること、長期的でかつ、政府の補助金などに頼らず持続的に自立してCO2を減らす方法をみんなで考えていくべきだし、大事なことは選択する権利を持っているのは、お客さまで、市場であることをご理解いただきたい。

この1年間を見ていると、BEV一辺倒から割と変わってきていると感じている。最後はお客さまが選ぶということなので冷静に現実を見て頂きたいし、モビリティ、自動車というのは全ての方に移動の自由を与えるもの。
決して富裕層だけが移動の自由を得るのではない。インフラがないところでも移動の自由を得て、CO2削減に貢献できるということをどの自動車メーカーも模索しているのではないか。

【【負けるなトヨタ】AA!!社長wwwwEVなんてww投資家がww!!】の続きを読む


カーボンニュートラル (英: carbon neutrality) は環境化学の用語の一つ、または製造業における環境問題に対する活動の用語の一つ。日本語では炭素中立と言う。カーボンオフセット、排出量実質ゼロという言葉も、同様の意味で用いられる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、排出され
17キロバイト (2,235 語) - 2022年2月5日 (土) 23:46


各社がEVに移行すると、電気不足は必ずやってくる。消費電力は10%増えるし、火力発電は使えない。発電能力に余裕がない。疑問と懸念が。


1 鬼瓦権蔵 ★ :2022/02/12(土) 11:58:44.52

https://news.yahoo.co.jp/articles/d34c20f0295e64568144b1cd5ff2561668cdaa68


ガソリンスタンドは壊滅する

社会的な大きなニーズであり、目標となっているカーボンニュートラル。

多くの自動車メーカーは2040年~2050年あたりまでの自社生産のモデルをすべてEV(電気自動車)にするというロードマップを描いている。

もっとも2050年の段階で、すべての新車がEVになったとしてもハイブリッドを含むエンジン車が市場でゼロになるわけではない。
現実的にはすべての保有車が入れ替わるには最短でも10年程度の期間が必要になると考えられているからだ。

とはいえ、EVの普及については、そうした期間はもっと短いかもしれない。
その理由は、エンジン車が市場にあったとしても、先行してガソリンスタンドの多くが消滅して、ガソリンなど石油燃料インフラが壊滅的になる可能性が高いからだ。

EVだけの時代になれば基本的には石油燃料インフラが不要になるのは当然だが、仮に市場にエンジン車が残っていても、その台数が減ってくれば顧客が減るということになるわけで、ガソリンスタンドの経営は成り立たなくなってくる。
簡単にいうとガソリンスタンドがどんどん廃業することになる。

そうして石油燃料インフラが壊滅する中で、エンジン車を維持するというのは非常に難しいことになる。
産業機器などのニーズもあるので、ガソリンの製造が完全になくなるわけではないだろうが、いまのように手軽にガソリンスタンドで給油できる状況は徐々になくなってくる。

すべてのクルマがEVになったからガソリンスタンドが消滅するというよりも、ガソリンスタンドによる石油燃料インフラが壊滅的になることで、なし崩し的にEVの普及が進むというのが予想される未来のストーリーだ。

さて、すべての自動車がEVになったら電気が足りなくなるというのは今でも指摘されている。
実際、自工会の資産では全自動車をEVに置き換えると、日本の消費電力は10%増しになるという。

カーボンニュートラルを実現するためには、現状の火力発電所も消えゆく運命にある。
そもそも、現時点で日本の発電能力に余裕はほとんどない。

欧州ではそうした状況の対応策として原発を再評価しているが、はたして世論を伺う傾向にある日本政府が同様の政策をとれるかは疑問だ。
いずれにしてもカーボンニュートラルな発電を増やしていくしかない。


【【疑問】AA!!懸念するwwww10%増wwww全部電気自動車ww!!!】の続きを読む


イギリスで開催している気候変動に関する国際会議に合わせ、日本の若者から政府に石炭火力の早期廃止を訴えた。若者の一人は「これ以上の豊かさは要らないと思います。なので、この気候変動は僕らの世代で最後にしたいと。僕たちの子供の世代には、この問題を引き継いでほしくないと。なら、今のままでは必ず不足する電気。原発の稼働を認めること。でなければ、国民は我慢の限界になり、生活が成り立たなくなるだろう。政府も微力ながら考えてはいるだろう。若者と称する人は、共産党・社民党のまわし者・工作員ではないだろうな。

1 ニーリフト(長野県) [BR] :2021/11/07(日) 10:53:32.79


イギリスで開催されている気候変動に関する国際会議「COP26」に合わせ、日本の若者らが政府に石炭火力の早期廃止などを訴えました。

 東京・新宿駅前には「気候危機」や「脱石炭」と書かれたプラカードを持つ人など50人ほどが集まり、
気候変動の影響が強まる途上国への連帯を呼び掛けるスピーチなどが行われました。

 開催中のCOP26に合わせて世界同日に開催された石炭火力の早期廃止を求める訴えの一環だということです。

 宮川亮さん:「これ以上の豊かさはいらないと思います。なので、この気候変動(の問題)は僕たちの世代で最後にしたい。
僕たちの子どもの世代にはこの問題を引き継いでほしくないので、今若者が行動をすべきだと思う」

 若者らによる訴えは東京のほか、札幌や仙台、福岡、鹿児島など全国およそ20カ所で行われました。

日本の若者ら「石炭火力早期廃止」訴え COP26合わせ
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c5ae33ba128f7a6e57fc8023a6d654788efd212


【【脱炭素】 OOOO要求 !!豊かさOOOO!!OOOO世代!!】の続きを読む

このページのトップヘ