記事・画像は引用しております

米国のカマラ・ハリス副大統領は23日、アジア歴訪の訪問地シンガポールで、米国によるアジアへの「永続的関与」を約束した。アフガニスタンで、米軍撤収に伴い、イスラム主義組織タリバンが権力を掌握する中、米国のアジアへの関与を強調し、安心感を与える狙いがあるようだ。アフガニスタン人が必死で国外に逃れようとしている現実を、バイデン政権が引き金を引いたことには間違いない。アフガニスタン人を見捨てるか。

【【約束】AA!!永続的に関与wwハリス副大統領アジアにww!!】の続きを読む